ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老荘思想の人間が、論語の一節を引用する
古書にいう

己所不欲。勿施於人。

己の欲せざるところ、人に施すことなかれ

~~~~~~~~~~~~~~~~

なるほど、私の周囲で放射性物質を含むガレキを燃やすのは、断じて許せない。
その「私」が日本全国でつながったとしたら、
どこで燃やすことも許されるわけがない。

人(他人)も本人にとっては、かけがえのない「私」なのである。

ここに1万Bq分の汚染されたモノがあって、仮に燃やしたとしよう。
1万Bq分の灰が、より高濃度に土壌汚染されている場所で燃やされたら、
なるほど、土壌の汚染値の平均値を高くすることはないだろう。
しかし、それは、平均値を高くすることはなくても、
「空中に漂う放射性の微粒子を、1万Bq分新たに発生させる」
という点では、どこで燃やしても、まったく同じである。

Bqの単位の定義を思い出してほしい。
「1個の放射線を1秒間に出す能力」
である。

非常に雑駁な言い方すれば、細胞1個へ「攻撃」を加える回数、といってもいいだろう
(その攻撃が有効か無効か、というのは、一種の確率論になり、また当たり所にもよる。当たり所別の効果の因子を入れたら、Svの単位系になる)

周囲(環境)がすでに高濃度に汚染されていようが、まったく汚染されていなかろうが、
その新たに発生する攻撃の能力は全く同じ。
同じように、どこかの「私」へ、攻撃が「まったく同じ頻度で」起きるのである。

だから、日本全国、どこであっても、ガレキは燃やしてはならないのだ。

なぜ、このようなシンプルな理屈が見えにくく、主張しにくくなっているのだろうか?


[READ MORE...]
スポンサーサイト

テーマ:放射能汚染 - ジャンル:政治・経済

デッドヒートの末
我らが滋賀レイクスターズ、最終節の大阪戦で2連敗し、結局西地区4位でレギュラーシーズン終了となりました。

外国人選手の選手層に関しては、おそらくリーグ1のメンバーをそろえ、
日本人選手も、バランスよく集めたはずで、
ひょっとすると、2位以内?という期待ももっていました。
そして、それは単なる期待にとどまらず、最終節まで2位争いをしていたのですから、
期待通りではあったのです。

が、どうしてなんだろう?
去年までのような魅力を感じないのです。
そのためもあって、今シーズンは4試合しか見に行ってないし、レポートを書くほどに心へ響かなかった。
そして、‥‥自分でも信じられないけれど、
最終節も、地元開催のフレーオフ一回戦も、他に予定を入れてしまって、見に行かないのです。

けど、大阪との再戦になるフレーオフの2回戦まで勝ち進んだら、行こうかな、とは思いますが。


なぜ興味がなくなったのか、
 ・単に、私が抑うつ状態だったから(2か月ほど)‥‥これは確かに大きいのだけど・
 ・試合ごとに、話題を書き換えていて楽しみだった、ゲーフラがなくなった <-これ重要かも
 ・選手のキャラが比較的薄かった(百獣の王とかいった具合に、あだ名をつけたくなる人がいてなかった)

こういう、ゲームに直接関係ない要素もあるんですけど。
ひとえに、
プレーや作戦に緊迫感がなくなった、という印象を持ってしまったことが挙げられます。

シロウトのたわごと、と聞き流してもらっていいですが、
3Pのライン付近でパスを回しあい‥‥という時間があまりに緩慢になっていたのです。

[READ MORE...]

テーマ:bjリーグ - ジャンル:スポーツ

憲法第一条
今日もまた、思い出した時が命日ということで、葉桜を見て偲びながら

メメさん‥‥もとい鷺沢萠さんが、ウリでんでん虫国という仮想国家を作ったときの憲法第一条に曰く

「弱者には同情ではなく、愛情を注ぐこと」

 みなさん国を作ったとして、憲法の第一条に何を書きたいです?

私は、リバタリアン的な立場でいえば、
「いかなる人も、個人として尊重される」
という、今の日本国憲法の13条を1条にもってきたいです。

けど‥‥尊重ってなんだろう、個人を尊重するってどういうことなんだろ、と考えると、どうとでもとれて、
パンチが足りないな、とも悩むわけです。

茨木のり子さん風に
「自分の感受性くらい‥‥」としたほうがいいかな?

というわけで、
私の憲法第一条案
「いかなる人も、その感受性や、人生観に沿って生きる権利を持つ。その感受性や人生観は、決して犯されることのない至上ものである」

かな?
永遠のマイノリティ
木下黄太氏が今日、四日市で講演する。まだ行こうかどうか迷っているのだけど、前のデモで知り合った方に誘われているし‥‥。

けれど、言ったら「招かざる客」であるのも自明。
「反原発、だけどガレキ受入賛成」という私の立場の、どうしようもない孤独ぶりに自分でも苦しくなる。
大同団結、必要だし、
ヘンに依怙地なところがあって自分から交友や行動範囲を狭めてきてるのも反省しているのだから、
心を入れ替える必要と、決心しているのに。

ただでさえ、コミュニケーションに障壁となる性癖(障碍?)を持っているのだから、自分からふさぎ込んだら、いよいよウツをひどくするだけだろうし。

本当は、わかっている。
私にできることは、反対する人たちの「不安」「疑い」を筋道だてて整理し、具体的な解決策を一緒に考えることなのだ、批判するのではなく。
だけど、そこまでの力が、今の自分に湧かない。もともとあったかどうかも疑わしけれど、
今、できるだけのモノを持ち合わせていないのに、失望してしまう。

あと1時間以内に電車に乗らないと間に合わない。
どうしよう‥‥

テーマ:サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル:政治・経済

琵琶湖のほとりで育って(その3)
そして、14日。政府から枝野大臣が福井を訪れ、大飯原発の運転再開に協力するよう、知事やおおい町の町長に要請した。

その席で、福井県知事が意見したという。

福井知事:中間貯蔵施設、関西に造って…「痛み分担」
毎日新聞 2012年04月14日 22時36分(最終更新 04月14日 22時49分)

「今後、福井県だけでは対応するわけにはいかないものもある。
電力を消費してきた地域にも、痛みを分かち合う分担をお願いしないといけないと思う」と述べ、
県内だけでなく関西に中間貯蔵施設を造る必要性があるとの認識を示した。

使用済み燃料は現在、原発の一時貯蔵プールに置かれている。
関西電力の場合、原発11基のプールの燃料貯蔵容量は9703体(4420トン)で、既に7割程度が埋まっている。
今後も関電だけで処理すると約7年でプールはいっぱいになる計算で、
再稼働が実現しても使用済み燃料の処理が課題となる。



‥‥最初に断っておかないといけないことがある。
今の原発運営の補助金漬けに私も疑問を持っているし、
だいいち、補助金がなくなれば、誰も引き受け手がなく、そもそも原子力発電という産業が成立しなかった、との認識でいる。
が、いっぽうで、福井県などが受けている補助は、原発の立地対策金であって、
廃棄物処理施設のことは念頭に入っていない、ことにも注目せずにいられない。
廃棄物処理施設はどこかに作ります、という約束のもとで発電所を作ると合意しているのだ。
そこを、あいまいにしたまま、なんと40年以上が経っている。そして、おしりに火がついてきて、立地の知事が、釘を刺した、というのが正しい描写だろう。
[READ MORE...]

テーマ:脱原発 - ジャンル:政治・経済



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。