ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「脱落」論
宮城に今上天皇の夫妻がこられて、被災地を回り、
ひとびとを励まして回られた、
とのニュースが、執拗なくらい流れた。

その当日、私は仙台のとあるお店の家電売り場で、応援の売り子さんとして一日を過ごしていた。
そのお店への出勤の道すがら、
同行した地元のかかりの人……30歳台前半くらいの人が、今上天皇を指して、面白い形容をした。

「天皇さんって癒し系ですからねぇ」

声音といい、物腰といい、珍重のされ方と言い、
パンダ的なところがある人だと私も思う。

が、それが功を奏している。
被災地でまず求められる一声は、「同苦」の言葉……共感なのであり癒しなのであって、「頑張ろう」の掛け声やカネ(あるいは「割引」)でないのだ。

実利より癒しにシフトしているのは、日本社会の平均年齢がだんだんと高齢化しているのに、少なからず関係があるだろう。
阪神の震災のとき、これだけ、湿っぽい雰囲気になったろうか、自粛ムードになったろうか、
今の社会の雰囲気を良し悪し評論する前に、
そういう雰囲気になんとなくなってきてるのが、私たちが平均的に高齢化して、労苦を知り、涙もろくなってきていることを、まず認めよう。

結局、「ほどほどにしかがんばれない、ニッポン」
という自画像に合うように、社会を再デザインしていくのが身のためでもある。
神がいるなら、そんなご宣託がはやく出れば、身も心も軽くなるのだが、現実には、「復興を急げ」と修羅道にいざなう人が多い。
「負けるな、がんばれ」では、3日と持たず筋肉痛にさいなまれるお年頃なのに、日本は絶対立ち直れる経済復興をめざせ、と力説している人々よ
嘘をつけ!嘘をつけ!嘘をつけ!!
みんな、筋肉痛とスピード出しすぎでの交通事故には、実はこりごりでないのか?
率直に認め「脱落」していくに如かず。

となれば、システムとして、「スローダウン」を強いるようにするよりない。
[READ MORE...]
スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

家族主義経営の内と外
戦国時代、武士が君主から授けられるものとして「感状」というものがあった。
有名なあたりでは、
関ヶ原前夜の東軍による岐阜城攻めで、落城する間際に、
城主織田秀信が籠城した家臣全員に感状を書いて渡したという逸話がある。

これは、落城により、法人としての大名家一家が崩壊するときに、職を失う家人たちが、再就職するのを助けるための、いわばジョブカードとしての役割を持っていた。

戦国時代にまでさかのぼると、日本の「家」は永続的ではなく、まさに一代限りの個人企業に近い法人であったといえるだろう。だから、外様とはいえ、ひとたび雇われればやはり家人となれた。

企業は一家である……いつのころからだっただろう、そんな言い方が、日本で定着してきた。
松下幸之助の経営哲学あたりが始まりだったろうか。
しかしこの場合の家族は、戦国時代以上に企業=プロジェクトとしての性質を持っているにも関わらず
無理やり、永続的で不動のコミュニティとして家族のモデルが適用されるのが常だった。
だから、その家族がいやがる仕事があるならば、「外部」へその仕事が委託されるのが常だった。

一家の建前と、実業のプロジェクト運営とのギャップを埋めるために、委託や外注がはじまる
その際には、一家の「身内」への同等の待遇や配慮がなされない

……それが家族型経営の暗部的な実態であった。

今回の東電の原発事故で、その暗部が如実に出た。

実際には、外注の人たちによって原発が動かされ、
その被曝量に対する安全配慮も、どこか杜撰でおざなりにされてきた。
そんなことが、今頃になってあらわになってきたのだ。

しかし、どうもピントのボケたことを言う人がいるもので
そういう企業体制を、近年になってのコストカット・効率一辺倒の経営や雇用の自由化の所為とみなし、……「新自由主義批判」へと曲芸的に結び付けていく論法を、よく見かける。

そういうかたたちに聞こう、
関西電力の美浜発電所での日雇い労働者の被ばく補償訴訟が起きたのは何年のことだった?

