ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「亡所」を作ろうとする人々
あえて、私が何を批判しようと、この文章を書くのか、明言を避ける。ケンカを売るよりは、同志を探すほうがはるかに建設的なのを、人生経験から身に染みているから。

が、私は、モーレツに呆れ、かつ怒っていることだけは、最初に表明しておく。
その怒りを、災害史の1エピソードで包んで、今日の記事をお届けしよう。

最近きな臭い動きのある富士山がl、一番最近に噴火したのは、江戸時代・宝永年間のことである。
年号をとって宝暦の大噴火、と呼ばれているその災害、たしかに、当時の幕藩体制の行政の規模で、十分に対処できないような大きな災害だった。だから、不手際には、仕方がない面もあった。

しかし、あまりに我田引水的な決定が次々に政治の世界で決定されていき、
被災地は見捨てられていった。

被災地は、富士山の南東~南の方向、駿東郡や相模国の西の端あたりにかけてがもっとも重大なな被害を受けた場所であった。
 噴火後数か月は、領主の小田原藩が被災民の救援をしていた。が、田畑の作付をし始めねばならないころになって、火山灰の除去を小田原藩の力で行うことを断念し、それらの被災地を幕府に返納していしまう。

 幕府は、それを受けて、代官を指名し、復旧活動にあたらせようとするが、
 それに先立って、責任逃れのような決定をする。
 その決定が、表題にある
 「亡所」の指定だった。

 亡所‥‥今風にいうと、「全滅宣言」だ。

[READ MORE...]
スポンサーサイト

テーマ:ほっとけない原発震災 - ジャンル:政治・経済

キレキャラ‥‥を許されるわけないのに、さ(悩)
土曜日、四日市でカラオケを楽しんだ。

最近の曲を知らない、というよりも、最近の曲で私のキャラに合いそうなものがないから、というのもあり
いつものことながら、古いゆったりした曲ばかり歌ってしまう

先月の同じひとたちのとのオフで、カラオケ行ったときの反省を生かしたいというのもあったし、
ちょっとはべんきょーしていかないと、と思って、
毛皮のマリーズの曲も仕込んでいったし、
当日、大声を出してみたいという気分にも押されるかたちで、曲をチョイスしていった。

……といってはみても。
30歳代の人ばかりの部屋で、
御大・越路吹雪サンの「ろくでなし」を歌うのは、もっとどうかしている、とは思う。
レパートリーを増やさないとね。

[READ MORE...]

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

英国発 韓国経由‥‥
■「休眠預金」年300億円、政府が活用策検討
(読売新聞 - 02月15日 20:35)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120215-00000932-yom-bus_all

私にも身に覚えのある休眠口座。
たとえば就職、たとえば転勤といった、引っ越しとともに家賃や給与の振込先・引き落とし先でなくなったために、なんとなく残してしまう銀行口座が、みなさんにもあるでしょうね。
そうして、なんとなく残ってしまっている口座が、10年経過すると、基本、金融機関が自由にしてよい、という約款になっています。
考えてみたら、はした金のはずなのに、全国で足し合わせると、年に300億円も増えていくというのがすごい。

銀行にしても、口座の管理に要する費用が、残高の運用益より大きくなりがちで、休眠口座がやっかいでもある、というわけで、
「公正な」残高活用法に知恵をだそうという動機づけが働きます。

[READ MORE...]

テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済

オールクリア
この年齢でも、あることに関してオールクリアにできることが、ありうるのだ。
貸がある、借りがある、なんて思っているうち、よどんだ気持ちを、抱えているより、
オールクリアで、歩み出せるのだ、と。

ありがとう、ありがとう。

この今の新鮮な気持ちが、世の中を回りまわって、
あらゆる人にいきわたりますように。

70億分の1であっても、だれもに届きますように。

テーマ:今日の日記 - ジャンル:日記

ご協力?
京都まで、バスケの試合を見に行ってきた。
bjリーグのバスケ自体に、そろそろ目新しさがなくなってきたようにも思え、それほど興奮しなくなってきてる。
あるいは、これも欝の現れなのか(苦笑)

まいいや。仮にそうだとしても、こればかりは、無心に付き合うよりないのだし。

西京極運動公園にある、その名も「ハンナリーズアリーナ」と改名した市立体育館までのバスの道すがら。
日曜の白昼に、私としては初の体験になることが起きた。

「車いすのお客さんが乗ってこられますので、しばらくお待ちください」

さいわい時間帯が時間帯だから、バスも混んでいない。車いすを据える場所の椅子も空いていた。
これなら余裕だな、作業を始める運転手さんを見ていた私。

が、なかなかどうして、時間がかかるものなのだ。
[READ MORE...]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。