ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央州経済週報(~6.20)
遅くなりました。申し訳ない、先週末(6/20)の中央州中央銀行・闇の総裁の経済情勢見解でございます。
まずは、中央州株価指数(MANNAKA’S)の発表から。

          先週末  今週末
MANNAKA's 1380.96  1334.14
TOPIX     1371.58  1356.74

(※お断り。構成する会社は、この4県に本社を置く上場企業のうち時価総額順に撰んでいった30社。指数は、時価総額の加重平均で算出して、5/30終値を1408.14(TOPIXと同じ値)にしました。
当然のことですが、この株価指数の知的財産権は、デルタに帰属します。またこれらの個別株やこの指数での運用を、勧めることを目的としておりません)

うーん、今週はTOPIXを下回ってしまいました。なので、ノーコメント。
……なんて逃げたら、投石にあいそうなので、マジメなコメントです。

じつはこの週、困惑する事態が起きました。
フェロシルト事件をはじめとして、三重県四日市市のプラントで数々の問題を起こしている、石原産業が四日市市へ本社を移したい、と発表したのです。
結構大きな会社ですから、時価総額基準ならば、間違いなくMANNAKA'sの対象30社に入ります。
けれど、化学兵器用物質までこっそり作っていた、などとあっては、コンプライアンスの点で
「ようこそおいで下さいました」と、とても言う気持ちになれません。
しかし、そういう会社があるというここも含めての、中央州産業界なのですから、
ひとつの象徴をして、この会社も指数に採用することにしました。

工場(現場)に本社機能を移す、という究極の企業統制の方法を採ったことの、効果を期待するよりありません。

景気の後退は、明かになってきております。

[READ MORE...]
スポンサーサイト

テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済

100万人のキャンドルナイト(亀山)
夏至の一夜にライトダウンし、ロウソクの灯りですごそうとのイベント、
この亀山でも、いや”ロウソクの亀山”だからこそ(爆)、麗々しく行いました。
とはいえ、梅雨空です。今年は雨にならなかっただけマシだけど、
う……ん、蒸し暑さも堪える。
夕涼みのイベントにはちょっとほど遠いのが、毎年のことながら困ったところ。

最近はご無沙汰してしまってたけれど、ときどき顔を出している「坂下星見の会」も
共催者の一つだったので、
ふらっとお手伝いに顔を出しました。
お城の脇にある400mくらいの商店街のアーケード(歩道)に、計2000本並べました。

これくらいの規模でやるのが、つつましくていい感じになりますね。大都市でやっているような、お祭りにしてしまうと、かえってエネルギーの浪費につながりそうだし、だいいち疲れる
亀山に移り住んで3年あまり。すっかり、人混みが怖くなった(苦笑)

関連イベントでは、室内楽(弦楽四重奏)、省電力のための照明への工夫、夏の星空、CO2排出に関する講演。


[READ MORE...]

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

「義賊」の条件
グリーンピースが、調査捕鯨船団での肉の”不正”譲渡疑惑を告発している件、
やっぱり、というのか、完全な負け戦になってしまった。
残念だよな……。

行われていることは限りなく「横流し」に近いものだし、
少なくとも税務署に告発すれば、”帳簿操作”(法人の収入・在庫・経費の虚偽申告)と、職員の給与(現物支給)に対する源泉徴収を怠った罪とで、捜査の対象になったのに。
(そうなったら、日本で唯一の遠洋捕鯨会社がコンプライアンス違反で、官公庁の随意契約対象から外される可能性があったわけで。非常に見物な事態だったのにな、と無責任なことを言ってみる)

つまり、刑事訴訟という、物証に厳格な正当性を問う舞台を選んだ戦略ミスを指摘せざるを得ない。
税務署への告発か、せめて民事訴訟に持っていけなかったのか。
……そうすれば、刑事事件の枠外になるので、証拠の正当性はとりあえず深く問われずに済んだのに。

