ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

路線バスが廃止されます
今週いっぱいで、亀山市内の路線バスが1路線廃止になります。
亀山駅から、国道1号をひたすら西へ走り、鈴鹿峠の麓の宿場町坂下まで走っている路線がそれ。現在マイクロバスの大きさの車両で1日6往復くらいしているのですが、平均の乗客が1人未満、という具合ですから、まあ廃止は予想できたことでしたが。
ただし、放置すると、結構大きな集落である坂下の最寄りの交通機関てのが、JR関駅となり、そこまで約4km歩きということになるので、市役所が代替バス(ただしジャンボタクシーの借り上げ運行)を代替で走らせることになっています。
そこまでならば、まあ、よくある話。
その路線が大きく変るというのを、市広報誌で読んで、考えてしまったのです。

今までの公共交通機関って、誰がお客になると見込んでいたのだろう、と。
[READ MORE...]
スポンサーサイト

テーマ:地方再生 - ジャンル:政治・経済

名阪工事中
11/30まで、名阪国道が工事中。2車線のうちどちらかの車線を完全に閉鎖して月曜朝から土曜早朝まで工事しっぱなしですから、渋滞というのか、自動車が停まったきりになる、というのか、毎回すさまじい事態になってしまいます。

名阪国道というのは、三重・奈良の県境部分だけ国道バイパス扱いになっているだけで、両端が高速道路(東名阪と西名阪)とつながっているのです。というわけで、名古屋近辺から大阪へ抜けようとするトラック類が、普段からひっきりなしに来ます。その上に、併走するJR関西線の運行本数も車両も、「……はぁ……(溜息ノ理由ハ聞カナイデクレタマヘ)」というよりない具合ですので、地元自家用車も密集してくる、ということで、まさに車社会だな、と納得する光景なのです。普段は。
そこへ道路工事ですからたまらない。
[READ MORE...]

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

ドバイ
誘ってくださる方があって、名古屋市内で、ドバイへ視察に出かけられた方を囲んでの飲み会に参加。
わたし、詳しくは知らないのですが、中東のカネ余り現象の帰着として、ドバイでインフラ投資ラッシュが起こっているのだとか。なんだったかな、世界の3割のクレーンはドバイで稼働している。なんて推計があるほどの勢いで、オフィスビルが建てられているのだとか。
今時点では、超のつく高級リゾートホテルとカジノが目立つくらい。
そこに、現状では供給過剰になるのを判っているにもかかわらず、
建てられる高層オフィスビル。

いろんな意味で、夢のようなお話。現実の都になるか、はたまた砂漠の蜃気楼になるのか。。

投資としては、近づきたくないな、それが私の感想。
ただし、この社会実験がどう収束していくかには、興味を覚えます。

テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済

大聖寺という町(磨崖仏調査こぼれ話石川編その2)
今は加賀市の一部になっている小さな城下町、加賀国の南端のこの町の名前を昔から知っていたけれど、今回、時間が半端に余ったのもあって立ち寄りました。
滋賀県と深い繋がりがあるのです。
江戸時代、琵琶湖上の水運で一・二を争う勢力だったのは、高島に本拠を置いた大聖寺藩(加賀藩の支藩)。それだけでも結構な因縁なのですが、幕末から明治初期に、汽船を作って民間航路として運用した仕掛け人が、この藩で執政の書役(秘書官)をしていたという石川という人だったのです。
……考えてみると、難儀な話です。この時代の日本で、しかも海とつながっていない場所に汽船を導入するというのは……。
いずれ歴史小説に仕立てたいので、その人の資料を市立図書館で漁ったのですが、昭和初期編の小冊子が一冊あっただけ。

詳しくは、またいずれ書きますが、
[READ MORE...]

テーマ:歴史 - ジャンル:政治・経済

満願(磨崖仏調査こぼれ話石川編その1)
岩面仏調査の全県踏破が、満願になりました。最後に残されていた石川県に一泊してまで行って、1個所だけ見て参りました。

石川県の白山市……昔の鶴来町の市街の入口にある一閑寺の不動明王立像。
1体とはいえ、満願を飾るには、不足のない巨像でした。

お寺の建物は磨崖仏を保護するための覆い堂だけ。ただ収める磨崖仏が高さ8mからあるものですから、コンクリート建のやけに天井が高い現代的な建物なのです。
白山信仰そのものなのか、立山信仰の一翼を担う富山の日石寺の影響なのか、完全に分離不能だとは思うのですが、ともかく、北陸にありがちな、太めの不動尊石像。ただし、お寺が江戸時代に火災にあったのだそうで、この磨崖仏自体も幕末に作られたものだとのこと。

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。