ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こうして資本主義は終わっていくのか
経営陣による上場会社の株の買戻しが相次いでいるのを、東京証券取引所の社長が批判している、とのニュースが昨日流れた。

株主への説明責任回避が目的のMBO、投資家を愚弄=東証社長
ロイター 2月22日(火)16時26分配信

日本の会社‥‥とりわけ事業会社で内部留保ばかりが積み上げられていくことも含め、
今や、「資本」が事業会社には必要でなくなっているのだ。
もともと、資本主義が成立した理由として、出資してもらわなければ生産できない、という状態、言い換えれば、産業が巨大化するスピードに、社会の資本蓄積が追いつかないときに、債券よりも出資者がより優位になりうる条件でお金を集める必要があったからだ。
足りないお金を出せる、だからこそ、資産家の発言権が大きくなり、
事業会社を支配できる、と思われてきていた。
しかし、今は、そのお金を恐れない会社が増えてきている。

思えば、ここ10年くらいの電子部品業界での巨大工場建設あたりが、最後となって、
以降、「資本」が活躍する機会がどんどん減っている。
その一方で社会には、年金が主導する形で、資本があふれている。
それどころか、会社自体が資金を内部留保で抱き込んで、持っていき場をなくしている。

現在、一見したところでは、金融機関がレバレッジを利かせた資金力をもって、社会を翻弄しているように見える。
だが実態は、レバレッジをかけて資金を膨らませないと、資金で会社へモノを言えなくなっている、というべき現象なのだ。
資金があふれたゆえに、資本家が希薄になった産業社会。
外部資本の出番がなくなると、何も株式公開をしていく必要もない。
と、考えると、資本が強くなったゆえに、資本主義の経営手法を取る必然性が、なくなっているとわかる。

‥‥仏教用語でいうと、五蘊盛苦とでもいうのか。資本は「盛んであるがゆえの苦しんでいる」

世間で言われる意味合いとは、ずいぶん違うと思うが、
気づかれないうちに、資本主義は終わりつつあるようだ。
スポンサーサイト

テーマ:経営 - ジャンル:政治・経済

collective intelligence(大前研一著「「知の衰退」からいかに脱出するか」から考えた)
大前研一サンが数年前出したていた「「知の衰退」からいかに脱出するか?」の新版が出ていたので、購入し読了‥‥といっても、旧版のほうは、立ち読みした程度だったので、実質はじめて読む本でした。

この本に述べている範囲においては、彼の言っている内容は非常に合理的で、納得の得やすい提案が並んでいる。が、彼が本来この本で提起しようとしている、
「”集団IQ”の向上」につながる提案がないのが不思議であった。

彼がいう集団IQという概念が、彼自身の中で未整理な様子も感じられ、そのせいなのかもな、とも思える。

集団IQ‥‥術語として考えれば、明らかな矛盾を持つ語だけど、彼はこの語で二つの概念を表そうとしている。

 ・集合知(collective intelligence)
 ・エスニック集団が形成する合意の合理性


前者は、まさにエスニック集団などに関係なく、テーマに依存して参加者が入れ替わり、(仮想的な)公共空間で構成されていく知であり
後者は、エスニック集団(しきりに「日本人」という言葉が出てくる)が知恵を出し合い合意形成する、という「内向きな」合意である。もちろん、その「内向きな」合意は、「外」(ガイコク)が固定的に存在することを前提に形成されるものだ。

一面では、コスモポリタンな社会描像に納得し、個人としての行動を呼びかけている彼、
だから、彼が本来よりかかっている「教養」が、まさにWikipedia的な集合知でありながら、
議論が、結局は、固定的なエスニック集団としての意思決定に回収されている。
その意味で、過渡的な著書であり、過渡的な立ち位置の人なのでもあるだろう。

ただ、日本の社会状況でなぜ、集合知が形成されないのか、
どうかすると、胡散臭くさえ見られるのは、なぜか
を、強烈に問題意識を持つきっかけになる、いい本だった。

[READ MORE...]

