FC2ブログ
ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

バスは偉大だ、鉄道は無情だ
鳩ヶ湯から市内へ下る約18kmの道のりは、大野市営バスに身を委ねる。バス、とはいったが来たのは、ジャンボタクシーの車両。白地に鮮やかな椿(以外の花もあったかな)を描いた派手な塗装で、目立つのなんの。
乗り合わせたのは、福井市内の方1人と私だけでほとんど貸し切り状態。これで大野市内まで950円なのだから、安い(と錯覚してしまう)。
運転手さんが「福井市内まで出られるのですか」と問う。「だったら、途中で下ろしますよ、そこで福井まで行くバスと連絡しますので」
大野から福井までは30km、ローカル線とはいえ鉄道が併走しているのだから、直通のバスがあるとは思わなかった。が、そうと聞くと、決断が早い。そのバス停大野三番丁で下ろしてもらうことにする。
県道というものは、人家が1軒でも上にあれば急に整備するものらしい。鳩ヶ湯から下は、道へのお金のかけ方が明かに違った。スノーシェードがそこここにあり、水力発電の送水管をくぐり、かなりスリルを味わいつつ、九頭竜川に出会うまで窓の外ばかり見ていた。

大野三番丁。商店街の中の……人形屋さんの前のバス停で、福井行のバスを待つ。時刻表を見ると、30分に1便出ているのだから、確かに越美北線より便利だな、ましてやその越美北線は下流の一乗谷付近で線路ごと流された場所がありバスに乗り換える必要があるのだ。これでは勝負にならない……。
来たバスは、市内を走るものと同じような低床式の「ノーステップ車両」だった。15人くらいを乗せ、広々した国道を、実にのびのび走る。ちょっと離れた位置で、越美北線の線路を直しているのが見える。小さなユンボを入れ、盛り土を作り直しているという段階で、まだ半分くらいの距離は、その基礎工事さえ終わっていない様子だった。
[READ MORE...]

テーマ:てかね - ジャンル:日記

下山後のお楽しみ(鳩ヶ湯鉱泉-福井)
下山後の唯一のお楽しみは、鳩ヶ湯での入浴だ。最近まで鳩ヶ湯鉱泉といっていたはずだけど、やはり「鉱泉」ではお客が来てくれないためか、温泉と名乗っている。
バスの折り返し広場を兼ねた割合広い駐車場があり、奥にはログハウス風の便所がある。その隣には、先代の車両なのだろうか、大野市営バスの車両が倉庫代りになっていて朽ち始めている。
サイダーを飲んだ後、お風呂に入らせてもらう。入浴は14時まで。まだ2時間あるけれど、バスが来るのは16:30過ぎ!もう少し中に居させて欲しいのだけど(苦笑)。
入浴料は500円。「そのままあがって、3階の浴室へ」……地形の関係で、浴室がわりと高い位置にあるらしい。
浴場は狭かったが、窓が大きく切られていて、明るく気持ちが良かった。そしてなによりも、……微温湯が好きな私にはありがたいことに40度前後になっていた。元湯を飲めるように引いてあったけれど、ちょっとヌメりが強く飲み込めなかった。炭酸水素ナトリウム系なのだな(身を以て納得)。泉源の水温26℃!この季節ならば、むしろ温めずに浴びたほうが気持ちよさそうだな、これは。

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

転がるように林道歩き(白山南稜縦走記その3)
【ルート】三ノ峰避難小屋-剣ヶ岩-六本檜分岐-鳩ヶ湯
【所要時間】5:15
【天候】曇
(三ノ峰避難小屋-六本檜分岐)
さて昨夜は、星見をするはずだったのに、風は強いわ、ガスで5mも見通しが利かないわで、AM1時には諦め寝入ってしまった。明け方に晴れたらしいが、目覚めたのは、6時前。西風に勢いよく吹き飛ばされた底の暗い雲が、朝焼けを蓋しているように。
お粥とワカメスープとを食し、結局今日の行動用に残った水は約700ccだった。下りだし、最初の水場までは約2.5時間、どうやら渇き死にせずにすみそうだ。
当初の下りは、露に膝下を濡らしながらの急降下が続いた。露が落ちたせいか土も湿っていて意外と滑る。おまけに吹き上がってくる向かい風がなま暖かく、ねっとりした汗が出続けた。
[READ MORE...]

テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行

お前は水道局か!?(白山南稜縦走記その2)
【ルート】南龍山荘-別山-御手洗池-三ノ峰避難小屋
【所要時間】6:20
【獲得標高差】600m
【天候】晴

今日から明日に掛け、いやでも水道局のダム管理担当者みたいにならなければならない。コースタイムにして6:30の間に渡って水場がない。しかも、宿泊適地が間にないので、中途半端な位置の三ノ峰避難小屋に泊まることになるのだけど、そこには、水がない。というわけで、今日8時以降明日の10時頃まで水の補給ができないのだ。
加えてこの暑さ。昨日の行程では、合計で1.2l飲んだ。一体どれだけ水がいるのやら。
南竜が馬場の湿原を端まで歩ききり、思いっきり下って谷川に着くまで30分と掛らなかった。一つ向うの尾根から流れ出ている谷川は、雪解けのころと同様に冷たく清廉。そこが、今日明日と歩くなかでの唯一の水場だ。1.5L汲む。小屋から持ってきた分も含め、3.5L。それに一昨日広貫堂(富山)を見学したときにもらった栄養ドリンク約0.2L。けれど、これ以上入れたら、今度は運ぶのに仮死状態になる。未練がましく流れを見上げると、15mくらい奥に滝が見えた。
[READ MORE...]

テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行

圧縮された季節(白山南稜縦走記その1)
【ルート】白山別当出合-砂防新道-南龍分岐-南龍山荘(南竜が馬場湿原散策)
【所要時間】3:10
【獲得標高差】820m
【天候】曇->晴
白山は比較的穏やかな山だ。山容だけでなく、天候が大荒れになることは少ない(夏山の話)。そういう山へ籠もり仙人に近づこうという魂胆。しかし、意外な荒れ具合に直面した。「白峰から別当までの車道が今朝方まで通行止だったんですよ」とのことで、朝早く出た便は白峰で開通まで待っていたらしい。10時前に着き、高曇りの中、大きな谷の左側に見える尾根へ取り付く。……7年前に来た時に比べあたりが一変しているのにびっくりした。登山口へ行く吊り橋も真新しいものに掛け変わっているし。6年前にあった土石流の爪痕か。


湿原にて(1)

湿原にて(2)

湿原にて(3)


[READ MORE...]

テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行