ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「旅行者」たちよ
神保町に戻ってきて、映画「冬の小鳥」を鑑賞。

この、はっきりいって重い映画を見ようと思った直接のきっかけは、
去年韓国を旅したとき、その最終日の未明に見た無言のTV番組を思い出したからでした。
当時の記事に書いたように、
非常に近い昔の話として、もらい子として(主に欧米へ)引き取られていく子供が、そのルーツを求めて、
「母さん、連絡下さい」と訴えている現実があります。

この映画が、まさにそのもらい子の現場を、子供視線から描いたものです。
時に1975年‥‥主人公の女の子が9歳が、実の父親によって、孤児院に置きざられるところから、物語がスタートします。

私と同じ生まれ年の子が、この映画が展開される孤児院の女の子の中にもいます(当時、私は6歳です)。
これは、韓国独特のことなのだ、豊かな(物質的にも、親子の絆でも)日本ではおき得ないことだ、と、
人々は言い張るかもしれません。
が、決して豊かな地域で生まれ育ったわけでない私は、身にしみて知っています。
少なくとも絵空事ではないのだと、
「川で拾われてきた子供」という中傷が、まったくのシャレではすみそうになかった社会が、
この日本にも、わずか35年前に存在していたことを。

‥‥そんな境遇の女の子たちが、親に捨てられたという現実と折り合いをつけていくまでの姿を、
子供の目線の高さから語られていました。
その目線では、大人たちの顔は見えず、だから、その言葉が表情を伴うことなく耳に届きます。だから、大人からするとなんでもないことばが、「嘘」となって突き刺さる。
そして、茨や土が、その身や心を守るための道具として、非常に近しい存在となって現れます。
言葉少なな彼女たちを、そのような道具立ての中で「語らせ」て物語が展開していきます。

そして、もうひとつ重要なこと、その孤児院は、院長さんを除いて女性ばかりの世界であるということ。
[READ MORE...]
スポンサーサイト

テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

3D映像表示はどう展開するのか
さて、ここからが、私の技術者としての興味の本題です。
各社の3DTVを見て、またホログラムでの投影も比較してみて、
人間が求める立体映像って、どういうものなのだろう、と改めて考えてしまいました。

立体表示の最も原始的なものとして、ピープショー(覗きからくり、と日本語ではいいます)があります。
ピープショーの具体例は、画家の吉田稔美さんのお仕事で私は知ったのですが、
なかなか美術品としても面白いですし、仕掛け自体が単純なわりにしっかりと立体に見えるという優れものですので、みなさんも、彼女のHPや、作品展でぜひ見てください。

(吉田稔美さんによるピープショーの解説
 http://www.nevergirls.in-www.jp/peepshow-info.html )

このように覗き込むことで、(1)視野いっぱいに立体世界が展開し、(2)距離を詰めて見ることで、左右の視差を強調し、奥行き感も実際以上に知覚され、(3)しかも目を近づけてみるので、適度なボケ(カメラ風にいうと、「焦点深度が足らずに、近景か遠景かどちらかがボケる」)がおきて、立体視が強調されている、というものです。
今の3Dテレビでは、(2)だけを用いています。まだ、TVのレベルでは、(1)のように視野いっぱいに画像を展開することができないですし(大金持ちで、壁中をTVにしたら別ですが)、つまりは、TVという枠の中での浮き上がり/沈み込みに過ぎません。
もちろん、それで十分、という言い分は、私もわかります。現に、TV自体が、数十年、「額縁の中の出来事」を映像として見るように人々との約束が成立していたからです。
そしてそのような、映像に慣れているというせいもあるでしょう。TVのカメラワークでカメラが人と人との間をすり抜ける、という動きを意識的に避けているという事実があります、つまり額縁の中にある「箱庭世界」へ、私たちが入ることがなく、万一それをやったら、すごく違和感が発生するのです。
(このあたりのことは、映画監督の矢口史靖さんが、「Swing Girls」の”いのしし襲撃”のシーンで見つけた、「静止している世界にカメラが入ってはいけない」という映像の原則にも一致します。


が、です。本当にわれわれが映像に求めていることは、それだけなのでしょうか。

[READ MORE...]

