FC2ブログ
ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Good luck Mr,athleic
滋賀レイクスターズの公式ホームページより。

選手契約解除のお知らせ
2009年12月15日

この度、滋賀レイクスターズでは、#23マイク・ホール選手との選手契約を解除することとなりましたので以下のとおりお知らせいたします。

呆然、というのは、こういう時に使うコトバなんですね。
男40歳にして、まさに呆然を体感しました。

このチームのゲーム展開を、ビルを建てている工事現場に無理矢理たとえると、
超大型のブルドーザーが一台(#2 ゲイリー)
遠くに据えたほうが、正確にモノが吊り上げられるという、なんだか不思議なクレーンが1台(#40 ルーク)
ブルドーザーとの組み合せで動くと、妙に効率の良いパワーショベルが1台(#4 クリス)
右と左とに、爆走するダンプカーが2台(#31ジョー #33ボビー)……同時に2台使えないのがツライ
後方で親方を乗せた指揮車(#11ワラさん)がでんと控え、切れ良く動くオートバイで応援人員が移動し(#5シンヤ)、いざというときには、救急車も控えている(#12Littleバシさん)

そんな光景なのです。

お気づきでしょうか、なんとなく、「資材を効率よく運ぶ」役割……ドリブルやランニングプレーで一気に突破する、という役割の人を、あえて省いて紹介しました。
それが、このマイク・ホール氏だったのです。
たしかに、足に故障があるようでした。その故障を誤魔化し誤魔化しで、開幕1,2戦目でシュートラッシュを見せてくれたのですが、やはり無理があったのでしょう、しばらくは、プレイ時間も得点も、コダワリがあるはずの1対1での守備でも、生彩を欠いたのは事実でした。
そんな中にあっても、驚異的な足腰のバネで、ジャンプやステップをかいま見せてくれてて、
また、キャプテンのワラさん欠場の間には、タイムアウトごとにメンバーへなにやら話している…(普通、コーチが話すだろうに、自分から皆へ何かを話していた)
そんなところに、頼もしさを感じていたのでした。

例の対京都第三戦からは、足のプロテクタも外して現れて
いよいよ全快か、と思っていたところに、この知らせ。

さすがに、何があったのか、私などには、推測もつきません。
また公式発表も、モノの質上素っ気なく流れるだけです。
あっけにとられながらも、納得するよりありません。
「オン 3」(コート内に外国人選手が3人しか立てない)ところに、
外国人選手を5人の構成にしたのに、無理があった……くらいしか、
思い浮かぶことがありません。
(あとありうるとすれば、選手団のサラリーキャップの上限を超えていたことに気づいたため、
慌てて球団側が解雇した、くらいか?)

もう送り出すには、遅いのかも知れないけど、
ひとこと。
”Good luck Mr.Athleic”

さて
重機中心の現場を、こんごどう展開するのか、
昨シーズン終盤の「プレイオフへの背水の陣」や、ワラさん負傷とは違った意味での、
「背水の陣」がしばらく続きそうです。


[READ MORE...]

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

国の負債と「国民」の債権
東京大空襲の被災者のうちが、その被害補償を求めて政府を訴えていた裁判に、第一審の判決が出た。

東京大空襲訴訟、被災者ら敗訴=国の賠償責任認めず-東京地裁
12月14日(月)15時7分配信 時事通信

ともかくも、門前払いにはならず、「原告敗訴」という判決まではこぎ着けた。
時効や、政府の責任を問えない(国家不答責とかいう考え方)での門前払いが、この種の行政訴訟に多いから、判決が出ることろまで行ったのでも、前進ではあろう。
また、「行政措置を求めたい」との傍論もついたので、原告には良い方向ではあったろう。

が、私達の負っているものを考えると、気が重くなる。
戦争をはじめ継続したのは政府の判断、戦争を継続したことと東京大空襲との因果関係があるのか、というあたりが難しい判断だけど、ともかく、戦災での被害を誰に求めるかと考えれば、政府しか担い手がない。
空襲を受けたのは東京だけではない。そして戦災は空襲だけではない。
地味な話だけど、供出させられた金属、商船……、このあたりも、多くは補償のないまま今までウヤムヤにされているはず。
それらを合算したとき、どれだけの潜在的な負債を、政府は負っているのだろう。
そうでなくても、政府の負債(債務)が大きすぎるために、財政が硬直化しているというのに。地下に眠るそれらの債務が吹き出したとき、私たちは支えきれるのだろうか。

[READ MORE...]

