ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イカサマ市場主義=手渡し行政に失望
民営化されたあと郵便局の簡保事業会社の社長になるヒトが、内定間近なようですね。
内容に既視感あり。ありすぎる……。



サンケイ新聞の報道に
郵便保険会社社長には、旧東京海上火災保険の元専務が有力
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060627-00000010-san-bus_all

とありますが、
わたし、去年の12月時点で、BLOG「今日、考えたこと」さんでこんなコメントを書いていたのですね。

 簡保と郵貯が分割され受け皿が作られ、
 最終的には、
 簡保が三菱UFJグループへ
 郵貯がトヨタへ
 と最終的に譲渡されるとの推測です。


当時は、三菱UFJグループに有力な生保会社がないこと、トヨタに(ほぼ意のままになる損保や証券会社があるのに)なぜか銀行がないことから、こう邪推したのですが、
”半分あたり”、ということになります。どーだ凄いだろ、って言う気になれません。
所詮、日本の”市場原理主義”がこういうイカサマであったのに、失望してしまって。


[READ MORE...]
スポンサーサイト

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

以て瞑すべし
前に勤めていた会社の株を最小単位分だけ、退職を期に買っていた。
USAでリストラの対象になったヒトの間で、こういう投資法が流行ったと聞いていたからだ。
自分たちの部署がなくなってから、会社の業績が上向いて、若干の儲けを出しているのが、切ない。
ま、そういう話は、端に置いておくとして。

株主総会の報告資料を読んだ。
良く読むと、自分たちがいた部署を売却した代金が、損益計算書の「特別利益」の項にあった。
[READ MORE...]

テーマ:企業買収 - ジャンル:政治・経済

藪をつついて蛇を出す!?(日本の経済格差へのOECDの目)
今日、お昼に報じられたこのニュース、案外コメントされてる方が少ないですね。ようやくみつけた先行者の方へ、ささやかな敬意とともに、その記事をまずLINKいたします。


「日本、格差大きい国に」 OECDが審査会合で見解



OECDのこの見解では、煎じ詰めれば、
「経済格差が拡大している。その原因は、正社員を優遇しすぎているためだ」
と、まとめている。
藪をつついて蛇、と言う感じの、苦笑せざるを得ない指摘だ。
[READ MORE...]

テーマ:格差社会 - ジャンル:政治・経済

非軍備は、自由権と背中合わせの「覚悟」
よく護憲派の人が、現行憲法9条を、「人類の理想」と誇っているのを読む。
僕は、-リバタリアン=古典的自由主義論(世間は、新自由主義と呼ぶ)の流れから、むしろ憲法13条に規定した「個人の自由を尊重する」姿勢の論理的帰結と考えている。

「命だけは平等だ」--徳州会~自由連合の故徳田虎夫さんが、スローガンに使っていた言葉だったっけ(苦笑)。
虚構であっても、心身の自由は「平等に」保障するのが、近代憲法に絶えず流れる精神だったろう。その意味で、現行憲法は、近代憲法の精神の主流にある。

「軍隊」は、特定の誰かを危険にさらすことと、犯罪を犯さざるを得ない境遇に追い込むことを前提にした契約が集まってできている。いくら「公共の福祉」いや「最大多数の最大幸福」を求めた結果であっても、その契約は無効となる。
食糧難だからと誰かに自殺するよう仕向けるのと同じように、非条理であるが故に。

土曜日に、そういう趣旨の書き込みを、ある改憲派の方のBLOGへ書き込ませていただいた。(書き込み主の名前が”delta1215”となっているのは、YAHOOの登録のせいで、他意ない)
[READ MORE...]

テーマ:新自由主義 - ジャンル:政治・経済

自転車の修理
なにを隠そう、ここ1ヶ月ちかく、自転車通勤してなかったんです(汗)
自転車のチェーンが外れ、チェーンカバーとクランプとの間に絡まりつき、直そうとしていたのだけど、シロウトには手に負えず、
今日午後、自転車やさんへ修理をお願いに行ったのです、ついに。

原因は、職場の駐輪場で停めている間に、風の強い日で横倒しになり、隣の自転車を将棋倒しにしてしまってたのですが、そのとき、チェーンカバーを大きく凹ませてしまっていたこと。そこに擦れてチェーンが外れたというわけ。

割に良くある質の変形だけど、意外と厄介な故障へ発展しました。
修理代、¥1800也という額になるのもよくわかります(パンク修理が¥1200なのに比べて、難度の高さがわかりますよね)。

テーマ:日記 - ジャンル:日記



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。