テーマ:映像・アニメーション - ジャンル:学問・文化・芸術

本日は、東京のネット喫茶より
自宅のPCが沈没中、
ではどこから、といいますと、今夜はネット喫茶から。
というのは、東京へ弾丸ツアーで来ているのです。

ここにいう弾丸ツアーとは、
 往復は夜行バス、間の1晩もネット喫茶(シャワーつき)で仮眠、という強行軍。
そこまでして何を見に来たか、
主目的は、CEATEC、電機電子情報系の総合展示会‥‥、本日、それの一般公開日だったのです。
三重に引っ越してから5年間、ずーっと見ていなかったのですが、
スマートグリッドから、3Dテレビまで、今年は新しいことが目白押しとなっている電機業界。
勉強のために、見ていく必要あり、
と意気込んで、東京までやってきたのです。

会場は、いつものように幕張メッセ。
隣では、千葉マリンスタジアムで、マリーンズの試合のパブリックビューイングがなされているということもあってか、あたりは相当な人出でした。

家電メーカが力づくで(失礼)大型のフラットパネルTVを並べて壮大な舞台を作っている中、
一番見るべきものがあったのは、三菱電機だ、と私は軍配を上げます。

人工衛星「みちびき」の発信機とアンテナ部分、そしてそこにも積んでいるイオンエンジンの改良版(本体との比較でいうと、かなり小さなものです。素人目には心もとないくらい)。正しいネトウヨ、もとい愛国者は、ここに来てほう摺りするべきだったでしょうに‥‥、いがいと見てる人はクールに眺め、質問もしていませんでした。
それにもまして、もっとも驚いたのは、レーザーTV。光源、いや画素を半導体レーザーにしたというものです。
黒の沈み方が今までにみたことがないくらい。CRTだって残光でほのかに光っているのに、このTVでは光っている気配もない。厚みと考え合わせても、かなりすごい商品です。


[READ MORE...]

テーマ:知っておいて損はない!! - ジャンル:ビジネス

いろいろ壊れる季節です。
就職してからの一人住まいも、15年を超え、
当時、少しずつ買い揃えたものが、次々に不調に陥ってます。


まずはPC。
かのHPが日本から一度撤退する前に買った、デスクトップ型。
かれこれ8年使っていました、ディスクの整理やら、ソフトの乗せ代えやら、手入れをしてましたが、
先月17日にいよいよご臨終。
メインの電源が入らなくなったのです。
中を開けて見ると、スイッチング電源の電解コンデンサが膨らみはじめている。
これは怖い、ということで、買い替えをやっと決意‥‥、なのですが、
このところの円高で、余計な金があったら、外貨を買っておきたいくらいなので、後回しとなっています。

というわけで、このBlogも、まだ半月くらいは放置になりそうです。面目のしだいもないです。

もうひとつが、アイワ製のミニコンポ。アイワというあたりが、もうレトロという感じがしなくもない(苦笑)
このミニコンポは、FMの文字放送に対応した機種で、小さなモノトーンの液晶画面がついているもの。
非常に希少な機種なのはともかくも、
その液晶画面が真っ黒になって、動きもしなくなったのです。
これでは、ラジオの選局もできない。
スピーカーは痛んでいないのに、○×△‥‥。

この冬は、物入りになりそうな予感。

テーマ:アラフォー - ジャンル:日記

本当に終わってしまったよ
下に書いたように、名古屋のFM局「Radio-i」が、放送終了となりました。
ラジオマニアの私でも、少なくとも国内では聞いたことがなかった事態です。
正確には、私が聞いたことがないのもあたりまえ、コミュニティーFMを除いて、はじめての放送免許返上だった
と、新聞も報じていました。

池田信夫さんがしきりに指摘されてますが、放送業界は免許で守られています。‥‥正確には、参入企業の数に物理的に制限があるので、政府が管理している、というべきなのですが、新規参入を免許が阻害しているのには、違いがありません。
それでもなおかつ、免許を手放し、会社を整理すると決断する業者がでてきた(しかも、比較的運営にお金がかからないFM局で)というのは、時代の変わり目を如実にあらわしているのでしょう。


強がってみても、放送業界‥‥電波を使って選択権を視聴者に与えないかたちで情報を送り続けるという報道に、広告がつかなくなってきた、という事実を認めないといけません。

挑発的なことをいうけれど
「ラジオは、一人一人とのつながりを大事にするメディアです」
という”お題目”は、作り手とリスナーとの「お約束」に過ぎません。
その「お約束」を、どう突破していくのですか?答えはどの方向にあるのですか?
重い問いですよね。

最後に、Radio-iのラストコールをここに書き写し、しばし瞑目したいと思います。
2010年9月30日23時59分ごろ
Thanks To The musicという曲の終わりとともに、マイナーコードのピアノソロにBGMが切り替わり‥‥

「JOGW-FM こちらはRADIO-i、愛知国際放送です。
 名古屋 送信周波数79.5MHz 出力5kW
 豊橋  送信周波数82.0MHz 出力50W
 浜松  送信周波数79.9MHz 出力100Wで
 2000年4月1日より、10年6ヶ月にわたってお送りしてまいりました。

 JOGW-FM こちらはRADIO-i、愛知国際放送です。
 これをもちまして、当局の放送を全て終了させていただきます。
 永らくのご声援、本当にありがとうございました」

テーマ:FMラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。