ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そう、われわれは「負けた」のである
Kiikoさんが、どこで録音されたのだろう
脱原発の株主運動のどなたかだと思われる方の、演説がUPされている。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=MHyg2poVbMo#!

『脱原発運動は負けたんです。
負けたんですよ!ね。
どう負けたのか?
事故という形でね、
一番ですね、一番悲しい負け方をしたんですよ』

そう、確かに、われわれのこの試みは、「負けた」のである。
血を吐く思いで、そう宣言しないといけない。

私じしんは、積極的にはこの運動に係れなかったけれど、
10年近くこの方たちの提案に賛成票を投じていたし
手続きが間に合わなかった年(最近は手続きがややこしくなったので……)を除いて、共同提案者に名を連ねてきた。

株主として、いわば一蓮托生の立場に敢えて立ち、
親身の立場で、私は東電の原発アリジゴクからの脱出を提案してきたつもりだ。
そして、東電が、何気に、原子力偏重から脱出しようとしている様子も目の当たりにしていた。
曰く、LPGの大型発電所の新設ラッシュ
曰く、海上風力発電の実証研究
……。
[READ MORE...]
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

偶然か??偶然だと思いたい
小沢政局としか言いようのない、昨今の騒ぎ。
日本の「政治報道」というのは「人事」なんだな、とつくづく思い知らされます。

消費税を巡って、ドンパチやっている間に、どうにも気になる、政治がらみのニュースが2つ目につきました。

一見、なんのリンクもないように見えますけれど‥‥。

一つ目は、原子力基本法の第二条が改正されることになったこと

もう一つは、防衛相の補佐官になっていた志方俊之サンが退任になったこと。

この二つから、核武装を少なくとも「外交カード」としてチラつかせる、という予兆を、私は見た。


[READ MORE...]

テーマ:軍事・平和 - ジャンル:政治・経済

「互助」
長い人生のことだ。
当面、生活が困難になる場面は、いくらもありうる。

仕事で精神的に参ってしまって、一時撤退を余儀なくされる人
親族の介護で、社会生活に時間を割けなくなる人
災害に遭った人

私の乏しい想像力でさえ、づらづらと場面が並び、背筋が凍りかねない。

そのために、生活保護が何等かの形で必要になるのは、現実だし、
仮にそれを、今のように政府が担う事業でなくすにしても、
ある種の保険事業として、掛け金を積んで運営される生活保護事業体ができることだろう。
なにせ、需要はあるのだ。

にもかかわらず、今の生活保護には、非難が集まっている。
いくら不正受給の疑いがあるにしても、その不正受給者の存在が、制度を機能不全にするほどではないのに。

「社会正義の問題だ」
と大上段に言われると、うんざりしてしまう。正論だけど、そんな正論は、法理論の論文世界だけにしてほしいな、と。

[READ MORE...]

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

納得のため(映画「星の旅人たち」レビュー)
キリスト教の古くからの巡礼道のひとつに、イベリア半島を横断する「サンチアゴ巡礼道」がある。その距離800km。距離に注目すれば、世界究極といってもいいだろう。
今なお、巡礼道として生きていて、通しで3か月間歩き続ける人が年に10万人の単位でいるという。

旅行好きなら、話を聞くだけで足がうずくような話。

そこを歩く人が、歩く途上で何を考えるか、ということを、丁寧にとった映画が、今公開されている。

「星の旅人たち」
アメリカ・スペインの合作映画だ。

旅を住処としている、もう中年の域に入ろうとしている息子が、この巡礼道の入り口であるピレネーの山中で亡くなった
と、ある意味平凡な生活をしていた眼科医の男へ、知らせが届く。

現地で遺体と対面した夜、たった一つの遺品であるザックの中身を改めた男は、唐突に「息子の装備を使い、息子の遺灰を持ってこの道を歩き切ろう」と決意する。その時の、思いつめた硬い表情に、まず涙してしまったが、話はいつの間にか、大きく逸れ始める。
[READ MORE...]

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

鼓腹の閑話
人並みのことが何一つできない、
と書いていると、卑屈になっているように見えるでしょうけど、
事実だから仕方がないわけで。

もちろん、好きなことや仕事に関することは、人並みに近づくように、努力はする。けれど、「人並み」というレベルがどのあたりかを見定める能力がないうえに、努力の方向がどうもヘンで、要領が悪いので、成果が出ない、ということなのだろう。

が、あえて人並み以上の才能があるとすればなんでしょうね、
と前、里帰りしたときに、家族に聞いてみた。

父がいうには、
「普通の人なら気づかずに済ますこととか、面倒がることでも、敏感に感づいて、逃げないところだよ。これは、本当の意味で頭のいい人のやれること」
‥‥過敏なことの裏返しだけど、
そういう「才能」は確かにあるな、と昔から気づいていた。
だけど、それが、世の中‥‥いや、周りの数人に対してすら、役立つことがない。
だから、やりきれない。
役立たない才能は、お金にもならないし、まさに、ないのと同じだから(いや、現実問題として、嫌味な人間に見えかねない。それには自覚もあって、最近直そうとはしているけれど)。

兄は憐れむように言う。
「問題意識が高くて敏感だからといっても、世の中が平穏がときには、バカにしか見えない。それは仕方のないことやん、坂本竜馬みたいになれるには、時代が合わないんだよ。今、坂本竜馬がいたとしても、役立たずの単なるほら吹きと見なされているはず、てのは、想像つくだろ?」

坂本竜馬、あはは、畏れ多いです。
むしろ、坂本竜馬のような人間的な魅力のなさ(素直になれないところとか)で、一番の問題を抱えているのまでは、兄すらもわかってないのかな(苦笑)

[READ MORE...]

テーマ:大人のアスペルガー症候群 - ジャンル:心と身体



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。