ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「好きな豆料理を教えてください」とな?

こんにちは。 トラックバックテーマ担当の水谷です。今日のテーマは「好きな豆料理を教えてください」です。トラックバックテーマ 第1367回「好きな豆料理を教えてください」



先週の土曜日、ブラジル料理を食べに行った私に、このような質問をするとは!
答えは、もうこれに決まっている。feijoadaフェジョアーダである。

もうほとんどドロドロになるまで煮込んだ、豚肉と黒豆の煮込み。汁もどす黒い。
が、味には癖もなく、ごく自然に「こんな料理なのね」と食べてしまえる、空気のような存在、だった。

そもそも、なぜブラジル料理を食べに行くことになったか‥‥、語ると長い。


私の住むあたりには、周囲の電機・自動車業界の工場で働くブラジル人労働者が多い。そんな人たちの息抜きの場所として、ブラジル風のバーや、コーヒーショップがあったりするが、さすがにブラジル人のみのバーは敷居が高く、おのずとブラジル料理店に興味が行っていた。
ブラジル料理店といっても、日本人相手のエスニック料理というわけではない。建物の雰囲気からして、ブラジル出身者のための、町の食堂というたたずまい。だからこそ面白そうだと思って、かなり昔から行きたかったのだけど、一人で行く度胸はないし、面白がっていっしょに行ってくれる人もなく、で、ここまで来てしまっていたのだが、とある飲み会で知り合いになった、同じ工場内で働いている出入りの業者さんの方が興味を持ってくれて、
同じ行くなら晩飯時、酒も飲みながら、と、照準を定めて訪れた。

土曜日の夜7時過ぎ。入ってみたが、客は1人としていない。
レジにいるのは、店員で丸顔のおやじさん。その正面天井近くにTVがあって、CS放送と思われるブラジルのドラマを流している。その効果音が、やや空々しい。

同行氏は喫煙者、メニューを持ってきた店員さんの、「タバコはいいですか?」
と聞いてみても、通じたがどうだか?
何せこの店主さん、日本語をどこまで解するのかが心もとない。タバコをすってもいいですか?と私が質問をかぶせて、
ようやく答えが返ってくる。
「たばこだめです」振り返ると、禁煙マークがレジのブースの柱に貼ってある。

サラダバードリンクバーのセットが1450円
……下見に来たときには、てっきりこの中に、酒が入っているかと思ってたのはカンチガイ。酒といえばビールだけで、別料金(500円だったかな?)。
けれど、サラダバーというのが、すごい。
シーチキンサラダ、トマトのスライス、ポテトサラダ……6品ある上に、奥には大きなジャーが3つ。feijoada……豚肉と黒豆とをグツグツと煮込んだどす黒い料理のジャーが左端に、同じくfeijoadaとあったけれど、豆の量が控えめで赤黒い汁に豚の角煮のような肉が、ほとんど崩れかかるまで煮込んであるジャーが右端に。
そして、真ん中のジャーを開けたとき、……
おもわず
日伯友好
と叫びそうになりましたね。私は。
コメの飯が、甘い香りを放っているのです。
ご飯粒は、確かに長粒種ですが、、タイ米よりやや丸みを帯びている。
甘いと思ったのは、香りだけのでない。どうも砂糖かなにかを混ぜて、スパイスも混ぜて香ばしく炊き上げた、米の飯。味はちがえど、銀シャリ(涙)

確かに食べなれないので、最初は首をかしげてしまうけれど、
それぞれの料理は、かなり柔らか目に作られている。口に入れたとたん、とろけるという感じで、癖を感じさせない。
一品料理で、チキンとフィッシュカツとを頼んだけれど、
これまた、やわらかでなんとも食べなれた味。

もっと目新しいものかと思っていたのに、あまりになじむこの雰囲気は何?

同行氏が、そろそろタバコを吸いに行きますわ~と言い出すまでの2時間、なんとも当たり前な居心地の中で過ごしてた。

おそらく、だけど、
これらは家庭料理なのだろう。
現に、お店へ食べにくる人が私たち以外に1組だったのに、
オードブルを作ってもらったのを取りに来たお客のほうが多かったのが印象的だった。
スポンサーサイト

テーマ:食品・食べ物・食生活 - ジャンル:ライフ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/1044-26888fa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。