これらは、あまり言いたくないのだが、
家族の一員である労働組合が、危険作業をうけたくない、と強く要求するあまり、
正社員と非正規雇用者との待遇格差を、公然と要求してしまったことに端を発している。
そんなことがあったのが、1975年ごろであったという……まさに、家族型経営が礼賛される前夜、
いわゆる日本型経営が健全に働いていたはずの時期なのだ。

今回の震災で、日本の嫌な部分を認識せざるを得なかった人が多いと思う。

しかし、その病根は、われわれの最も深い部分にかかわっているのも、自覚してほしい。
日本を仮に「一家」と譬えるのならば、
その家という内輪を確保するために、
嫌な家事を担わせるための、”外の人”が、その陰に必ず設けねばならないということを。

そういう人たちを公正に扱うために、「政治」という公共機関が存在するのであって
身内の取り決めやその利益のために、「政治」をするのではないということを。

テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済

祝・滋賀レイクスターズプレーオフ進出
bjリーグ西地区の滋賀レイクスターズが、なんとか4位に滑り込み、
プレーオフ1回戦を地元(野洲市)で開催できることになったとのこと。

これは、これは、これは!
里帰りして見にいかなければ。

プロ野球のオープン戦すら満足に開かれることのなかった滋賀で、
プロスポーツのプレーオフの試合なのですから、
昔を知る身としては、夢のようです。

チケットは、今夜18時から発売開始。
したがって
仙台のコンビニで手配することになる。
かなり変な顔をされること必定だが。。

それにしても。
当地・仙台の競合チーム、89ersは、震災以降活動休止しています。
記録上は東地区二位なのに、プレーオフには出られない。
それを思うと、心が少し重い。

[READ MORE...]

テーマ:滋賀県情報 - ジャンル:地域情報

松島周遊
本日、日本三景としても有名な松島に、ふらりと行ってきました
(例によって、土日出勤の代休)

津波害はほとんどなかったとはいえ、
海辺の一階部分は、水つきになっていたのだそうで、
23日から序序に各種施設が再開業したとのこと。

(仙石線代行バス)松島海岸駅-瑞巌寺-五大堂-観潤亭-雄島-松島駅(東北本線)
とめぐりました。

磨崖仏があると聞きつつも、じつは初めてだったうえ、横着にも鉄道の時間も確認せずにいったため、
効率の悪い回り方になってしまった、というのは、内緒です。

観潤亭‥‥伊達藩主の別邸・茶室の建物自体は28日からの公開とのことだったのですが、庭先(海辺)でお薄をいただけました。
かもめをセキレイ(だと思う)が追いかけて飛ぶ、という奇妙な光景を見つつ、一服いただくのも妙というもの。

肝心の磨崖仏は、雄島にあるとわかったのですが、
その雄島に渡る橋がなくなっており、対岸からの探査となってしまいました。

[READ MORE...]

テーマ:仙台 - ジャンル:地域情報

東北へ滞在中です
ここへの書き込みがしばらくぶりになりましたが、
現在、会社のほうの出張で、仙台にいます。
サプライ側への流通各社との連携を復興・強化する、という名目での、業務応援の一員に加わっているため。

一週間ぶりに休みを取れた、というわけで、
仙台の青葉城を中心に散策してきたところ。
こちらでも、桜が咲いていて、観桜会なんてイベントも、広瀬川沿いの公園でもあったりして。

そんな中、青葉城にも行ったのですが、
石垣が崩れる、石灯籠は崩れて割れる、と石・岩系の構造物・建造物が容赦なくつぶれています(しかも、応急処置をしただけ、という状態にとどまっている)

岩面仏の探査をやっている身としては、見てきたもの、見てないものの安否が心配です。
なんとか、休みの日一日を費やしてでも、宮城南部の史跡を緊急調査しておきたい。

また、災害ボランティアも滞在中に1日でも、手を貸しておきたい。
残る休みは、計3日。
やることが多いな‥(苦笑)

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。