FC2ブログ
ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポーツをネタにしたレントシーキング
くりむ翔さんの現代徒然草というblogで、このニュースを知りました。
今頃?ですけれど。

「オリックスが大阪ドームを購入」
翔さんは、買ってもお金をドブに捨てるようなものだ、
とされてますが、実際にお金をドブへ捨てたのは、大阪市ですよね。
事実上破産の第三セクタ企業からだから、数十億の破格の安値で買えることでしょう。一方大阪市には、100億円以上の債務が残ります。

こうなると、ぜひコメントを聞いてみたいのが、お金をドブへ捨てさせた人たち。
玉木某サンや、二宮某サンといった有名スポーツライタさんトです。

当時、ブレーブスのファンで、お膝元の大阪市在住だったからよく覚えています。

上記の有名スポーツライター氏たちは、こういって、大阪ドーム建設のキャンペーンを続けてました。
「これからは地域密着型でプロスポーツを運営しなければならない。球場くらい地元の政府が作って当然である」
「作るならドーム球場にしなければ、時代遅れだ」
(これ、信じてもらえないだろうが、イチローが仰木監督の下で有名になる以前は、グリーンスタジアム神戸を「パリーグで一番劣っている球場」と、そして「そんな球場で甘んじているオリックスには球団経営の熱意が感じられない」と、これら有名スポーツライターは決めつけていた。数年後、イチローが「やっぱり野球は屋外でやる方が気持ちが良い」といった途端、前言への言訳や弁明の一つもせず、イチローへのお追従で「ドーム球場なんて……」と言い始めたのだ。嘘だと思うならば、図書館とかで、「週刊ベースボール」のバックナンバーを探して読んでみて。彼等の無節操ぶりがよくわかるから)

話を大阪ドーム建設運動の頃に戻して……と。
私のようにブレーブスのファンの大阪市民もいるのだし、野球に興味が持てない5割くらいの大阪市民のためにも、と
「一部市民と営利企業のために公金支出するのは憲法違反だ」(泪)
と反対運動を始めようとして、ハコモノ行政大嫌い(のはず)の某政党の議員さんへ訴えたりしたのだけど、「お前はスポーツ振興について何もわかっていない」と一喝されたものです(こんなバカデカイハコモノがどうしてスポーツ振興につながるもんか!!……今でも悔し涙が出てくる……)

しかし、実際には、どうみても
「バブル型の失敗公共事業」でした。
地方政府の失敗というのか、政府を食い物にするロビーイストの猛威恐るべしというのか……。
彼等(スポーツライターという名のロビーイスト)は、その後何ひとつ、大阪ドームについてコメントしません。
こういう行動は、いくら控えめにいっても、
「レントシーキング」といいます。
そして、その後の態度は
「モラルハザード」といいます。

そろそろ正体を明かしたらどうですか?
あなた方こそ、宮内氏(オリックスグループの会長)以上の、アメリカイズムに染まった「エゴイスティックなエセ市場原理主義者」でないですか?

「市場原理主義」と自他共に認める僕ですが、少なくとも、自分の趣味や仕事のために、政府へ巨大支出させるような真似をしません。また、収入に見合わないような巨大投資をした埋め合わせという言訳で、資金回収のために商業主義的な「見せ物」へとプロスポーツを堕落させるのにも反対です。

本当の「市場原理主義者」は、自分たちの資金しかアテにせず(「できない」ともいえる)、責任を取れる範囲で身の丈にあった事業設計をするものです。
それが、市場に生きる者の「倫理」です。

追記)
当時の監督仰木サンに心酔して、「仰木サンのために立派なドーム球場を」と署名活動していた、バファローズファンだった皆さんにもコメントを聞いてみたいです。
スポンサーサイト



テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント
スポーツ施設が儲からないのは昔からわかってたはずなのに
まったくそのとおりだと思います。おそらくドーム建設を推進した皆様方はこうなることはいくらかはわかっていたはずです。仮に、わかっていなかった「おバカな」面々だとしたら、天然芝球場は稼働日数が限られるから(長居スタジアムは100日は無理だそうです)展示会やコンサートなどで稼働日数が稼ぎやすいドーム球場のほうがいいと考えたのでしょう。しかし、実際はドーム近辺にホテル(関係者が電車やタクシーでホテルに行くのは不便ですからね・・・)がないので展示会はやりにくいし、コンサートでは慣習の「フットスタンプ(足ふみ)」を近辺に振動をもたらすとして禁止にせざるをえないなど、とても魅力的な施設となっています。日本でも、こういう巨大施設を建設する場合はアメリカみたいに住民投票で市民に責任をもたせてからすべきだと思います。
【2006/04/28 21:05】 URL | くりむ翔 #- [ 編集]


くりむ翔さん。
来訪ありがとうございます。

>住民投票で市民に責任をもたせてから
今思うとそれくらいしないと、歯止めにならないのだろうな、とも感じますが、
当時を振り返ると、住民投票をやっても8割以上の賛成でなかったかなと思います。
熱狂的な状態でしたからね……。

おっしゃる通り、例外的なものを除いて、「イベント会場」というものは赤字経営が宿命づけられていると思います。だからこそ、球団なり劇団なりという実際にお客を呼ぶ団体とそれらハコモノを連結経営するという手を、多くの場合で使うのでしょうけども。
一方で、「儲からないからこそ公共事業でやるべき」、とのもっともな正論もあり(儲かるなら民営でやるべき」の裏返しの理屈)、これにはさすがに反論しにくいのも事実です。

つまりは、全てが”節度”の問題なのですが、こういう言葉・概念が通じにくい世の中になってしまいましたね(汗)
【2006/05/08 23:16】 URL | デルタ #JnoDGgPo [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/106-f2dd0b8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドブにお金を捨てるようなマネをしなくても(オリックス、大阪ドームへ)

オリックスが大阪ドームを買収し、チーム名に「大阪」の地域名をつける方針を固めた。ドーム再建問題に関して、これまでオリックス本社は言及を避けてきたが、5月1日にオリックス・ 現代徒然草【2006/04/28 21:07】