FC2ブログ
ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

惜別
司会者の玉置宏さん死去
2月12日15時10分配信 時事通信

この人のことを、意識して見た・聞いたのは、いつが最初だっただろう。
いまは、姉御なロックシンガーをやっている橘いずみサンが、オールナイトニッポン金曜2部でDJをやっていたころ、「意味深 言葉辞典」とのコーナーが番組にあり、玉置さんの司会をパロディしたオープニングコールをしていたあたりから、だっただろうか。お恥ずかしい話、当時私が20歳くらいで玉置さんは55歳くらい、そんな頃まで玉置サンを意識したことがなかった。……もう押しも押されもしない大司会者になっておられたからこそ、そんなパロディも成り立ったはずなのに。
(橘サンに、スタッフがなぜ彼の名前を出させたかは、このblogでは書かないことにする。この文章の品位に関わるし、だいいち、橘サンへも、玉置サンへも、失礼になるので。すべては、昔のことさね。「あれ」で大笑いしていた私の存在も含めて)

ラジオを長年聞き続けている私にとって、玉置サンは、つい去年まで15年くらい続いた「ラジオ名人寄席」というNHKラジオ第一の番組の「席亭」としての印象が強い。
この番組も、例によって、彼の名調子で始まる。

「残しておきたい江戸(上方)情緒 下座のお囃子、寄席幟
 ラジオ名人寄席 わたくしは席亭の玉置宏です。
 本日もご来場 誠にありがとうございます」

ここからは少し忘れたけれど、しばらくMCが続いてそののち、
文字通り、主に故人となった江戸落語の「名人・上手・人気者」の落語のテープを流す、という番組だった。
[READ MORE...]

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

トラックバックテーマ 第902回「冬のオリンピック、注目競技は?」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当吉久です。今日のテーマは「冬のオリンピック、注目競技は?」です。いよいよ明日よりバンクーバーオリンピックが開催されます雪不足に悩まされていたバンクーバーでしたが、会場設営も終わり、いよいよ明日より開催です!そんな冬のオリンピックフィギュアスケート、モーグル、...
トラックバックテーマ 第902回「冬のオリンピック、注目競技は?」


……どれどれ、と競技種目の表を見る。

今回は、スキージャンプ・ペアをやらないんだ。
トリノのときは、映画になったくらいなのに(<-あふぉ)

テーマ:都市伝説・噂話 - ジャンル:

湖岸・大津では亜寒帯の夜(bjリーグ09-10 滋賀-大阪第三戦)
寒いし、試合は厳しいし、午前中の自転車こぎで太股が張っているし、今日はつらい夜だぜ。
特に4Qの前半は大阪の一方的な攻勢になったのを、見ていられなかった。
けれど、ハワイ出身で寒いのが苦手なはずの#33ボビーが気を吐いたのに、今日のところは免じて。

これはピアスHCにいうべきなのか?
……もっと攻め方にオプションがあるはずだし、可能性もあるチームのはず。この試合での攻め方・守り方ともに、ムキになって1つの方法へ固執してませんでしたか?

滋賀66-75大阪
1Q 20-24
2Q 16-17
3Q 15-11
4Q 15-23
[READ MORE...]

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

磨崖仏雪中行軍(滋賀・甲賀市信楽編)
10時、信楽駅に着いたそのとき、標高が低いとはいえ、ここを高原だと意識した。
ひんやりした空気が、ダウンジャケット越しに染み入ってくる。
信楽というと古窯・信楽焼の窯元が並ぶ信楽川沿いの盆地が知られるだけだけど、実は懐が深い。南へ長いスロープを詰めていくと、伊賀の国へ直接たどり着く。そんな伊賀にもほど近い山間の集落に多羅尾というところがある。滋賀出身でわりと県内をくまなく訪れている人でも、名前を聞くだけの土地だろう。わたしもそんな1人だが、もう一つ多羅尾について、知っていることがある。
磨崖仏があることだ。
それも、相当名の知れた磨崖仏なのだ。
わたしのリストを見ても明らかなように、滋賀の湖南から伊賀そして奈良の山添あたりにかけては、磨崖仏が群れてある。それらの磨崖仏の中で、この磨崖仏が典型例とされている。とりわけ、島ヶ瀬の磨崖仏(3群ある)は、ここと同じ人が彫ったと推測されるのだという。
下調べでは、多羅尾への便は土日運休だけど、近くの六路川の集落まで市営バスが運行されているはずだった。が、停留所の立て札に付いている時刻表には、「六路川」の名前がない、あれ?と思いつつ、結局自転車を借りることに。

駅の事務所に入って自転車を借りる。全日600円、3段変速のママチャリは、なめらかに走ってくれる。これで600円は安いわ、とご機嫌だったのは、最初の20分ほどだった。
[READ MORE...]

テーマ:滋賀県を・・・ - ジャンル:地域情報

季節を司るもの
NHKラジオ第一で本日21:30まで、H栄養専門学校の学長だったかの半可通なお人が、食育のことについて滔々と持論を述べていた。
いろいろ突っ込みたいことがあるけれど、自然科学の学徒として、どうしても許せないことがあるので、ここに指摘しておく。

「旬を大切にするために、太陰暦に従って、私は料理を出します。月の運行に従って考えることは、東洋の人間として自然なことなのです。西洋の暦である太陽暦に従うことは、よくありません」

私の理解するところでは、旬というのは、季節依存するものである。
季節の変化は、太陽の運行によって決まるものであり
月の運行とは関係ない。(古い暦学的な言い方にさせてくださいね、「地球が太陽を回るときの、位相によって」というのが正しいのはわかっているけれど、これは、暦を考えるときには実感しにくいので)



[READ MORE...]

テーマ:心と体にいいことはじめよう! - ジャンル:心と身体