ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年総括
ご覧の皆様
今年も、陰ひなたにご支援、突っ込みをいただき、ありがとうございました。

このLOGで、今年の最後となります。

今年、‥‥政治、経済ともに迷い道に入ったような、日本社会のありさまでしたが、
みなさんいかがでしたでしょうか。

私には、
大きな変わり目‥‥ちょうど潮の満ち引きの変わり目で、海面に渦ができるような状態と見えました。
政治の組織(法体系)や、事業体のありようといった個々の不具合が原因ではなく

人々の行動のルールといいますか、行動様式が大きく変わろうとしている兆候をいくつも見ました。
ウィキリークスのような情報漏えいのこともしかり
無縁社会のような、人の生き死にの管理の問題もしかり
モノづくりの企業体が、どんどん技術者を減らしていることもしかり。

ドラッカー氏は、ネクストソサエティーという著書の中で、10年近く前に指摘していた警句
「It's the Society STUPID(ばかだね、それらは「社会」の問題なんだよ)」
をしっかり認識する必要を、私は感じています。
もっともここで「社会」というのは、「問題は社会のせいなのだ」と議論を拡散させる意図ではありません。

社会を構成する要素‥‥人の社交のありかた‥‥がどのような形で、再度の平衡に至るのか、という問題意識でいます。
その答えは少なくとも、他者に責任を押し付ける「ポピュリズム」になってはなりません。
そこに気を付けながら、リバタリアンな考えを普及したいところでもあります。

ではよいお年を。
スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

既存の学習コンテンツプロジェクト
ちょっと自身のリンク集がわりに、
日本における在日外国人教育についての、先例をここに紹介していくことにします。
政府・地方公共団体は、まさに「先生の力量を信じる」の一本張りですが、
民間主導‥‥とりわけ三井物産の助成により、
いくらかプロジェクトが動いているようですね。

私も、勉強しながら、なんらかのお助けになれば‥‥と思っています。

東京外大の多言語多文化研究センター

テーマ:ラテンアメリカ・中南米 - ジャンル:政治・経済

元祖日葡辞書拝見
9月、高らかに宣言した「天文版日葡辞書」の件、
少しずつですが、準備中です。
けど‥‥、種本とするようないい本が案外ないんですね。
私の理想としては、小学校高学年~中学生向けの説明に役立てられる用語集と言い回しのフレーズブックなんですが
もちろんそのようなもののたとえば英和版もないし
また、用語集が充実した観望ガイド本というのもない。

というわけで、役立ちそうな本がありましたら、紹介ください。

さて、今回は、
先人の偉業を確かめるべく、
国会図書館にいって、慶長版の日葡辞書を拝見することにしました。

(以下未完)

追記
ついでといってはなんですが、在日ブラジル人学校の現状やブラジルやペルーの学校教育についても調べてきました。
在日子弟の就学状況にも、驚きの連続でしたが、それ以上に驚いたことに、
なんと、ブラジルの中学校までのカリキュラムに、地学分野がないのですね、
これは、ますます基礎的なところから書く必要があるかな?
とするとどんな本がいいのだろう‥‥。

テーマ:翻訳勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術

地球の裏側で定期預金を作ってみる(定期貯金作成編)
4月に地球の裏側で定期預金を作ってみる(口座開設編)といって、そのままになっていた件、
年末のキャンペーンにのっかる形で、定期預金を実際に作りました。

といっても、最低金額の1万レアルだけですがね。
1万レアルというと、51.2万円くらい、結構覚悟を要する金額でした。

ブラジル銀行の名古屋支店で開いた口座に、結局名古屋時代には定期を作ることができず、
東京の支店で作るというのは、奇妙な感じ。

しかも、その東京支店が、別途送金用に作っていた韓国外換銀行の東京支店と同じビル(有楽町の新国際ビル)の同じ1階フロアにあるというのも、奇遇です。

店頭にいくと、白人で天然パーマ気味のメガネをかけた方が窓口にいて、日本語で応対してもらえました。
時々「金利」などという言葉が出ず、英語になったりしましたが
問題なしでした。
そういえば、名古屋の口座を開く際に応対くださった、日系人のNさん、お元気だろうか‥‥。

ブラジルの金利は先高感があるのですが(インフレに対応するため)
2年定期で6.25%というところに納得して、手を打ちました。
もっとも、往復の為替手数料が5%程度になるので、
2年で満足いく利息が得られそうです。

日本・ブラジルの両方の休日を印刷してある、ポルトガル語のカレンダーをいただき、
計40分で手続き完了となりました。
[READ MORE...]

テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

ときに、ゼリーフライとはなんぞや(bjリーグ埼玉-大分 第二戦観戦記)
こちらに来て2回目の、土日の休みが取れた、この週末。

かねてから気になっていた、埼玉ブロンコスの試合を見に、埼玉県の行田市まで行ってきました。

昨シーズンの終盤、マイキーを緊急補強するために解雇した、ボビーナッシュ‥‥そう、あのミラクル、マジカルな3点シュートを決めてくれるハワイアンが、こちらのチームに移ってきているのです。
ただ移ってくるだけではなく、彼のおやじさんがHCとして赴任する、という濃さ。

彼に対しては、気まずさというのか未練というのか、うまく言えないのですが、複雑な気持ちがあった一方、
今年も日本でプレーをしている、という事実。
それも、彼を追うようにして私自身も、所属チームの近所に転勤になったという機縁、
‥‥ということで見に行くことにしたのです。
が、待て。私は滋賀では負け試合を呼ぶことでは、自覚もあった身(ここまでの滋賀の応援では、6勝15敗。チームの全勝敗は11月までで59勝63敗)。
ありていにいって負けが込んでいる埼玉ブロンコスの応援に、いっていいものなのか、ためらいがありました(涙)。

そんな不安な私を乗っけて、行田までの道のりに秩父鉄道を走っていた車両は、昭和38年製
なんだか、揺れ方からして不安だったのに、もっと不安なのですけど‥‥(苦笑)

という裏話は、これくらいにして。

結果からいいますと、

勝ちです
それも、最終的な得点だけを書いたら、快勝といっていいでしょう。
手放しでは、ナイスゲームとは言えませんが、
なんかおととしの滋賀レイクスターズのような、ちょっと胃に来る勝ちでした。

埼玉87-75大分
1Q  27-8
2Q  13-11
3Q  22-17
4Q  25-39
[READ MORE...]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。