FC2ブログ
ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

リンク集の手入れとか
本館「ほしあかりのゆくえ」の更新告知です。
リンク集更新……って昔からやりとりがあった方のところへ、リンクを張っただけだったりして(汗)
あと、月例エッセイも更新しました。

さて、近日公開の予告もしておきますと。。
なんと、創作を再開です(大汗)
序章を書いたまま、1年以上ほったらかしだった歴史小説「黄金の君」を今晩2章まで書きました。が、大坂夏の陣の内容を調べられる資料が手元にないのに気づき、ディーテルが書けない。ふえぇ、県立横浜図書館で集めた資料のコピー類を、去年の引っ越しのときに捨ててしまったのかな?
なんとしても、今週末までに2章まで公開しますので、お待ちあれ。

久しぶりに、創作(つくりばなし)を書いてると、発想が奔放になり気持ちいいです。ふだんチマチマと書いている日常の雑感や月例エッセイの話題は、自分の見聞きした枠内でしかないので、窮屈に思っていた。こう見えて、かなり気を遣っているのです。極端な意見に走らないように、とか、話題が偏らないようにとか。
その点創作は。特に、トンガッタ意見でも、寓意に走れるのがいい。
書き終るまでにあと10章くらいのはず。


[READ MORE...]

テーマ:私的ニュース - ジャンル:ニュース

土曜の午後は
再来週、NHKの放送技研の一般公開(研究成果を発表する”お祭り”みたいなイベント)を私的に視察するので、往復のチケットを手配するために、四日市へ。
先にJR東海旅行センターで、帰りの「ぷらっとこだま」の券を入手し、さて次は、近鉄の駅に入っている三重交通の窓口で、横浜行の夜行バスの券を手にいれるだけだ、といってみると……。
発券は三重交通の旅行会社(三交旅行)で対応してもらえたのだが、発券システムがダウンしているのだという。別に急ぐわけでもない、海外旅行のパンフレットを見ていればそのうち再開するだろう、と待っていた。
事務所には係の女性が三人。内心あせってはることと思うが、なんか朗らかなのだ。ざっくばらんな口調でシステムの状態を、待っているお客5人にも話す。その雰囲気に釣られて、お客の女の子3人組がディズニーリゾートに行くのに一番安い方法は何?とブッチャケた口調で質問を始める。土曜の午後にふさわしい良い時間の使い方ができました。
……このあたり、窓口業務のプロ根性を見た思い。
てきぱき発券作業をこなすのが、”任務”ではあるでしょう。
けれど、お客に居心地良くさせる、というのはもっと高等なサービスでないかな。お金や効率性で仕事を量るのは、製造業とか運送業とかだけで十分。人と接するところは、係の人のファンができるくらいでいてほしいなと思うのです。


[READ MORE...]

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

「信用」論-出世払いを忘れた社会の末路
今存在する経済格差は、確かに一時期に比べてひどくなったといわざるを得ない。
おこじょさんが述べておられる、「年間3万人の自殺者」て背筋の凍る話……。私だって、実態は「風采のあがらない中年サラリーマン」でしかないから(苦笑)。
けれど、閉塞感は、政策的な不備(または行きすぎ)に帰結させていいのだろうか。
30年以上生きてきて、70年代の石油ショックから始り、不況のたびに同じように「庶民の生活の崩壊」という言説を聞いてきているから、眉にツバをつけてしまうのだ。
そのたびに問題にされることは、「富めるものがますます富み、貧しい者がますます貧しくなる」という話だ。この”現実”のために、閉塞感が個人にそして社会に蔓延しているのだ……。

例えばオーストラリア・カナダ・USAでは、個人が自分のキャリア開発をする時に、わりと簡単に低利でお金を借りることができる。
家が貧しいからと進学を諦めるかわりに、自分が借り主になって学資ローンを借りるのも割に当たり前なのである。一方、日本では一度社会に出るまでは保護者が学資を出す、という原則が社会的にあるために、このような学資ローンが未成熟になっている。
……と、このあたりのことを、「日本の学生は親のスネカジリだ」と批判してもはじまらない。私は、もっと根元的に、次の2点を社会的な閉塞の原因として問題提起をしたい。
「日本社会では総じて、借金が罪悪になっている」
「日本の金融機関(というより日本の預金者が、というべきか)が、個人ローンを、貸し倒れになりやすい危険資産と見なしている」

[READ MORE...]

テーマ:経済批評 - ジャンル:政治・経済

円高小唄
GW中に海外に行っていた人に、ヤッカミを感じている皆さん、
悔しさはわかります。こうやって、当てつけを言いましょう。

「海外に行っている間に円高が進んでよかったね~。ドルを持ち帰るとき、いくら損した?」

……ひゅぅぅ。
今日だけで外債ファンドの持ち分が10万円近い値下がりです(涙)。
円がドルに対して強くなる理由はあっても、ユーロに対して強くなる理由はない。
ユーロを数万円分買っておくかな。
……ひゅぅぅ。

テーマ:国際分散投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

何をバタバタ、英彦山登山
何をバタバタ、英彦山登山
サイクリングだけではなかったんですな、今回の目的は。
英彦山(1200m)も登ってきました。
「六根清浄(ろっこんしょうーじょ)」と唱えながら降りてくる信者サン2人とすれ違ったり、大きなお堂が残っていたりと、文化を感じるていう点では、面白い山行でした。

ここにひとつだけ告知あり

英彦山山中の磨崖仏について情報をお持ちの方、所在地を教えてください。
ある、というところまでつかめたのですが、現地で見つけられなかったので、おしえてください……

(さてここから、本題)
自転車を持っているから仕方がないのだけど。なにやら訳のわからないことを朝っぱらからしてしまった。


[READ MORE...]

テーマ:旅行日記♪ - ジャンル:日記