FC2ブログ
ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

四日市のナローゲージ鉄道
開店休業状態だった、日本まんなか共和国 勝手に観光大使のお仕事を……。

石油コンビナートの巨大な蒸留塔が目立つ化学の都四日市にも、こういうカワイイものがある、ということでご紹介。
じつは、例のパネルディスカッションの帰りに、寄り道して乗って帰ったのです、わざわざ。
近鉄四日市の名古屋線ホームの高架下から、内部(うつべ)という南部の郊外住宅地へ延びているローカル路線です。線路の幅はJR在来線の約7割。なのに、人の背丈で車両の高さを決めますから、写真の通り妙に縦長な電車なのです。
ナローゲージ車両


[READ MORE...]

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

Joke
Yahoo!ニュースを見ていたら面白いユーザーコメントがあった。
アメリカの金融界で流行っているJokeを伝えるニュースなのだが、
それに対するコメントに、「なにが面白いのだかよくわからない」との趣旨のものが延々と続いている。そんな中で、興味深い指摘があった。

 -Jokeとは、人を笑わすものとは限らないのですよ。

なるほど、言われてみればその通りなのかも。
本来、冗談というのは、おどけ話だけを指す言葉でなかった。「戯れ言」「悪態」「単に冗漫な話(ナンセンス)」そういうものも含んで、冗談といっていた。
そこには必ずしも笑いは必要でない。
気分を変えるだけで、実は十分役割を果たしているのだろう。

テーマ:生活の中で - ジャンル:ライフ

暴落の日々には
こんな日には、心静かに古典に目を通したくなる(現実逃避、とも考えられる)

バスティア著「ロウソク業者の請願」
「国家とは、誰もが他の人々の費えをもとにして生活しようとしてできる擬制的な実体なのだ」との警句を世に問うた人が、このバスティアさん。

フランス人なので、原文も確かフランス語。というわけで、彼の文章を生でじっくり読む機会がこれまでなかった私。
アナルコキャピタリズムを研究しておられる蔵研也さんが、近頃、彼の評論の中でも傑作中の傑作「ロウソク業者の請願」を訳されました。
(傑作中の傑作だという人が居た。私は他を読んでいないので、あまり責任を持って断言できないけど)
まずパロディーとして面白く、読み終わってお見事、座布団1枚!と言いたくなりました。
19世紀のフランス、日本で言えば安政期に、保護貿易の弊害を指摘した人がいたわけです。
蔵さんもおっしゃるように、安易に「農産物の自由貿易反対」とか「国内産業保護」(「ニッポンチャチャチャ」的な無批判な国産礼賛者)とかを、いかにも社会のことを考えているのサ、的なしたり顔で言うお方たちにも読んで頂きたいと思います。
[READ MORE...]

テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済

中央州中央銀行(仮)闇の総裁のお忍び来賓記・四日市編
明日のために:四日市でエコまつり 20企業・団体が活動PR パネル討論も /三重
10月20日12時1分配信 毎日新聞

 四日市青年会議所(児玉光輝理事長)の「エコまつり」が19日、「環境問題を乗り越える最先端の技術に触れ、未来を感じよう」をテーマに四日市市の市立博物館と隣接の市民公園で行われた。
 20企業・団体がそれぞれブースを設けて、環境関係の活動を紹介した。中心商店街などで再利用するため、来場者らから使わないビニール傘を約1000本集めた。
 パネルディスカッションでは、学者、環境団体代表、環境ジャーナリストら5人がパネリストとなり、地球温暖化防止と環境行政をテーマに討論した。
 温暖化防止についてパネリストは二酸化炭素削減の是非などを巡り、積極的に意見を交換した。「近くエネルギーの転換を考えねばならない」「昔は木も木材や炭などにして使い切った。地球に少しでも長く住むために行動する必要がある」などの意見が出た。「未来のため現在の生活様式を改めていく」という方向性で意見が一致していた。【清藤天】

(以上引用)


このパネルディスカッションへも、闇の来賓(=一般参加者、ともいう)として出席していました、中央州中央銀行(仮)闇の総裁です。
高名な学者さん、ジャーナリストサンがパネルを構成していたので、期待があったのですが、どうも議論が本質からずれているような。
[READ MORE...]

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

この乱高下は、近寄らないことにします
どうも、中央州中央銀行闇の総裁です。
今週に入っての株価の乱高下、果たして実体のある事象への反応といえるのでしょうか。今日で先週末のレベルの株価に戻っただけ……に見えて仕方ありません。
市場というより、金融機関とのチキンレースにつき合えるほどには、私たちとしても投資資源に余裕がありません。
ここに、闇の総裁として高らかに3つのことを宣言します。
[READ MORE...]

テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済