ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遡及適用から置いて行かれた‥‥
思わせぶりな題名だが、日本で原発の基準が新しくなっても在来の炉に適用されなかった話では、ない。

昨日判決が出た大阪市平野区での引きこもり男性の犯した殺人事件についてだ。

概要はといえば、
子どものころから引きこもって現在42歳になる男性が、世話してもらっていた姉に自立を促され、
一方男性は、姉が自立を阻んでいると思い込み(この思い込みが、本当にあったのか、今流れているニュースからは、さすがに私も読み取れない)
男性が姉を逆恨みし、殺害したというもの。

これに対し、裁判員裁判で、求刑超えの懲役20年の判決を出した。
その判決理由を要約すると、次の通り。

 (A)アスペルガー症候群の影響は量刑上、大きく考慮すべきではない(責任応力があるとの認定)
 (B)計画的で執拗(しつよう)かつ残酷な犯行。
 (C)反省が見られない
 (D1)家族が同居を望んでいない
 (D2)障害に対応できる受け皿が社会になく、再犯の恐れが強い
 (E)長期間、刑務所に収容することが社会秩序の維持に資する

社会の常識を司法に導入する、という趣旨で行われている裁判員裁判だから、
正直なところ、異議を唱えるのは、まさに反社会的なのだろうとためらってしまう。
が、司法の求めている「社会の常識」というのは、いろんな立場の人の「常識」と照らし合わせて、といいうニュアンスであって、「社会規範を反映させる」というものではなかったように思うのだが、
どうしても、「社会はかくあるべき」という常識‥‥人を殺すべからず、とか‥‥を”一元的に”適用する機能が強く現れる様子だ。


[READ MORE...]
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

過大設備が足かせになる。
使ってくれる見込みがあるから、設備投資する

これは、その時点ではもっともまっとうで、健康的な投資の姿である。
が、その需要増の見込みが、「一時のこと」と分かっていたらどうだろう?

昨日、シャープで内部的に数千人規模の人員整理が検討されていることが、報道された。
全世界で5万人規模の会社の中での数千人の人員整理、言い換えれば、5%程度の人員整理ということになる。その規模の大きさをどうとるかは、まさに人それぞれだと思う。

ここに至るまでこの会社は、3年に一回くらいの勢いで、世界最大規模の液晶パネルの生産設備を導入し続けてきた。

その最たるものが、大阪・堺の工場だったが、これの立ち上げのためには、単なる社債の発行だけでは足りず、株式交換権付き社債(昔風にいうと転換社債)を発行したうえで、さらに建設資金が足りずに、国内のTVメーカとの共同出資まで当て込んでいた。

当時は、その共同出資元が液晶パネルを相当数買い取る予定になってもいた。
そして、その買取量見込みも、足元で売れていくTVの数量から考えて、チャレンジングなものではあっても、過大とまでは誰も言えない程度のものであった。

ただひとつ、大きなリスクがあることを、忘れたふりしていた。

国内での地上波放送のデジタル化にともなう、買い替え特需が当時起き始めていたという事実だった。
[READ MORE...]

テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済

アクアマリンふくしまのこと
いわき市の小名浜にある「アクアマリンふくしま」。海辺にあって、野外展示がそのまま太平洋へとつながっている水族館です。

震災のときには、津波に建物ごと飲まれ、大水槽が全壊するなどの被害を受けました。
そして、かろうじて生き残ったアザラシに間もなく子供が生まれた、というニュースが流れたこと、ひょっとして覚えておられるかもしれませんね。

先週、その水族館が再オープンし1周年になったと報じられました。
沿岸の埋め立て地で、地割れ、液状化も起きた名残のがれき(主に舗装のアスファルト)を積み上げたステージ「がれき座」をメイン会場にして、イベントもあったようで、その様子が公式Blogにも掲載されています。
[READ MORE...]