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

医薬分業
医薬分業
つまり、医院と薬局とを分業で営業するという形態も、
そういえば、一般的になってきた。私の住む人口5万人前後の町でも、開業の処方薬局が、知っているだけでも3軒できている。
……が、分業して、ほんとうに意味があったのか?
考え込んでしまうことが起きた。

咳の衝撃が、胸にも響きはじめ、職場を早退した。
さすがにヤバイ。医者に見てもらわなければ。

近くの商店街に入居する内科医院が、15時から午後の診療をするのに合わせて、
一番のりで見てもらった。
喉、心音、血圧ともに特に異常なし。一般的な感冒ということで、咳止めの水薬と、抗生物質とを処方してもらっただけ。そんでいいんかな、というくらいのそっけなさで、診察が終わった。
さて、あとは処方箋を持って薬局に寄るだけ。
その医院の2軒置いた隣に処方薬局があるのだけど、自宅とは逆方向。
また、前に蜂にさされた時に処方薬を出して貰った薬局が、帰り道にある。
こういうのも馴染んだ店で出して貰ったほうが良いだろう、と思った私は、
何の疑いもなく、後者の薬局へ歩いていく。

その薬局で、処方箋を出す。係の人が奥に引っ込んで、薬棚を探すこと約2分……。

「この指定のお薬、うちではすべて置いてないんですわ。
○○医院さん(診てもらった医院)の近くにある薬局さんに行ってもらうのが、確実やと思います」

[READ MORE...]

テーマ:医療と行政 - ジャンル:政治・経済

枯れながらも華やかに
洛西に、雅楽器博物館を訪ねた。
京都らしい博物館だな、と思ったけれど、実際にその場へ行くまでは、あるかどうかさえ確信が持てなかった。
当日、情報を得ようとネット検索しても、ほとんど出てこない。京都市内の公衆電話で職業別電話帳をめくっても、その名がない。ネット検索で得た電話番号だけを頼り。当日朝9時に電話を入れてみた。

この時点で、私は、「楽器職人さんが個人的にコレクションを公開されているだけだから、もう公開を止めてしまわれたかもしれない」と警戒していた。
だから「山田さんのお宅ですか」なんて、ある意味間抜けな問いかけになった。が幸い、今日も時間を作ってくださるとのこと、14:30訪問すると約束を取り付けた。
(この博物館、山田さんという職人さんの私邸の2階であり、しかもお弟子さんへ演奏の稽古をつけ指導される場所でもある。だから、確実に見たいならば、当日ではなく事前に連絡をしておくべき、私がいうのもなんだけど)
[READ MORE...]

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

すみません、生きてます。
コメントをいろいろ頂きながら、レスもできず、
まして新規の記事も上げられず、すみません。
風邪を長引かせているのです。
西京極でのbjリーグ京都-滋賀戦(第3戦)を見たその夜(京都東山のYHで泊まった)あたりから、咳が激しくなりはじめ、
翌日、芦生演習林を散歩する予定をキャンセル。けど京都市内にいるのに何もせずに帰るのが悔しく、太秦のあたりにある雅楽器博物館を見学して帰った……と欲張ったのがいけなかった。

先週の水曜あたりからは、背中を痛めるほどに咳の頻度が酷くなり、寝付く暇もないほど咳き込んでいます。その咳の音も不気味。「コン、コン」と喉の当たりで鳴るような咳だけなら気にならないのですが、「グフ」とか「ガホ」とか気管支より奥あたりからわき上がってくるような、深く重い音のときがあるのです。

熱がないし、倦怠感もないので、真っ当には生活してはいますが、疲れますゎ。
咳というのは、かなり体力を消耗するんですね。

皆様も、お気をつけ下さい。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体