彼等が義賊になれなかった最大の原因は、こういう”戦略性”のなかったことだろう。
あとは、”美学”かもな(爆)
鼠小僧や石川五右衛門のように、大見得切って

「なるほど私も悪党だ。覚悟はあるさ、”肉を切らせて骨を断つ”というものよ」
と会見で言っていれば、ある程度の判官贔屓も得られただろうに。「よっ、アオマメ屋!」って。
潔さというものも、どうも足りなかった……。

テーマ:捕鯨・反捕鯨問題 - ジャンル:政治・経済

対温暖化政策と「長良川河口堰論争」
環境省から、今日このようなプレス発表があった模様。

地球温暖化影響・適応研究委員会報告書「気候変動への賢い適応」の発表について

これから読んでいきますが、
報道によると、どうも気になることが書いてある。

毎日新聞6月18日12時57分配信記事から抜粋

 海面上昇による高潮被害を減らすため、護岸対策の強化を求める一方、予算上の制約から浸水の恐れのある過疎地では強制移住や住居の高床式化、浸水保険制度創設を促す政策を提言した。
(以下略)

高潮対策といえば、かつて長良川河口堰のときに、ありとあらゆる対応策が検討されたのを思い出す。
あのときにも、護岸対策、堰き止め堤防などの防潮施設だけでなく、輪中地帯には高床式の家を建てて環境と共存すべきという学者さんがおられたり(現在琵琶湖博物館の館長をされている川那部先生)、浸水保険を作って土木工事を一切しない、という案も出ていた。
それでも、さすがに、「強制移転」なんて思い切った案が出てなかったけれど。


[READ MORE...]

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

中央州経済を支えるひとびと
今週の中央州中央銀行・闇の総裁の経済情勢見解でございます。
まずは、中央州株価指数(MANNAKA’S)の発表から。

          先週末  今週末
MANNAKA's 1443.56  1380.96
TOPIX     1428.11  1371.58

(※お断り。構成する会社は、この4県に本社を置く上場企業のうち時価総額順に撰んでいった30社。指数は、時価総額の加重平均で算出して、5/30終値を1408.14(TOPIXと同じ値)にしました。
当然のことですが、この株価指数の知的財産権は、デルタに帰属します。またこれらの個別株やこの指数での運用を、勧めることを目的としておりません)

円安が進んだとはいえ、対米ドルで安くなっただけで、ユーロ相手にはほとんど動かず。輸出関連企業は、すでに米国での売り上げ後退を見込んでいるので、意外と日本経済への影響がなくなりつつあるのでしょう。
特に地銀の下がり方が激しい。今週は日本国の大手銀行も株価を下げていますから、金融界全体への先行き不安があるものと窺えます。韓国は、銀行の株価が持ち直し始めているので、日本特有の要因によるのでは、と私としては考察中です。

さて、今日は、津の図書館での調べものをしていました。その帰途、亀山駅へ20:20頃到着しました。駅の改札口の前の待合スペースには4台のベンチがあるのですが、それらが若いカップルに占拠されていました。悪いなと思いつつも、ちらっと様子を窺うと、4組ともブラジル人のカップル、くすぐりあったり、膝の上に手を置いたり、というこの光景には、民族の差が意外なほどないものですね。
はしゃぎ声を上げるでもなく、別れを惜しんで涙に暮れるでもなく、「また来週会おうね」的な雰囲気で、キオスクさえ閉まった田舎町の駅舎と何の違和感もなく馴染んだ光景になっていました。
彼等もまた、この土地に働く人々です。
同じ食材を食べ、地震が来れば同じように怯え、ひところのシンデレラエキスプレスの広告のように、週末には恋人同士が次の週末までの別れを惜しむわけです。
そんな彼等を、労働者以上のニュアンスで私たちは「日常」の中へ受け入れているでしょうか。
彼等をも等しく取り込める、日常的な意味での政治や経済のグローバル化が、この地域内に必要に成ってきていると、私は痛感しております。

以上、日本中央州中央銀行・闇の総裁 デルタ

テーマ:外国人参政権問題 - ジャンル:政治・経済



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。