テーマ:政治思想 - ジャンル:政治・経済

小さな仙人の小さな書斎
北海道という地名の名付け親として知られる松浦武四郎は、最晩年に東京で一畳敷の書斎をつくり、資料の整理や出版の準備をしていたといいます。

その書斎について、INAXの銀座にあるギャラリーで開催しています。
 幕末の探検家 松浦武四郎と一畳敷 展The One-mat Study of Takeshiro Matsuura, 19th Century Explorer
期日:2010年12月2日(木)~2011年2月19日(土) 休館日:日祝日、12/29-1/4□10:00~18:00
 入場無料

ギャラリーに移築、とまではさすがにできてませんが、パネルと畳敷きの床とで実物大で再現しています。
各地の知り合いに依頼して、寺社名所旧跡の古材を集めて建てたものであり、たとえば天井板にはうっすらと龍の障壁画が残っていたりします(これは、熊野本宮大社の阿弥陀如来を祀ったお堂の古材)。
建てられたのは、明治の半ば。神仏分離でなくなったお堂とか、維新後世情が安定したので、改修が多くあった時期なんでしょうか、たくさんの寺社の古材が混じっています。

晩年の武四郎は、大台ケ原の開拓(といったって、畑作くらいしかできない気候のはずだけど)を志していた。
開墾とはいうものの、どちらかというと、仙人めいたものだった。
そんな小さくも偉大な仙人も、書斎を作るのには、全国の知己の助力を得ていたわけで、

‥‥仙道は、一人では達せられない、との理、改めて知りました。

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

使いづらい‥‥
別項でも書いたように、あさってから3連休をもらって、新潟方面へ遊びに行きます。
例によって、一筆書き切符での旅行の予定。

都区内(東北本線)大宮(上越新幹線)長岡(上越線)新津(磐越西線)郡山(東北新幹線)宇都宮(東北本線)久喜

というルート。
さて、今回一筆書き切符を作るのには、もう一つ理由があります。

JR東日本の株主優待を使うため、なんです。
(そう、最近高値から4割以上ズルズル下がっているのに、まだ累投で積み立てているのです)
JR東日本(東日本旅客鉄道)の株には、割引券がつきます。
その割引券というものが、なんとも制約の多いものでして‥‥。

[READ MORE...]

テーマ:株主優待 - ジャンル:株式・投資・マネー

国際的 原野商法!?
今週の週央に三連休が振替で取れたので、新潟へ行く。そのネタ集めもあって、図書館に行ってた。
新聞を読み漁ってたら、興味深い記事を見つけたので、注意喚起のために、一部転載します。

水源地権利 投資詐欺 外資土地買収、高齢者の“愛国心”逆手
産経新聞 2月13日(日)7時57分配信

 中国を中心とした外国資本が日本の水源地を買収している問題にからみ、水源地の権利購入をかたる新しい手口の投資詐欺が全国で相次いでいることが12日、分かった。国民生活センターによると、各地の消費生活センターなどに少なくとも数十件の相談が寄せられているという。1600万円の被害に遭ったお年寄りもおり、同センターは「安易に勧誘にのらないで」と注意を呼びかけている。
(以上 引用終わり)

速い話、住んでいるところから遠い場所の水源地を買いませんか?と担保権利だけを売ろうとするペーパー商法です。
仮に本当に登記されても、土地を実際に見に行くことはないでしょうから、どんな土地を買っているかもわからないでしょうね。

去年の年末、NHKのニュース特集で、北海道の水源が中国資本に買われている!と報道している番組を見ました。が、虚心に見れば、
「こんな疎林、水源林なわけないぞ」
というような奇妙な土地が次々に出てきました。
思うに、中国資本へ売却している法人も、上のペーパー商法をしている法人も、つながっている、というのか、グルなんでしょうね。

「日本の水源を中国から守る」と、水源地の買収が社会問題化していることを利用。高齢者の“愛国心”を逆手に取るものや「環境保護」をうたうケースも。(前掲 産経新聞記事より)

なんて、ちゃっかりセールストークに使っているあたりが、いかにも自作自演くさい。

みなさん、土地投資の場合には、実態・現状を見に行くようにしましょう。

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。