ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK ETV特集「日本と朝鮮半島2千年 ⑦東シナ海の光と影」
ポケットTVで、日曜日夜に放映された「倭寇」(正確にいうと前期倭寇)についての番組を見た。
倭寇の話題に入る前に、元・明、高麗・朝鮮、室町幕府頃の日本の間の交易関係を丁寧に取り上げていて、予備知識のない方にはかえって視点がぼやける番組になってしまったのでないか、と人ごとながら心配した。
去年実物を見て、私も仰天した「Mokpo海洋遺物展示館」のSinan船(Jeolla-Nam道Sinan沖合の沈没商船を引き上げたもの)の荷主が、日本の京都東福寺だったとわかってきた、という話には、私も予想外でビックリした(去年展示を見ている限りでは、そういう説明がなかったのです)。
たぶん予備知識ない方なら、これだけを1回分の番組にしてよ、というくらい興味を惹かれる話でないかと思う。

さて、そういう平時だけで済むわけでなくて……という感じで、倭寇に話が展開していった。冒頭、対馬の海民の末裔である方が出演され、韓国で教育を受けているユンソナがインタビューした。ある意味圧巻の場面だった。
末裔の方曰く
「倭寇としていた、とだけ言われるのは心外です。ある場面において、倭寇という行為もあったのは確かですが」
ユンソナにしてみれば「倭寇の末裔」という風にしか見えないので、ストレートに聞いてしまったのだけど、この返答には、”しまった”という表情だった。

確かに微妙な問題だ。
[READ MORE...]
スポンサーサイト

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

あべこべの世界
鳩山サンが所信表明演説で、かなり複雑なことを言っていたので、考え込んでしまった。


「経済合理性に偏らない経済の実現」
「無駄遣いの徹底的な排除」
この二つの言葉が、奇妙に共存して出てきたのだ。

経済合理性をホドホドに当てはめることによって、
バランスの取れた経済活動を行おう、との意図で言っているのだろうけど、
無駄遣いを「徹底的」に排除する、という言い方からは、私以上の原理主義的な「経済合理主義」の鎧がかいま見える。

私は、むしろ「公共セクターでは、経済合理性を追求してはならない」と考えている。つまり、政府の支出には「無駄があってあたりまえ」なのだ。わかりやすい例でいえば、採算の合わない道路を造るのは、公共セクターの仕事である、といった具合。むしろ、採算の合う道路(これが、現在では「必要な公共投資」と評価される)は、ファンドを設立するなり、事業体が独自に起債(増資)するなりして、民間資金を集めても成立するし、そのほうが、それこそ無駄が少なくて済む。

そして、同時に。
公共セクターが、「経済合理性を追求しないセクター」であるからこそ、その事業範囲を厳格に枠をはめて最小限で運営する必要がある。そうしないと、レントシーキングが起きるからだ。

日本の世論、そして今回の首相の所信表明演説もそうだけど、
経済合理性を追求すべき相手を、あべこべな方向へ設定しているのだ。

「社会保障が社会的弱者にほとんど届かない」といった、今の日本の混乱は、このあたりに端を発しているのでは、と私はにらんでいる。

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

みんなのうた、という玉手箱
パソコンの内蔵ハードディスクを整理し、外付けHDに移そうとして、なぜか外付けHDが認識されなくなったり、
日本郵政のトップ人事が、「バラマキ」ならぬ「手渡し」としかいいようのない内輪の決着になったりと(時間ができたら、リバタリアン的見解を丁寧に述べます~)

イライラのネタは尽きないのですが、
ついさきほど、NHKラジオ第二放送の「みんなのうた」のコーナーで、感じのいい曲が掛って、おもわずにっこり。

花*花の「赤い自転車」
花*花じたい、解散してずいぶん経ったけれど、曲がこんな形で残っているのが、うれしい
(何年か前、片一方の人が、大阪でボーカルレッスンの先生になって、スゴイ人気者だ、て写真週刊誌に載ってましたね)

また……彼女たちにしてはずいぶんと緩やかなメロディーで、コーラスも愛らしい。

 ~かーぜをきぃって、ぐんぐん漕いで~
ってか(似合わん……涙)

11月末まで、毎週水曜、土曜の23時55分から掛るはずです。
よかったら聞いてみてください。

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

揚水・風力ハイブリッド発電
風力発電の、電力供給が不安定になる……
そんな問題点を、三重にある青山ウィンドファームに関連する文章を読む内、改めて痛感。

なんかいい方法ないかな、と頼まれもしないのに、考えるうち、奇妙なことを思いついたので、
メモ代わりにここに残しておく。

万一、この文章を関係する方が読まれて、
特許を出したり、事業化をされる、ということがあっても、
私は喜んで、このアイデアを無償提供します。
役立てて下され……。

原発を参考に、需要と発電量との過不足を、揚水発電ダムにエネルギーを蓄えることで対処する、
と最初考えた。
が、よく考えれば、風力発電は小高いところに、風車を置く。
だから、風車の回転力で、直接水を高所へくみ上げ、
定常的に、その水を下へ流すことで発電機を回す、
という仕組みも可能だ。
というより、一度電力に変えて、電動機で水をくみ上げるよりも、効率がいい。


テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

浜矩子さんのこと
月刊雑誌へ、ユニクロを叩く記事を書いたり、
NHKラジオで深夜1時頃に、「新しい資本主義を作らねばならない」だの「近江商人の三方良し*の考えを忘れたことに、問題があった」だの、と、私には非常に判りにくい精神主義的な、資本主義批判(はっきりいって、批判ですらないような、感情論にしか聞こえないかったのだが)
どうも気になり、岩波新書でのこの経済学者浜矩子サンの著書「グローバル恐慌」を読んだ。

上に挙げたエキセントリックな雰囲気でなく、貴重なほど冷静な現状分析で、金融資本主義もある種の必然性があって起らざるを得なかったと、さえ述べているのが興味深い。そして、新しい資本主義とかいっているけれど、結局は資本主義の枠内で、若干産業構造を変える必要がある、という意味でしかないというのにも、正直、苦笑。
(産業構造なんて、「主義」の問題ではないでしょうが!)

思うに、
ラジオインタビューや、雑誌投稿というスペースの特性が、
非理性的な論の進め方を求めてしまうのかもしれない。

時間・字数の枠の不足、多数の人の中に埋もれてしまうことへの怖れ・反発……。
確かに、マスメディアには、出演者をも、「マス」(「One of Them」)として扱う特性がある。

私たち、受け手が、そういうメディアの特性・バイアス・そして話者の心理状態をも洞察して
読みとる修行も積まないといけない、
そういうとこでしょうかね。

*一見、高度な商慣習・商倫理、ではあるんだけど、ね。
近江商人が「三方良し」=「売り手良し、買い手良し、世間良し」という場合の、「世間」が具体的にどのようなイメージだったか、詳しく分析する必要があると思う。
この世間には、「生産者」が本当に含まれていたか、「将来の潜在的顧客との公平性」が本当に含まれていたか、買えない人との関係性は?……と考えたときに、「世間」という言葉のもつアイマイさが、もどかしくなる。そして、必ずしも褒められたものでない「世間」観だった可能性も、あるのだ。

テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。