ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPP?TPP!
こんだけかしましく議論されながら、ほとんどブラックボックスのTPP。
賛成も反対もあったもんではないですね。

自由貿易、いやもっと大きく国を超えた経済の自由には、絶対的な支持をしてはいるけれど、
今回の提案には、唐突な横車、と私は感じてしまう。

2国間のEPA、ASEAN+3‥‥という数々の先行した試みでの交渉をうっちゃって、
今できのものに乗っかろうとしている拙速さがどこからでてきたかを考えてみると、
結局、自分たちが主導権を握りたいだけでないの?と勘繰ってしまう。

ASEANなら、在来のASEAN諸国が主導権を絶対的に握るだろう
二国間交渉ならば、どうしても「譲歩」のほうが目立ってしまって、英雄になれないし
  (韓国のノムヒョンは、これでずいぶんたたかれました)
だったら白紙に近いTPPで、日本の言い分とやらを通したい、という気持ちになって奮い立っているんだろな。
‥‥早く参加すれば、日本に有利な条件で参入できる、などと言っているあたりなどが、いかにもそんな気持ちを表している。

しかし、少なくとも今の参加予定国の名前を見ると、
日本と米国とが突出して経済規模が大きい。こんなアンバランスな多国間経済協定がありうるか?
これでは池の中に、クジラを2頭放つようなもの。
このアンバランスさのゆえに、
日米にとっては、交易拡大につながらない。
いっぽう、小国にすれば、大国に翻弄されるだけ。

いっぽうASEANを基軸にした経済関係ならば、いざとなったらASEANの現加盟国がまとまって、中国や日本に対抗することができるだろう。
日本が参入するためには、相応の人口規模や経済規模をそなえた団体でなければ、単なるお山の大将の自己満足に終わってしまう。

日本経済界よ、ゆめゆめ池の中のクジラになることなかれ。
スポンサーサイト

テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済

韓国文化院図書映像資料室にて
さて、その大使館の建物を3階まで上がって、映像資料室を利用。
小さな町の公立図書館程度の大きさで、開架の資料は1000冊前後のはずですが、
8割方が、韓国で出版の本。その意味では、日本ではそう簡単には手にすることができない資料がありそう。
普段なら17時で閉館ですが、今日水曜日は21時まで開館。
のーんびりと、コバウおじさん(韓国の複数の新聞にまたがって、長年連載され続けた連載4コマ漫画)の全集を読んだりしつつ、
本来の目的である、磨崖仏のネタ探し。

やはり少ないながらも、同じような問題意識を持った人が韓国にもおられるようですね。こんな著書がありました。

「韓國古代佛教彫刻比較研究」(金理那著 2003年 Munye出版社)
三国時代から統一新羅までの仏像などの彫刻を、時系列的な比較と、三国時代については、中国、日本との比較をしている。
総ページ数401ページ。内石仏関係が1/3程度
貸出期限の2週間の間に、どの程度訳すことができるかな‥‥。

テーマ:韓国 - ジャンル:海外情報

Beyond Craft展(在日韓国大使館・韓国文化院)
期間:2011年1月18日~22日
場所:在日韓国大使館(東京四谷)

平日の休みを有効活用するためにも、平日中心に開館する施設を使ってみたいと思い、
併設されている韓国文化院の資料室に行くつもりが、その1階でやっていた、現代工芸の作家さんたちの合同展に迷い込んでしまいました。

木を削りだした本状の立体の上に、金属活字を載せて作品化するLEE YONG KEE氏、広口の茶碗を基本形にしながらそれに変容をくわえて並べるHONG CHAN HYO氏、器に彩色した小物を規則的に並べ都市空間を模写するKIM SANG HO氏、そして染色した絹へシルクスクリーンの不規則な模様を加えるBAE SUN JU氏の4人による、共同展です。

私としては、KIM SANG HOさんの作品が気になりました。
ポジャギの要領で半針返しで縫い合わせしつつ、一部では折り紙的な技法での折り返りを入れたりして、8色くらいの布を組み合わせています。ポジャギのような広がり(展開)があるのではなく、そのユニットを1回分で完結している。
シンプルでもあり、鮮烈でもあり。

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

手負いのえべっさんは怖いぞよ(bjリーグ 埼玉-大阪 第一戦観戦記)
忙しさにかまけて、先週の土曜日の埼玉ブロンコスの春日部での試合のレポートを、
いまごろUPします。

今回の対戦相手は、西地区1位の大阪エベッサ。HCのブラッドウェルさんには(当時現役)、私が滋賀を応援していたときには、
さんざん痛い目に合わされましたし、凛・ワシントン将軍‥‥でなかった、リン選手にはこれまた痛い目にさんざんあわされたますので、いかに日本人選手にけが人が出ているといっても、怖い存在という意識が強い。
ほら、昔からいうじゃないですか
手負いの恵比寿様に近づくなって

 埼玉87-75大阪
1Q  21-16
2Q  14-14
3Q  12-22
4Q  29-12

埼玉は序盤から、#11ケニーの3Pシュート、#22ゴートンのダンクも決まり、嗚呼大阪のインサイド崩壊、と思ったものですが、
3Qで、大阪と同様に埼玉もインサイドへダダ漏れの状態になり、むしろ大阪の#50マーシャル選手の思いっきりいい飛びつきにオフェンスリバウンドを奪われて大量失点につながりました。‥‥と感じてしまうんですよ、実際にはそれほどの失点ではないのですが、やはり遅行作戦で相手を蟻地獄に巻き込むタイプのチームとしてはですね‥‥。
そんななかで、得点はともかく突破すら苦しかった3Qの中盤の時間帯で、果敢に切り込み3本もぎ取った#10波多野サンに、私としては最大の賛辞を!
そして、我慢我慢の3Qを乗り越え、終盤に#9北向の3Pのラッシュ、そして満を持して現れた#51ブラウンのリバウンド収集ぶりで、一気の逆転勝ち。

試合が終わった瞬間、
おー、という感じでスタンドが総立ちになりました。
4位までの先は長いけれど、ともかくもリズムよく、6連勝です。
このリズムの良さがあれば、当分怖いものなしと、私は思いますよ(勝てるかどうかはともかく、大崩れはないと思います)

[READ MORE...]

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

凍える応援団
本日は、茨城県南部のお店へ、応援に入る。
電車で茨城に入った瞬間、あたりが雪化粧しているのに、ビビる。
すり減った革靴で雪道を歩くなんて、心の準備が。

幸いにして、夜半に積もった雪は、まだ凍てる前で、
靴は、ふんわり雪に食い込むだけ。心地いいですね。

しかし、この寒さは、かなりのもの。
10時現在で、氷点下とは、東京とはずいぶん気温が違うものですね。

テーマ:アギャ――――('Д`;) - ジャンル:日記



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。