ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キレキャラ‥‥を許されるわけないのに、さ(悩)
土曜日、四日市でカラオケを楽しんだ。

最近の曲を知らない、というよりも、最近の曲で私のキャラに合いそうなものがないから、というのもあり
いつものことながら、古いゆったりした曲ばかり歌ってしまう

先月の同じひとたちのとのオフで、カラオケ行ったときの反省を生かしたいというのもあったし、
ちょっとはべんきょーしていかないと、と思って、
毛皮のマリーズの曲も仕込んでいったし、
当日、大声を出してみたいという気分にも押されるかたちで、曲をチョイスしていった。

……といってはみても。
30歳代の人ばかりの部屋で、
御大・越路吹雪サンの「ろくでなし」を歌うのは、もっとどうかしている、とは思う。
レパートリーを増やさないとね。


そんななかでももっともインパクトがあったのは、
嘉門達夫サンの「ハンバーガーショップ」という曲。
ハンバーガーショップの店員さんと、偏屈オヤジとの会話がセリフとして延々続き、最後には「責任者出てこーい」と絶叫する、あの懐かしい歌だ。

この曲が、奇妙に私のキャラに似合う気がする。
そして、普段抑え込んでいる部分が、解放されるのを実感もできる。
……「キレキャラ」……そうキレキャラの自分が、顔をのぞかせていたのだ。ほとんど飲めないのに、アルコールをひっかけていたので、そういうものがあらわになったのだろう。

そのあと、勢いに引っ張られる形で、ふつうの会話も舌の回転が追いつかないほどの早口で話すようにもなっていった。舌が追いつかないくらいだから、当然ながら頭もしゃべっている内容においついていない。
たぶん、会話が成立してないときもあったろうな、と今頃反省……。

せっかく、カウンセラーさんにも
「ゆっくりと、自分のいおうとしていることを反芻してから話するように」
とアドバイスしてもらっていたのに、生かせていない。
いつまでも、「イー加減なこと言う奴」との評価から抜け出せなくなるのに、何をやっているんだろう。
まだまだ、先が長い。
スポンサーサイト

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/1048-35b1eb59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。