ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭が塗りつぶされてく
頭が真っ白になる、という表現がある。
私も、相手に一方的にまくしたてられたりすると、そんな状態になって、一言も出なくなることがある。

私は、その現象がほかの人がいう「真っ白になる」という状態は、こんなのなのだろうな、と勝手に想像していた。
他の人の頭の中、見られたわけでもないし、自分の頭の中を見てもらったわけでもないのに、そう思い込んでいた。
先日、月一回の産業カウンセラーさんの面談を受けた。
今回のは、メールの書き方を例にした、情報の整理の仕方、だった。

そのときに、指摘されて、はじめて思い当たったことがある。
 私は、やたらと頭の中に情報を溜めすぎる人間なのだ、と。

そのときに、指摘されて、はじめて思い当たったことがある。
 私は、やたらと頭の中に情報を溜めすぎる人間なのだ、と。
何かを聞くと、私の場合、頭の中に関連することが、だーと展開され始める。それらが脈絡の乱れた状態になってると、一度全部を見渡して、整理してから話さなければいけない。
だから時間がかかるのだけど、言い淀んでいる私に、相手が追い打ちをかけると、まただーと情報の展開が始まる。
……そう、私は、頭が真っ白になるのではない。どちらかというと、洪水が起きて真っ黒になる、という感じが近いのだ。

私、文章を書くときでも、話すときでも、情報をほどほどに整理して、伝えるまでに、やたら時間がかかるんです、
というと、カウンセラーさんは、アウトプットは技術の問題ですから、とこともなげに言われた。ただ、あなたのような傾向のある人は、そのスキルを定着させるのには、時間がかかるでしょうけど、とも言われた。

その、情報の展開(というのは私の言い方。カウンセラーさんは「並列に情報がたくさん蓄えられること」と表現していた)は、才能でもあるのだ、とも言える。
私には、まさにわからないことだけど、他の人って興味のないことを自然と忘れる(というのか、思い出せなくなるのかも)ようにできているのですってね?
それがないんですよ、確かに私の場合。

かつて、ある飲み友達に「あなたの未来を見極める目は、けっこう鋭いな」と言ってもらえたとき、奇しくもこんな答え方をした。……今思うと、私のアタマと五感の構造をしっかり言い当ててたんだよな。

「かすかな声が大きく聞こえすぎるんです。だから微かな変化を見逃さないのかも」

そんな、たくさんの情報が、今も私のアタマでは展開されている、脈絡が乱れた状態で。いや、脈絡、ない状態ではないのだけど(汗)

カウンセラさんに、私は、照れながら、けれど悲しく笑顔を見せて答えた。
「その特性、表に出ないので、人の役に立てられてないのですよね」
と。
……まだまだ、修行の時は長そうである。
スポンサーサイト

テーマ:言えないコトバ。 - ジャンル:心と身体

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/1061-607e8aec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。