ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すべては「事業継続」のために
明けて今日、6月28日
東京電力をはじめとする電力会社の株主総会が行われる。

昨日の朝日新聞の社説で、
東京電力の株主は、真の意味で株主価値を高めるために、原発を止めるべき、
との主張をしていたのだが、
それを見て、私は考え込んでしまった。

いつの間に、「株式」の定義が変わったのだろうか?と。
特に電力会社のように、地域が国内の一地域に限定され、職種も限定されている会社にあって、
会社の株主価値が向上することを狙って、株主になる人は、それほどいない。
もし、会社資産や利益率の向上を期待するなら、わざわざ電力会社を選択しないだろう。何せ日本には、上場会社がゴマンとあるのだ。

では、われわれは、なぜ電力会社の株を持っているのか、また電力会社はなぜ株式を公開しているのか
……結局、私は、こういう結論になる。

「この事業が健全に末永く続くように」と信じて、その資産の一部をシェアすることで、利益も損失も分かち合う、という、事業への共感……とまでいうと言い過ぎでも、事業の応援でなかったのか?
この事業がなくなったら困る、との思いから、事業体を支えるために、株を引き受けるのはなかったのか?

事業体が利益を確保することすら、「事業を継続するための必要条件のひとつ」に過ぎないのだ。
[READ MORE...]
スポンサーサイト

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

ルールを運用する、ということ
JR北海道の石勝線での火災事故について、国土交通省から業務改善命令が出た。

プレスリリースは、国土交通省のHPからたどることができるので、一度見てください。

原因としては、複数のマニュアルが存在して、混同が起きていたという遠因が指摘されている。
(1)同一の部署で違う内容のものが使われているという状態とともに、
(2)車掌と運転士とで内容の違うものが使われているという混乱もあった
とのことであり、
そういうことが起きた原因については、部外者の私からは論評や推測ができない。
また、どのように直せば、実効力をもったマニュアルになるか、というのも、運転手と車掌という勤務形態からいって、工場のようなストレートな業務指示を期待できないので、難しい面もあると思っている。

が、この例から、ひとつ多くの部外者の方々に考えてほしいことがある。

ルールは、「身内のために作るのではない」ということである。
今回のばあい、車掌なら車掌、運転手なら運転手という「閉じた世界の業務マニュアル」を作っていたために、他部署との整合が図れていなかった。

[READ MORE...]

テーマ:時事 - ジャンル:政治・経済

時は、迫る
東電株主402人、原発撤退を提案
読売新聞 6月10日(金)12時53分配信

来る6月28日に東京電力の株主総会が開催されると広報された。
そして、毎年出続けている「原子炉廃炉」の共同提案についても、マスコミ各社が報じている。

ついにこの時が来た……。
今回を逃したら、商用原子炉を廃炉することは、永遠にできなくなるだろう。だいいち、東電の場合には、来年残っているかも怪しい状態だ。
あと3週……
都庁にもう一回檄文協力要請の手紙を書いてみようか。

テーマ:「原発」は本当に必要なのか - ジャンル:政治・経済

脱力の新規上場
今日は、振替の休みだったのだけど、
事務所での事務処理の関係で、会社のほうの事務所に顔を出した。
といっても、午前中で十分終わるわけで……。

そんな中途半端な暇人な私が、向かったのは、東京証券取引所でした。ウィークデーのみ見学できる、と
午後1時過ぎ、取引監視をするスペース「アローズ」を目の前にした、見学スペースで、アローズの中にいる人の雰囲気や、ガラス筒の上の電光板に流れる株価を見ているうち、ほかの団体見学者を案内する方が来て、ちょっとおごそか目の口調でこういう。
「14時半から、新規上場のセレモニーがここであるんです。よかったら見て行ってください」

その新規上場会社は、株式会社クロタニコーポレーションといい、東証2部への上場だった。
なんでも、「ほんとしばらくぶりの新規上場でして、これを見られるのは、ラッキーですよ」とまで言われた。
(帰宅して調べると、震災以来最初の新規上場だとのこと)

そんなわけで、そう広くない見学スペースを巡り、TOPIX(東証株価指数)と私とが、一か月違いのほぼ「同い年」なのに驚いたりしつつ、待っていると。

さきほどのスペースの正面にある大型モニターに、「祝上場 株式会社クロタニコーポレーション」と映し出され、スーツ姿の初老の方々が6人ほどの方が静かにエレベータで降りていく。
[READ MORE...]

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

尾瀬をみんなで買えないかな?
東京電力に資産売却を提案するとして(といっても、来年の株主提案にしか間に合わないのだけど)、何があったっけな、と思いめぐらすうち、
尾瀬があるぞ、と思い出した。
尾瀬の運営に関しては、山登り関係者にからは結構評判が悪い。山小屋の運営なんかも、いかにも独占企業然しているとか、いう人がいる。(私は、いったことがないのでわからないけど)

文句があるなら、基金を作って尾瀬を買収しようよ、
ってそんなカネ、どこにあるんだ、ということになるかな?
が。そうやって賠償の費用が工面できるのなら、
いい手法だと思いませんか?
私としては、買収費用として10万円を取っておいて、その時を待つ予定。

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。