ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢一郎サンに学ぶ賢い銀行の使い方
3.5億円の土地を買うために、
4億円の現金を用意した上で、その全額を定期預金にし、
その定期預金を担保に借金して、土地の代金に充てた……。

もし口頭で聞くだけなら、「何のこっちゃ」となるし、
あまり深く考えないと、胡散臭いとしか思わない、このお金の出し入れ。
陸山会の不動産購入「事件」て、極めて胡散臭いですが、何が何やらよくわかりませんね。

今、報道されている情報にもとづき、彼(小沢一郎サン本人なのか、秘書なのか、はたまた出入りの税理士さんなのかはともかく)がどういう目論みであったか、投資家歴10年の若造の私が、その運用の極意を推察していきたい、と思います。

まず……一連の取引の舞台「信託銀行」について。信託銀行は、貯金に関してはありふれた普通預金や定期預金を提供してくれるし、今は廃れてしまったけれど「金銭信託(ビッグ等)」も提供してくれる。
が、それだけではない。
遺言の管理、それから派生する「遺言信託」などというサービスもやっています。
そんな中でも、不動産仲介事業もしている。

今のところ出てきている情報では、信託銀行と不動産会社とは別会社ということになっているけれど、譲渡契約書の写真を「○和不動産株式会社」という社印があるように見えるが(私には、○の部分を判読できない。隷書体の漢字はやはり難しい……)、信託銀行系の不動産事業子会社の可能性もあるし、当の信託銀行と事業提携している可能性もある……、この点かなり推論に弱点があるけれど、ちょっと勘弁してください。

ともかく、その信託銀行と不動産売買の仲介した機関とが何らかの提携関係にあるばあい、両者が連携することで、不動産を買う場合に有利な融資条件を出してくれることがありうる(当然、不動産販売会社から、銀行へキックバックを期待できるので。ま、信託銀行からの紹介で不動産を買う場合には、逆方向のキックバックも考えられる)。

私が、小沢さんサイドの人間だとすれば、当然値引き交渉をする。
その時、不動産会社からこういう話を持ちかけられることがあり得る。
[READ MORE...]
スポンサーサイト

テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

「あふりかん」な商店街
1/23~24の土日、亀山市のお城近くの商店街付近で、亀山大市というイベントがありました。古くは、近辺の農家のひとたちが、年に1回直に露店を出しに来る市だったのですが、今は、専門の露店商の人がテントを並べ、縁日のようになります。
もちろん(露店の影に隠れてしまうのですが……)商店街のお店も特売をやるのも重なり、数万人クラスの人出になります。

そんな中で、音楽のパフォーマンスもあり、通りがかりに私が偶然にも聞いたのは、アフリカのビート系音楽のグループ「ジャムジー」。ジャンベ5台と……なんと言ったか普通の太鼓3台、さらにコンガ1組を10人くらいで打ち鳴らし、踊る。
1曲が短くて5分長くて7分にもおよび、その間には、ジャンベのリム打ちなどで音程も変え、リズムも緩急を加え、ソロ風にひとりが細かいビートを入れたりと、とにかく激しい。ジャンベは、ジャマイカ音楽で使っているのを聞いたことがあるけれど、ここまで細かなリズムを刻まなかったから、今回は印象が違いました。
しかもそれを抱えて、ステップも踏むのです、奏者の人が。重心を後ろに移して仰け反るように演奏する時を除いて、カカトをつけずに常にステップしている……、文字で書くと簡単なことですが、5分以上この姿勢でフットワークをこなすのは、かなりシンドイのを、私は知っています(卓球経験者は語る)
普段は、自動車が通るだけ、というのは極端としても、ほとんど人通りのない商店街
にわかな、アフリカテイストは、大した刺激でした。

(追記)
露店で売るものの単価、最近はずいぶん高くなったものですね。多くの店は500円としています。
僕の子供の頃(1970年代)から物価が、2倍までは騰がっていないと思うけれど、
あの頃は、露店というと100円か200円だったのに。

たしかに広島焼とか佐世保バーガーは、見るからにボリュームあるから、格別高いとは思いませんが……、子供のお小遣いではちょっと苦しいだろうな。

50軒くらいでていた露店のうち、
300円以下のお店が5軒くらい、一番安かったのが、型抜き屋サンの150円一軒でした……。

テーマ:三重県情報 - ジャンル:地域情報

故郷を離るる歌
阪神・淡路の震災から15年。
その後の西宮から神戸にかけての都市で、復興していく様子は、
都市が「有機体」としてもつ再生力を感じざるを得ませんでした。

