ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢・山城国境付近(三県境シリーズその2,3)
というわけで、一昨日の雷雨->関西線、草津線運休の腹いせに、3県県境探訪に出かけました。三重/滋賀/京都と三重/京都/奈良とを、セットで片づけようという魂胆です。地図でもわかるでしょうが、この2地点は直線距離で10km程度しか離れていません。しかもどちらも関西線の駅から6km程度で着ける里山なので、楽勝と踏んでたのですが、なんのなんの、問屋が卸しませんでした。
[READ MORE...]
スポンサーサイト

テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行

秋田行きのだったはずなのに
いつのまにやら「深夜のミステリーバスツアー」になってしまいました(泣)
しかも、全行程2000kmのうち、最初の20kmで断念してしまうという、前代未聞の珍事。


【予定していた行程】
亀山22:16発(関西線)柘植23:06発(草津線)草津0:01発(東海道線)彦根0:48発急行きたぐに乗車

【実録-深夜のミステリーバスツアー】
22:05頃:亀山駅窓口で急行きたぐにの急行券を買う
22:10頃:窓口で「関西線が運転休止中なの?」と駅員に問いただす人がいて、事態をようやく把握。なんでも20時台から「落石の危険性アリ」とのことで運休しているのだという。そういえば、20時頃雷雨があったけれど、そんなに降ったっけ?って感じ。
22:20:窓口で先ほど買ったばかりの急行券を払い戻して貰う。というのは、(1)本来のルートだと間に合わない可能性が大(2)名古屋廻りも調べたが、大垣より西へ行けないことがわかったため。
22:35:伊賀市内のスクールバスをチャーターしたという伊賀上野行代行バスに乗り込む。定員30人ほぼ満員で出発。
[READ MORE...]

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

旅立ちの夜に
職場のカレンダー上では休みだったのだけど、私は出勤してました。

がこれは予想範囲内のこと。
今夜の急行「きたぐに」に米原から乗って出発します。

さて切符(乗車券)、……面白いですよ~
画像に取り込み、UPしたいけれど、それは無効印を押される前にやると、違法(というかJRへの営業妨害!)。……残念だ、おみせできないのが


普通JRの窓口で作ってもらう切符は、名刺サイズの磁気式のものですが、
今回の一筆書き切符、長手方向に1.4倍くらい大きくなって、
亀山 -> 亀山
の表記が間の延びた感じになってます
[READ MORE...]

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

二次元的分類
広島瀬戸内新聞ブログ版さんで、政治思想(というのか政治姿勢というのか)を二次元座標にわけて、分類されている。

日本でも、より分析的な政治思想の解析が始りつつあるみたいで、なんか安心しだしました。

軸として、「執行部独裁度」と、「階級格差の大小」とを取り、4象限にそれぞれ、「社民主義」「リベラリズム」「スターリン主義」「ネオコン」とあてはめてあります。

こういう視点にたつと、安倍首相と小泉元首相の違いがわかりやすいですね。
(これまで安倍首相と小泉首相とを、同じ”ネオリベ”と分類している人が余りに多く、”これでは、安倍氏の本当に問題なところを見失ってまうで~」と危惧してたのですが)

ただ、同じような分析法がUSAに35年くらい前からあります。
軸に、「社会における経済的自由度」、「社会における人身・精神の自由度」を取ったものとして発表されています。

広島瀬戸内新聞ブログ版さんの作られたものと対照をとると、日米で用語の混乱が起こっています。
「社民主義」=”LIBERAL"(日本の昨今の言い方では”サヨク”が近い意味かな?)
「リベラリズム」="LIBERTARIAN"(日本では適切な訳が実はない。仮に”自由至上主義”とでもしておこうか?)
「スターリン主義」="AUTHORITARIAN"(”権威主義”)
「ネオコン」="CONSERVATIVE"("保守主義";つまりこれだけは、日米で言葉の定義が一致している)

たぶん、このあたりで、日本とUSとで政治の比較をする時で変なことになっていると思うのですよ、私としては。
確かに評価が分かれるところだけど、
フリードマンが主張していた内容は、基本的に"LIBERTARIAN"な考え方だから。
レーガンサッチャー自身は"CONSERVATIVE"だけど)



テーマ:政治哲学 - ジャンル:政治・経済

日本の歌曲の極致(合唱曲「落葉松」)
金曜日の深夜、NHKラジオを何気なく聞いていると、
「落葉松」という歌曲の男声独唱がかかった。
(どんな曲かは、ここを参照ください)

これは、歌曲というよりないだろう、ピアノの伴奏にあわせて、ひとりの男のひとが、まっすぐな発声で歌っている。奇をてらったところが全くない。

実はこの曲を私は、20年くらい前に女声三部唱(オブリガートのパートもあったかな?)で聞いている。母親が当時入っていたママさん合唱団が、全国大会に出るといって二年がかりで練習していたのだ。
そういう、声楽の世界の曲だ。だけど、山田耕筰以来のよき伝統、歌詞の抑揚を意識した曲となっていて、聞いていて心地良い。比較的最近の曲でもあるので、日本の歌曲がいきついた一つの極致、といっていいと思う。

僕自身は、小島麻由美とか、aikoとか、古いところでは橘いずみとか、詞がメロディーに乗っていない、いいかえれば曲と詞の間に「緊張感」のある曲をつくる人が好きだが、一方でこういう伝統(といっても、たかだか100年なのだけど※)に即した曲を、POPSの世界で歌う人がいてもいいと思うのだ。その継ぎ目を橋渡ししている人は鮫島由美子さんくらいしか浮かばないうえ、彼女はもっと古い曲を歌うので、……まだ「クラッシック」の人といえるから……。
だれか、この曲をPOPSのCDへ入れないかな?


※ま、平家琵琶からの古来の習わしでは、「字余り」が正統だったと考えるのが正しいのかも。だから、何が正統で伝統的なのか?は私にはわからない。

テーマ:今日の1曲はこれ! - ジャンル:音楽



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。