FC2ブログ
ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

海陽学園に持っていく10冊
例の海陽学園のお話の続き。
Non-fictionというblogでこういう風聞を見かけました。

「学生が持ち込んでいい本の冊数は10冊以内と制限がある」
10冊!?本でも読まなきゃ間延びする外出制限付き全寮生活、にわかに信じられないです。本なんてのは、連鎖的に読みたくなるもの。持ち込んだ10冊だけ読んでも、結局消化不良になるに違いない。
学園関係者は、本気でエリート教育をするつもりなのかさえ、疑いたくなってきた。
「管理する」ことだけが職能の、上級「管理」職を増やすのが目的なのか?

ともかく。そんな未来に展望が持ちがたい生徒さんのために、学園へ持ち込む厳選10冊を選んでみた。
「自動車絶望工場」(鎌田慧):ある意味、即退学覚悟の”良書”
「隷属への道」(ハイエク):本当はフランス人権宣言でも持っていって欲しいが、ここは学園の開設者の好みに合わせてオーストリア学派経済学の本をあげよう。ただし、この本で糾弾されている管理社会と、学園とがあまりに似ているから、彼等も自分たちの矛盾に目覚めよう。
「せまり来るネオ階級社会」(林信吾):斎藤貴男さんの「機会不平等」と言わないのは、武士の情けというもの。しかし、海陽学園の関係者にとってはイギリス型階級社会の閉塞を描いたこの本の方が、痛烈だろう。
「ハリーポッタシリーズから1冊」:そう何冊も持っていけないから、とりあえずシリーズから1冊だけ。外出禁止の寮生活は、魔法でも使えなければ退屈だと思う。
「小さな恋のメロディー」(A.パーカー):生徒諸君、本場パブリックスクールでは、こうして先生を困らせているのだぞ!?
「わたしを束ねないで」(茨木のり子):これは皮肉でない。そんな閉塞した思春期には、心の支えになるはずだ。
「方丈記」(鴨長明):外に出られないとなると、中世の隠者に習って生活するのも、オツかなと思います。
「埋木舎の記」(井伊直弼):捨て扶持だけ受けて幽閉同然だったころ、後に大老になるほどの人物はどんなことを考えていたか。エリートを名乗るならば、知っておくべきでしょうね。聞くところによると、趣味っぽい話ばっかり書いたエッセイ集らしい。(未刊本)
「婉(えん)という女」(大原富枝):そして「幽閉もの文学」の最高峰も持っていくべきでしょう。……生きていってください、ともかくも(汗)
「六法全書」:もう残り一冊か……。思い浮かぶ限りで一番厚い本を用意することにしましょう。
スポンサーサイト



テーマ:思うこと色々。 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント
みんなで持ち回りにすれば
エントリーの紹介ありがとうございます。
これ、さすがに生徒同士での貸し借りまでは禁止してないと思うんですけど。だったら、うまく示し合わせてみんなで手分けして色々持ち込んでしまえばいいんじゃないかと、思いました。
【2006/04/25 22:50】 URL | うちゃ #- [ 編集]

その手があったんだ(爆)
うちゃさん、ご来訪ありがとうございます。

>さすがに生徒同士での貸し借りまでは禁止してないと思うんですけど
この手段が思い浮かばなかったわたしの頭の固さと来たら!

たくましく育ってね>生徒さん
て感じです。
【2006/04/27 00:07】 URL | デルタ #- [ 編集]


一言言っておく。

この学校で真ん中くらいの成績を取っていても、地元の旧帝大文系(世間的には大したこと事がない)に合格するのは難しいだろう。
ちなみに、私が卒業した学校(関西)では、200位/220人中の奴が行く所だった。


【2006/05/31 23:37】 URL | 通りすがり #- [ 編集]

地元旧帝大の文系というと、
とおりすがりさんへ

大きくでましたね(苦笑)
彼の高校にとっての、地元「旧帝大の文系」といえば、
名古屋大の文系ということになりますが……
私には、「世間的には大したことがない」と、とても言えない入試のレベルです。
名大の文学部というたら、網野先生も教えてはず。仮に入れてもついていけてないだろうな、と思います。

ただ、
長い人生、大学入試だけで決まるわけでもなし。
むしろ、地方大学の優秀な学生さんが、世間で立身していくのも反面の事実。
いっけん、有名大学のOBが活躍しているように見えても、それは単に学生数が多いことの反映に過ぎません。
そもそも、通りすがりサンの言われるような文脈が、日本の歪みきった自称エリート生産システムに荷担していると、私は感じますよ。
海陽学園のような、「監視教育」をエリート養成と勘違いしている人たちの考えと同根でないでしょうか。
【2006/05/31 23:57】 URL | デルタ #- [ 編集]

図書室
図書室が、公立の学校より充実してますよ!
売店にて雑誌の販売もあるようです
【2010/09/08 03:42】 URL | 通りすがり #mQop/nM. [ 編集]

Re: 図書室
ながらく、放置になっており、申し訳ありません。
> 図書室が、公立の学校より充実してますよ!
> 売店にて雑誌の販売もあるようです

そういえば、この学校の開設当時、そういう歌いもんくでしたね。
【2010/10/09 22:00】 URL | デルタ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/104-67f45d1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)