そこには、愛郷心と、ヒューマニズムとが、麗しいかたちで生かされ、
あらたな町の物語をつくっていきました。

だからといって、兵庫県南部にルーツを持ちつつも、
震災後、他の地域へ移り住んだ人も、多数います。
何年か前、NHKの朝のドラマでも題材になっていましたね。
移住したイナカになじめず、一方、復興させつつある「地元」への隔たりに負い目を感じながら
生きる、
それも人生。
(そりゃね、あのあたり並に洗練された都会なんて、
日本中探しても、そうそうない。だから、どこへ生活拠点を移しても、イナカと感じることでしょう~)

また、同じ町に残った人でも、持ち家の位置が変わってしまった人が沢山おられるのは、各種報道でも明かです。
そのために、1/17の未明には、今や他人の家となったもとの自宅の土地を前に、人知れず合掌していく人が見られるというのです。

人の一生のうちでさえ、そう。
在来の「日本人」だけが
同じ日本列島の中に住み続けることができる、
実は、この状態は当たり前でないのです。
災害・人災・戦争……
そんな数々の出来事をきっかけに、人は、生きる場所を探さざるを得ないのです。
もちろん、国境を越えることも少なくありません。
そんな人たちにとって、故郷は、故国は、どこなのでしょうか。
仮に故郷があるにしても、そこの構成員は、つねに変化し、外国人も入ってきます。

その人生がかかった選択を、政治で押さえ込むことができる、とおもっているならば、
その考え方は、北京政府の移住労働者(内陸農家出身者)に対する考え方と何も変わりません。

だれか任意の人にとって、故郷も自明でない
どこか任意の土地にとって、それが誰の故郷であるかも自明ではない

結局は、混ざって住むよりないのです。
今日本にある、自動車工場・電子部品工場の周辺地域で、
起きている定住外国人との混住、……必然的にそこへ行き着くのです。

そんな人々にとって、土地にとって
民族ってなんなのでしょうか、国土ってなんなのでしょうか

結局は、同じ土地をシェアする人同士で、
常にルールを構築しながら、あらたな「故郷」を作るよりありません。

外国人参政権は、いや、外国人に限らず参政権は
異なる不特定の人々が混ざって住む社会を構成しなおすための、ツールにすぎません。

政治というから、大それたものに見えるでしょう。崇高なものであり、国民固有の権利と見えることでしょう。
それを外国人に奪われると、怖れるのは、なぜですか。
怖れる理由は、考えるまでもなく、

[READ MORE...]

テーマ:外国人参政権問題 - ジャンル:政治・経済

もっとクールに!(bjリーグ09-10シーズン 滋賀-仙台第二戦)
詳しい戦評、経過報告は、追記していきますけど。
滋賀は、
百獣の王#2ゲイリーは昨日の試合でのパンチングファールによって出場停止、
#40ルーク、仁王#9ヒロさんが負傷で出場できない、
つまり、チームで1番目から3番目までの重量選手を欠き、出場可能選手の平均体重が5kgは小さくなった、……もとい、9人で試合を回さなければいけないという、苦しい事態。しかも、相手チームは東地区2位で、絶対的なインサイド陣を持つチーム。


滋賀71-88仙台
1Q 18-12
2Q 11-23
3Q 16-21
4Q 26-32

[READ MORE...]

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

雨とあなた

韓国の中波ラジオ放送で西日本まで届くものに、韓民族放送というのがある。もともとは、在外韓国人の引き締めと、在外北朝鮮籍人への工作とをかねて作られていた放送なのだが、今では対談番組と懐メロ(かな?、どうもふるーいタッチの演歌系の曲)とが掛る、まったりとした番組が続く局になっており、ときどき、「キムチチゲを食べるときにどんなものを入れるか」なんて、実に下らない聴取者インタビュー番組(爆)があったりするので、何もすることのない夜には、つれづれに聞くことがある。

研修のために、前夜泊した研修所の寮での夜(1/13深夜)。
ほんとうに何もやることがなくて、この放送局を掛けていた。
そのときに、「雨とあなた(BiWa Tangshin)」という曲が掛った。。。

捨てた(未練を断った)はずのあなたのことが甦り、
雨が降ると、心ならずも涙が出る、
といった詞が、切々とした女性の声で歌われていた。
(もちろん、全ての歌詞を聴き取れてはいない
 あとで、ネット上で調べた歌詞を、
 私なりに日本語訳したのを最後に書きますね)

聞き覚えがあるなんてもんではない。
つい2ヶ月くらい前に、DVDで借りた「ラジオスター」という映画で、中年になった一発屋のロックシンガー(男)が切々とギター弾き語りしている曲……それも20年以上前の作品。
何もかも失った男の溜息、という感じで、ロックというよりブルースといいたくなるような、いい唄になっていたので、気に入っていた。
映画での原曲はこんな感じです。
http://jp.youtube.com/watch?v=3xAEcfufzXs
[READ MORE...]

テーマ:韓国人歌手・ミュージシャン - ジャンル:音楽



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。