FC2ブログ
ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

あふれるもの・たりないもの
春闘真っ最中。

連合のホームページを、試しに見て下さいな。

そこにあふれるもの。
マイケル・ムーアの顔(「金融資本主義という野獣を止めなければならない」だってさ*)
正規雇用の人々の待遇改善・賃金水準の交渉妥結情報
男女共同参画社会についての、見解の数々。

そこにほとんどないもの。
非正規雇用の人々の待遇改善についての、交渉情報


今年も去年に続いて、要求段階では、「非正規雇用の人々の待遇改善」が謳われていました。
あの要求は、いったいどこに行ったのでしょうね

一体どこに行ったのでしょうね

一体どこに行ったのでしょうね

(*マイケルムーアの僕ちゃんへ
 マネー資本主義が暴走しているのでなくて、年金なんかの長期運用機関、政府系ファンドなんかが、”お客様”からのお金を増やすのを義務づけられているので、使い慣れない大きなお金を振り回しているだけなんですよ。お金の出所は、僕ちゃんも含めて、みんなの貯金と年金、あとはアメリカもだろうけど、「国民の利益になるから」という大義名分で国民から預かっている政府のお金。
つまりは、みーんなの「幸せな将来のため」の蓄えが、形を変えて「利子」を探し回っているだけなんですよ。
 その猛獣が怖い・許せないと思うなら、僕ちゃんの蓄えもぜーんぶタンス預金にしてしまえば、万事解決。
え?そうすると、僕ちゃんのおとーさんの世代のような、利回りで「老後の蓄え」を増やせないって?。いいやん、どっちにしても、先進国では物価が上がる様子もないし……爆
デメリットはそれだけだから、はやいところ、お金を引き上げれば?)

テーマ:労働運動 - ジャンル:政治・経済

歳月
春闘中ということもあってか、会社の組合の上部組織が発行する公報紙が、職場の机の上に置いてあった。
最後のページに、組合員さんに趣味とかをインタビューする欄があって、2人分が掲載されていた。
そのうちのひとり、女の人の名前に見覚えがあった。K.Y……大学の同期生と同姓同名。漢字まで一緒だ。しかし、いかにもオバサマな雰囲気の人であり、その同期生の覚えている面影……髪をアップにしていて、メタルフレームの眼鏡を掛けていた、からはほど遠い。
だが、顔の輪郭とか、目の感じとか、そして何より、今の彼女の年齢から考え、たぶん当人に間違いない。
大学卒業から、20年弱。しかも、彼女とは、大学3回生くらいまでしか会うことがなかったから、20歳のころからの歳月を思い知らされたようだ。
[READ MORE...]

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

音に聞く鼓ヶ滝へうち出でて
表題は、講談や落語になっている西行法師の伝説
この逸話の舞台になっているのは、有馬温泉にある鼓滝。

今回訪れたのは、有馬温泉ではなく、富山の小矢部市郊外にある鼓滝。
鼓滝全景


JR石動駅から北西に4kmばかりのところにある、矢波という集落から川沿いに、県境へ向かっていく道。想像するに北陸道の裏街道としても使われていた道でもあると思います。

民営バスはもはや廃止されていて、市営バスに切り替えられているのだが、土曜休日は運休という、ありがちな事態もあって、駅から歩きで訪れました。


[READ MORE...]

テーマ:旅先で見つけたもの - ジャンル:旅行

恒例・今週の試合開始前ウォーキング(高岡編)
高岡駅から西へ焼く5kmにある今回の会場。
これくらいの距離に負けない私です。小雨の中、約2時間かけて歩きました。豊橋の総合体育館の時と違って、楽しかった~。

(その1:なぜそこに!?)
名所である赤レンガの銀行(その2参照)をめざし、駅を降りてしばらく線路沿いに歩く。と駅前の大駐車場に、大きなオレンジ色のバスの後ろ姿を発見。ってなんで、こんなところにレイクスターズの遠征バスが停まっているの?しかも、中には、運転手さんだけ。早く行かないと遅刻するよ(笑)
駅前で休止中(試合開始2.5時間前)


(その1’バス後刻談)
体育館というのか、三協アルミの工場がある波岡(町名)へ向かう県道を歩くうち、そのオレンジ/青色のツートンのバスに抜かれる。
一番扉に近い、夜行バス指定でいう”1A”の席には、BigバシACのお体が聳えてました。外からでも分かるというあたり……(以下略)。さすがは富山の前HC、運転手さんにナビでもされてました?

(その2 いい味だしてる銀行×2)
市街地の一番にぎやかなところにある、富山銀行の支店と、富山第一銀行の支店。通りをはさんで斜め向かいにある。まず目を引くのは、富山銀行のほう。赤レンガの壁にりょくしょうの屋根が掛かったフランス風の洋館で、私が写真を撮っている間に2人写真を撮っている位の人気者。
富山銀行の支店

が、第一銀行の支店も斬新。高さ3mくらいのガラス窓を通りに面して填めているのだけど、その角度がオーバーハングになっている。
さらに、ちょっとおしゃれだったのが、それらの窓のうち、広告を入れるスペースになっているところ。
折り紙の雛人形が、なんともかわいいです。
第一銀行もがんばる


(その3 キューポラがあった町)
市内を抜けて川を渡った橋の西詰、
つまり市街地と川をはさんだ向かいに、銅加工の職人サンの町がある。その名も金屋町。県道の大通りから北へ入ると、酸素ボンベを軒先に置いた家や、屋根の上に換気扇を設けた煙抜きをつけたトタン張りの小屋もある。そんな中に銅工芸の比較的大きな会社が所有する駐車場があって、その端に高さ30mくらいの煙突が残っている。
銅材料を溶かすための、キューポラの跡だという。
坩堝にあたるキューポラそのものは外されており、炉への吸気口が塞がれていたりして、面影をとどめるだけ。仕組みも素朴なものだけれど、使い込んだもの独特の味がありませんか?
煙突部分 炉の部分

テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報

ついでがあったもんで、ちょっと高岡まで(bjリーグ09-10シーズン 富山-滋賀第1戦レポート)
磨崖仏を見たいというついでもあったもので(嘘つけ!>自分)、富山県は高岡市郊外の竹平記念体育館まで行ってきました。
この体育館は、もともと三協アルミさんの工場に付属した私企業の体育館だったもの。雪国なのもなんのその、扁平なドーム屋根を乗せる立派な体育館。

滋賀にも三重にもこんな立派な体育館ないぞ
さすがお金持ちな会社がしかも本社を残している県だわ、
と言うお話はともかく、
今回も負け試合。
これで観戦通算3勝13敗。今シーズンは2勝7敗、とても
勝ち越しているチームを応援しにいっているとは思えない(今シーズン21勝19敗。3/14現在)

滋賀73-84富山
1Q 15-15
2Q 19-18
3Q 16-18
4Q 23-33
[READ MORE...]

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