ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

県議会補欠選挙
県議会の補欠選挙というものが、こんなものなのだ、といわれれば、引き下がるよりないのですが、このやる気のなさ、なんとかなりませんかね。
というのが、昨日投票だった、三重県議会亀山選挙区補欠選挙の感想。
掲示板に選挙ポスターが貼られたのが、水曜日。幸い?2人のポスターが貼られて、無投票にならないんだとわかったものの、わかったのは候補者の名前と顔だけ。
木、金、土と待ったけれど、選挙公報が来る気配もないまま、投票日となりました。

朝、地元の新聞(伊勢新聞)を買ってみたが、それにも候補者の略歴すら紹介もない。ならば、やはり選挙公報しか頼りにできない……。
[READ MORE...]
スポンサーサイト

テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

ジモト系国際グルメ探訪(その1)
中国・フィリピンからの工場の研修生さん、隣町の鈴鹿で働くブラジルからの工員さん、と我が町亀山もかなりの国際都市となりました。
当然のように、本場○○国の味という店もできはじめていまして、それらでお昼ご飯を食べ歩きをしてみました。
第一回として、ショッピングセンター「エコー」1階にブースを出している韓国料理店「水成」さん。
10席くらいのカウンター席があり、調理はお一人で切り盛りしておられます。出している料理もトッポッキのような軽食からサムゲタン、プルコギ定食のような本格的まで、20品目くらいあるでしょうか。
[READ MORE...]

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

ヨッカイチ・サイケデリクス
思い立って四日市の石油コンビナートに夜景の写真を撮りに行った。
場所は霞地区と呼ばれるコンビナートの北端部分、運河に沿って大きな埋め立て地に延々と工場が建ち並ぶ。
最寄り駅のJR富田浜駅付近は、閑静で古い住宅地なのだが、数百メートル海側に行き、国道に交わる辺りから、海辺の辺りが異様な明るさに包まれる。
埋め立て地に渡る唯一の橋、霞大橋にさしかかると、その全貌が現れる。見渡す限りの光彩、機械音とも笛を吹くような音も混じる異音。

道ばたにあるものはナトリウム灯のオレンジに照らされ、遠景は主にハロゲン灯や水銀灯の青白い灯り。
この色合いが、サイケだ。
霞大橋付近

[READ MORE...]

テーマ:夜景・夕景 - ジャンル:写真

ダウンサイジング……水ぶくれは膿を出さないと治らない
プロスポーツ経営について、私には何もいう権利がないけれど、
女子サッカーの田崎チーム廃部のことをニュースで見ていて、考え込んでしまった。というのか、日本の社会に妙な水ぶくれが今なお残っている歪さに、身震いを感じたのだ。

最終戦のあったのは、駒沢の陸上競技場。2万2千人は入れるスタンドがある大きなグラウンドで、その試合をしていた。しかし観戦している人はすべてメインスタンドの低い位置にいてあとは空席……たぶん観衆は1000人弱くらいでなかろうか。
このこと自体は不思議と思わない。例えば舞台劇のシアターなんて1000人も入れば御の字なのだし、落語なんかも人気が出てきているとはいえ定席では数百人オーダだ。つまり、興行として失敗とまではいえない、と私は思う。
[READ MORE...]

テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済

究極の既得権益---日本国籍
日本の社会をすばらしいと、心の底から考えているならば、
そのすばらしさを、遍く人々を分かち合おうとするのが普通だろう。
そのために、本来は国籍取得、あるいは難民申請などに対して、寛大であるほうが自然である。

このところの国籍法への反対意見を見ていると、
日本国籍を享受している人たちが、自分たちの立場、言い換えれば「豊かさ」を、自分たちだけでむさぼるのをアタリマエと考えていて、他者とわかちあう覚悟ができていないことに気付く。
確かに、私たちの「豊かさ」は非常に危ういバランスの上で成り立っている。例えば1割くらいの移民による人口増加で崩壊してしまう可能性もある、そんな危うさを抱えている(もっと体感的にいうと、「崩壊し始めているから、自分の世代はなんとか豊かな内に逃げ切りたい」と考えているのかもしれない。自身も省みてその醜い心を持っているのに気づきドキリとした)
だから、排他的になる。そんな悲しい性を持つのも、またヒトとして自然ではあるが……。


[READ MORE...]

テーマ:国籍法改悪反対! - ジャンル:政治・経済



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。