ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nationalなるものは
先週末起きた、ノルウェーでの、政治的な大量殺人事件からの雑感を記す。
私は、現時点でこれをテロと呼ぶべきか迷っている。

テロというのは、主義主張を直接的に達するために、殺戮行為をすることをいう。
しかし、今回のばあい、イスラムの人々を排するという主義主張を達するために、現政権政党を攻撃した。
間接的……どうしてこういう間接的なことをするのだろうか。

ノルウェーにおける、国民(Nation)とは何なのか、守るべきものとは何なのか。
今度の行為をした彼には、たくさん言い分があったようだ。
しかし、ノルウェー人の成り立ち……たとえばスウェーデン人との違い、スコットランド人との違い、……と、真実の姿を探すうち、1000ページを要するような、そして結局何が本質なのかを要約できないような乱雑な自画像になる。このようにして、わけがわからなくなって、
「しきしまの大和心を人問はば 朝日に匂ふ山桜花」
などと、本人すら正体不明な概念として、Nationalを描くことしかできない、というのが、真実だろう。

そう、
Nationalは実在ではないし、幻想でもない。「正体不明な概念」なのだ。正体不明である以上は、時が移ろうにつれて定義も変わる、切り口を変えるだけで範囲も変わる。そして、すべてがもっともらしく見える……。


だからこそ、Nationalなものを定義するために、State(政府)が必要、と考えが行き着く。

そこで彼は、異民族排斥の訴えを直接に実行せず、Stateの態度を固定させるために、動いた。
Stateがふらつくから、Nationが確立できないのだ!と。

……このNationとStateとのねじれた関係の中に、
ナショナリズムは生きる道は存在する。

しかし、ナショナリズムを唱えるとき、Stateの役割を過小視したり、邪魔立てするものと見なす人が多い。
矛盾である。
スポンサーサイト

テーマ:時事 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/1007-9f36312b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。