ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いらっしゃいませ~」
関東圏でメーカー派遣の売り子さんとして、丁稚修行にいそしむ、自称仙人でごさいます。

見学をかねて、自社の事務所に出勤した日には、その帰りに、秋葉原にも寄ったのですが、
免税店がかなりとんでもない状態ですね。
店頭に、日本人の店員さんが着物姿で、まさに客引きとして立ち、
実際の販売応対を、中国人の店員さんが行っている。
売れる商品は

私は、秋葉原から50kmくらい離れた郊外のお店に勤務中。
こちらでも、外国人(日本での住人)の人たちが来店されます。

ここ2日の間にも、日本人と東南アジア系のご夫婦、中国人の留学生(伝票を書くとき、姓名をお聞きしてわかった)、そしてついに、たぶんスペイン語と思われる言葉(ポルトガル語ではない)を仲間うちで連発する3人組の若い人まで現れました。

2日の間に接客したのは計50組くらい。その中で計5組ですから、在日外国人の割合は約1割ということになりますでしょうか。
いやおうなく、そういう時代が来ているわけです。
スポンサーサイト

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

女子棒高跳び
滋賀レイクスターズの運営会社に、女子の陸上競技の選手が1人いる。
我孫子智美サンという人で、今年大学を卒業したばかりの、棒高跳びの選手だ。

え?女子で棒高跳びをやる人がいるの?と私は、そこからして無知だったのですが、
会社としては本職のバスケットの選手ではなく、陸上の選手を全日本の代表に送り込んでいるのだから、
なんだか、すごい話。

そして、今夕、アジア大会をやっている広州から朗報。
彼女が3位に滑り込んだとのこと。
http://www.gz2010.cn/info/ENG_ENG/ZB/ZBB101A_AT@@@@@@@@@@@@@@@ENG_number=232606.html

記録4m15㎝‥‥1位が4m30㎝だから、まだ大きな差が残っているし、
また自己ベストに5㎝届かない記録だったから、ちょっと本人的には、物足りないかもしれないが‥‥。
返す返すも、バスケットのチームの収益で、こういう選手の活動を支えられるのだから、
いい話です。おまけに、ニュースにもしっかり、
「滋賀レイクスターズ」の名が入っていますし(笑)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101124-00000150-jij-spo

というわけで、今夜は遠く東京から祝杯です。

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

問題発言か?
必ずしも、リバタリアンとしての意見ではないかもしれないけれど……。

仙谷官房長官の「自衛隊は暴力装置」という言葉を、
「問題発言」と考えることのほうが、危険。

政府、とりわけ「自衛隊」のような突出した武力と強制力を持つ機関(日本列島においての独占機関)に、
「現場の人ががんばっているのを、侮辱する発言」とかいって、警戒心すら解くように、政治家へ強いてはならない。

「現場の人が……」という軍を擁護する発言は、2・26事件でもしきりに言われて、その決起を正当化するための道具となっていました。朝日新聞の縮刷とかを見られたら、わかるのでないかな……
今回も、朝日新聞が結構問題視しているのに、恐怖を感じる

テーマ:日本を正常な国に戻したい - ジャンル:政治・経済

恥ずかしながらも
昨日の夜、首都圏へ5年半ぶりに引っ越しました。
といっても、昨夜は、ホテル泊まり。今日午後から、荷物受け取りです。

ちょっと前に先走って、多摩川沿いのどこかに住みそう、と書いてましたが、
向こう4ヶ月は、荒川沿いの下町にある、ウィークリーマンション住まい(本格配属が決まるまで)

というわけで、初めての町、南千住でちょっと時間つぶし中(担当の不動産屋さんが、11時までお店が開かない)
南千住って、特殊な構造の駅で、隣の貨物の駅「隅田川駅」によって駅前が分断されてるんですね。
はじめての人間が、夜に行くと、結構迷うことになります。

この貨物の駅が、また広大なこと。夜景も面白かった…。

以上、恥ずかしながら帰ってまいりました、の第一報でした。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

滋賀・湖東の鉄道的文化財
土曜日に滋賀レイクスターズと仙台89ersの試合を、東近江市(八日市)へ観戦に行きました。
はっきりいって、厳しく疲れた試合で、レポートを書くのに詰まっています。
が、その試合前に、ちょっと味な駅を訪れましたので、レポートします。

八日市付近には、近江鉄道というローカル私鉄が走っています。西武のお古の車両を数両つないだ列車が、30分~1時間に1本、カタコト走っているという路線です。

まず降りたのが、貴生川(甲賀市)と八日市(東近江市)の中間にある「日野駅」
北方面のプラットフォームには、木造の片側流れ屋根がかかっています。黒ずんだ板張りの屋根は、その間口は2.5mくらいがあり、なかなかの存在感があります。……それ自体はかなりの存在感ではあるのです……が、それより存在感のあるのは、西に広がる平原。一面田んぼが続いており、ここが近江盆地であるのを忘れそう。おまけにそのうえに広がる空も当然広い。

日野駅


ものの大きさの印象は、絶対値ではなく、相対比較で決まる。
よって、
プラットフォームにかかる屋根がなにやらかわいいく見えてしまうのでした。
[READ MORE...]

テーマ:滋賀県情報 - ジャンル:地域情報



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。