ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKBS「にっぽん心の仏像」へ”参仏”
昨日偶然、NHKのHPで捜し物をしていたら、
えっ?何を探していたか?
そんなことはどーでもいいんです(ところで、めっきり秋らしくなりましたね……汗、汗、汗)
(「朝の連続テレビ小説」に出る女優さん-”貫ちゃん”って着物似合うよな……、とは拷問されても白状しません)

ともかく!ですよ
NHKのHPで、仏像の番組をやっているとの情報を見つけたのですよ。
しかも、視聴者からおすすめの仏像を募集しているというやないですか。
おまけに、その締め切りが、9/30(日)、だというではないですか。

番組のコメンテータを見ていると、
・谷村新司サン(ってこの人の仏像の好みは知らないな……)
・松阪慶子サン(ってこの人も仏像の好みは知らないな……)
・杉浦康平サン(って、……以下同文)
・はなサン
・みうらじゅんサン
……この面々を見ていると、石仏は放っておかれそう
危機感も覚え、私も参仏です※。


以下、最近、岩面仏レポートをできていないことへの罪滅ぼしとして、
応募した内容を公開しておきます。

[READ MORE...]
スポンサーサイト

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

郵政民営化、いよいよ明日です。
私としては、営業形態などどっちでもいいことです。
シビルミニマムな業務を、安価に提供してもらえれがそれで十分なのですから。

民営化に反対されている方の意見って、
「シビルミニマム」の域を出ていると思うけれどなぁ。
・どうして、郵便物が翌日配達されなければならないか
・どうして、1日2回の配達を維持しなければいけないか
・どうして、定額小為替の制度を維持しなければいけないか

(消費税がありかつ、内税方式と外税方式とが混在する現実を考えると、キリのいい額でのみ発行する定額小為替では支払に対応できないわけで、額面自由の一般為替に統一するよりないのに。ましてやそんな事情もあって最近では、郵便振替を利用する通販業者はあっても、為替での支払を指定する業者がないのに)

……そうやって、郵便事業に「過剰な」付加価値を要求するのはいいけれど、
その体制を維持するためには、住民みんなが費用負担しなければいけないのに、
「値上げには絶対反対」。

……かくして、現場の職員サンの労働条件へしわ寄せがいっているのに!!
ま、いいです。落ち着くべきところに落ち着くよりないので、私が騒いでもしかたないこと。むしろ、興味深い事実がありましたので、ご紹介します。
[READ MORE...]

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

亀井のとっつぁん、ええぞー(FROM死刑廃止論者)
ひさしぶりに、政治絡みで喝采したい意見が飛び出しました。
亀井のとっつぁん=亀井静香サン(死刑廃止議員連盟会長)が、死刑執行の決定方法について、法務大臣鳩山邦夫サンに噛みついたのです。

http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20070926-261793.html

日航会長に「19世紀の悪い経営者」と噛みついて以来のクリーンヒットだと断言できます(<-村山内閣の頃です。覚えてる人どれくらいいはるかな~)。とっつぁんの一本気なところ、尊敬してます。

一方で、鳩山サンのいうことも、法律上は正論です。法務大臣が「恣意的に(選んで)」死刑執行を命令できるのならば、最高裁の権限と権威とを犯すことになります。死刑を決定した以上は、機械的に執行をする以外に、特に取り決めがありません。この点では、まさに、法相は「ハンコを押す」のが役割です。

だからこそ、死刑を止めるためには、刑法を改正するのが王道なのです。(そのことは、亀井サン自身が一番ご存知だと思います)そして、国際的合意として死刑廃止の法制化が進んでいるのも動かしがたい事実です。

現在決まっている法律の厳格な運用という大義と
国が人の命を奪ってよいのか、という素朴な自由主義的正義の直感(私もこの直感に従っています)との、果てることなかった争いの一端です。
本来、年金制度だの細々したこと以上に、しっかり議論しなければいけない課題です。
政府の存在意義に係わる問題なのですから。

執行停止という「なぁなぁ」で、いつまでも済ますわけに行かないでしょう。
亀井のとっつぁんも、法相の罷免決議をオプションに用意して、
法相も、法制局見解だとか、刑法の立法過程を調べるとか理論武装をして、
法務委員会で、ガチンコ対決してくれることを期待します。
鳩山サンも、わりと話をきっちりしてくれるタイプの人だし。彼が文相だったころの各種スピーチには、感心することが多かったものです)

それで起こる混迷ならば、大歓迎です。

※亀井サンの関係者、ファンの皆さん
”とっつぁん”などと、親しげに呼んですみません。
彼の正義漢ぶり、浪花節的態度、そして警察エリート官僚ぶりが、どうしても、「ルパン三世」の「ムッシュ銭形警部」に重なるのです……。

(誤解を受けそうなので追記)

[READ MORE...]

テーマ:死刑 - ジャンル:政治・経済

鉄と石……その絶妙な関係について
島根にある磨崖仏「来待の千体地蔵」を取材し、その帰りに、「来待ストーンミュージアム」と安来の「和鋼博物館」とを見学してきた。片や出雲灯籠に代表される石工の技術に関する、片や中国地方のタタラによる製鋼に関する博物館だ。
伝統工芸に関する、という以外に特に結びつきのない両者、調べてみると微妙な関わりがある。石工が鉄製品の道具を使い自らの道具に焼きを入れ直すために、鍛冶の技術をある程度心得ていたり、鉱夫の道具に共通点があったり。

面白そうなテーマなので、また機会を見つけて考察してみます。

テーマ:島根県 - ジャンル:地域情報

コミュニティー、社会、そして市場
内橋克人サンを、つい最近まで深く尊敬していた。
しかし、今日、松江のホテルにて、福田氏のことをとりあげた、NHKのTV番組を見ていて、「この人とは終わってしまったな」と悲しくなった。怒りとともに。

市場原理主義がコミュニティーを壊しているという。
それだけでは足りないのか、「カルト的」とまで形容で加えた。
じゃ、何がカルトなのか?……是非内橋サンには、小川忠サンの「テロと救済の原理主義」(朝日選書)などを読んで、意味を噛みしめて欲しいと思う。

そんな言葉尻のことはまあいいとして。

「金で評価できないものを根拠とした身分こそ、不条理な人権問題でないのですか」……これは、ライブドアの元社長堀江氏がかつて言った言葉。市場は、コミュニティーの持つ閉鎖性(その必然として現れる、因習)を相対化し、無効にする力を持っている。
内橋サンはかつて、原発労働者が、なぜ社会的に抹殺され彼等が放置され続けるのかを取材し、告発している(1970年代)。その時明かになったのは、ニホンの会社(および企業城下町)においては、そのコミュニティーにとって利害の反する人を、無視し飼い殺しにする(決して「外に追いやる」ことをしない。内部に囲い込み無視するのだ)という残忍なシキタリがある、ということであった。内橋サンは、そのことを告発していたはずだった。
 なぜ、ワーキングプアが発生するのか。
 「市場原理主義が新たに呼び寄せた、アメリカ的社会問題である」と彼は規定している。ならば、逆に問う。
ワーキングプアと1970年代後半の原発下請け労働者の問題とは、同じ構造から発生しているでないか、と。
[READ MORE...]

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。