テーマ:放射能汚染 - ジャンル:政治・経済

答えは自分が一番知っていたのかも
職場での自信喪失と、転勤での心身の消耗とがきっかけになって受け始めたカウンセリング。もう8か月目に入った。

「あれ?髪型を変えられたんですか」
と軽口を言えるほどには、まだ慣れたわけでないけれど、
本心を語らないタイプの……というと恰好つけすぎで、自分の本心がどこにあるのか、本人にもわかっていないのだから、かっこ悪い話なわけで。

私のいろんな側面を教えていただいた。
「会話の途中で頭が真っ黒になる現象」を意識の上にのぼらせてもらい、
「並行して2つのことを進めることができない」ことも
「一生けんめいに相手のペースに合わせて話しているので、会話に頭がついていけてない」ことも
「情報をアタマにため込んでしまう」癖も。
[READ MORE...]

テーマ:アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル:心と身体

鳥は鳥に
一月、
自分の包み隠せない姿を突きつけられる形で、多くの言葉を投げかけられ、
同時に、うっすらとした障碍の症状と、自分が回りに人とのかかわりの上で生じていた「生きにくさ」とが結びつき、
一気に自分の姿、自分のありかた、性格、能力、やろうとしていることが、
すべて「上っ面」なものであると、もっとも痛みの伴うかたちで突きつけられ、
かといって、多くの知人の方とも絶縁せねばならない状況にも陥った。

相談する相手もなくなり、自分の自己愛や、非力さや、自分の持つ困難さに気づかずに来てしまった鈍感さにも、絶望もした。

たとえば、福島のことをBlogで書いているのも、自己顕示欲と周りを見下したいという自己愛との複合物であって、自分の得意な分野で安住して気楽に書いているだけでないのか、
そんなことにも、ようやく気付き、
何もかけず、何も話せないところまで行きかけた。

しばらく経ち、「自分の置かれている状況」をだんだんと理解し‥‥たとえば、これが一種の自閉症なのであり、治るわけではなく、工夫しながら折り合いをつけるよりないということを理解し、
あらためて、問い直すことがはじまりました。

自分が何をやれる可能性があるのか、何で周りの人たちへ「働きかけられるか」を問い直すことが続きました。

このまま、ダメになる典型的なパターンだな、とか、心のどこかでわかりつつ、
会社だけは行き、目の前の仕事だけをなんとかこなした日々。

が、いっぽうで、読んだ本でこの文章を見つけ、
自分だけでないのかもな、とも思い始めたのも、おなじ頃1月の末だった。
「アスペルガー症候群は人口比で2.8%程度の頻度で現れている」
ということは‥‥同年輩で同じ症状に苦しんでる先人たちにも、相談できるかもしれない

某SNSでそれとなく呼びかけたところ、同じ中京圏で数人と即座にやり取りが始まりました。

もちろん、私よりも重い症状の方は、私よりも根源的なところで悩んでもいました。
働けるのか、自活していけるのか、といったレベルでの悩みを持つ人さえ、含まれていました。

コミュニケーション上での理解力・記憶力に乏しい私たちのような症状は、ありふれた能力を持つ人から見ると、まさに亀。

いっぽうで、同じ自閉症系のものでも、衝動性(瞬発性もかも?)に過剰になり、兎のようふるまう人もいて、その人たちも苦しんでいる事実を知ることになります。

亀は亀なりに
兎は兎なりに
それぞれの名前があり、特徴があり、悩みがあり、
それぞれのありかたに苦しみながら、みんな道を探しているんだな

そうして、生きなおそう、とやっと思い直せるようになったのでした。
42歳での、遅すぎる自我の目覚めでした‥‥。

そうして亀としての、「逆襲」の道を探しているうちに、
同じ三重での亀仲間の方が耳よりな話を、ちらっと漏らしたのです。

「7月末に、志摩スペイン村でのよさこいソーランの演武に、福島の飯館村からチームを呼ぶんだけど、協力してもらえる人いません?」

そのイベント協賛募集の告知です。

[READ MORE...]

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。