ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろは歌
伊勢というと、伊勢神宮へ直行する人が多いですが、
名古屋から見ると、神宮への道すがらに、斎宮という宮殿の跡があります。

もっとも今は、展示館(歴史体験館)と博物館があるだけで、あとはひたすら公園になっているだけ、
往時の建物は何も残っていません。

ただ、梅の花とかがきれいで、年に1、2回散歩に行ってます。
といいつつ、地道に発掘作業が続いているとはいえ、急に何か新しいことが発見されるわけでもない、と思い込んでもいました。

が、一昨日、全国ニュースで急にその名が現れ驚きました。

最古、平仮名いろは歌 平安後期の土器片 三重・斎宮跡
産経新聞 1月18日(水)7時55分配信

斎宮の頂点にいたのは、斎王という皇女。ですから、そのお世話には女官がたくさんいたわけです。
それらの人が使う、「女手(ひらがなのこと)」を覚えるために作られたという「いろは歌」が、書きつけられるには、もっともふさわしい舞台であったでしょう。

今回の文字は、11世紀末~12世紀前半の土器に書きつけてあるもので、
写真を見ると、丸皿の円周に沿って「ぬるをわか」と5文字が几帳面に並んでいます。
真面目な女官の手習いって感じでしょうか。

スポンサーサイト

テーマ:三重県 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/1033-c7430090
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。