ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国投資への道(その2)
韓国外換銀行の東京支店から口座開設の書類一式が届く。
外国の金融機関だから、パスポートの写しでも身分証明に要求されるかな、と思っていたら、健康保険証のコピーなど、と日本の銀行と同じ程度の緩さだったのが意外。

この銀行、「外換」という名前があるから、為替や国外金融を主にした、日本でいうとかつての東京銀行みたいなところかな、と思っていたら、
元は国策銀行だったのですね。……商工中金みたいな組織が、東京銀行のような業務や、なんと東京支店では日韓の貿易支援までやっていたらしい。
が、IMFの手入れの傷跡は大きい。いまや韓国政府は2番目の株主、筆頭株主はUSAのローンスター(東京スター銀行の親会社としても、おなじみ!?)、マスコミ的な書き方をすれば「外資に落ちた」様子です。
などと書いたものも、同封されていた丁寧なパンフレットをまとめただけ……もちろん日本語。

とはいえ、「外資に落ちる」のが恥なのは、経営陣の感覚でしかないと思います。
なんていうても、サービスの幅広さは特筆するべきでしょう。
在日支店で日本語のホームページを立ち上げ、わざわざネットバンキングまで日本語でできるようにしている……こんな金融機関たぶんないですよ、日本には。
同じように「外資に落ちた」新生銀行が、まあサービス面での日本側対抗馬だろうけれど、……つまりは、銀行というある意味ドメスティックにならざるを得ない事業で、陳腐なサービスから脱皮するには、外の血が必要だということでないかと。


[READ MORE...]
スポンサーサイト

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

職場の席替え
席替えで、同じフロアとはいえ、まったく知らない人たちと机を並べることになった。

移動した先の人たち(実は、違う部の人なのです)ときたら、机を前置いていたあたりの人とうって代わって、全然無駄口を利かない。それだけでなく、キーボードの打ち方もなめらかなのか、キータッチの音すら耳につかない。
席替えを終えて、午後からの2時間、正直圧迫感があるくらいに緊張した。
慣れないよ、こんな環境、と肩も凝るわ、定時(17時)が近づく頃には、緊張からか悪寒すらしだして、ベルとともに早々に職場から引き上げてしまった。

テーマ:はぁ~ - ジャンル:日記

今年も紅白の人選につき書く
昨日書こうと思っていたこと。
「そうか、徳永英明が紅白に出るんや」
NHKラジオで初出場といっていたけれど、そうだったっけ?
私としては、去年投票して、2年越しの実現、とうれしい限り。

テーマ:音楽ニュース全般 - ジャンル:音楽

ヴィレッジバンガード
もともと名古屋拠点だからでしょうね、鈴鹿にもお店がある。
行きたいのだけど、なにせ時間とお金がかかる(涙)、隣の市なのに片道で¥500以上のバス代が飛ぶ。
だいたいにしてこの店、「何かを買う」という目的で行くところでない。だから余計隣町からだと敷居が高くなる。

同じ鈴鹿の浜側にある大黒屋幸太夫の記念館に行った帰りに、寄ってみた。
かれこれ2年ぶりくらいか?
今日は濃厚なJAZZが掛っていて、流行を歪んだ形で追っているのはわかるし好感持てるのだけど、あのデコレーションに圧迫感を感じはじめた。

歳かな?

テーマ:戯言 - ジャンル:日記

ドルだけ安い
笑うよりないですな。外貨建資産の7割方がドルなんだもん、
今週だけで、10万円以上吹っ飛びました。

誰の許しを得てドルを下げているんや、え?

ブッシュ共和党が選挙で負けたこと自体は、むしろUSAの孤立、というか袋小路から逃れる良いきっかけになるわけで、好転の合図だと思うのだけど。……だいたいブッシュだって、好きこのんで孤立化を目指した訳でなくて、元はといえばCIAにガセネタをつかまされ、踊らされたって面が強いわけだから。
確かに政治的に混迷するだろうが、そういう「混迷」の中激論を戦わせている姿こそ”アメリカ”っぽい、とワタシなどは思う。
けれど、世間一般には、政治の混迷が経済の足を引っ張る、と読むのでしょうか?

え?USAの景気が失速していっているのですか?
やっぱり?そういえば心当たりありすぎ(汗)

テーマ:外貨分散投資 - ジャンル:株式・投資・マネー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。