ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひまわりでなく、コケを!!
今年の二月ごろのこと。


南相馬市で強い放射線を放つ「黒い物質」がプルトニウムでは?という疑惑で大騒ぎになったことがあるのを、みなさん覚えておられるだろうか。
あの粉の正体は、コケだったとわかったあたりで、議論(というのか、中傷合戦というのか)が止んだのだけど、
後日談は、密かに進んでいたのだ、と

今発売中のSPA!を偶然立ち読みして知った。


そもそも、この話は、去年10月に始まる。

福島のいわき明星大と岐阜のサプリメントメーカとが共同して、
イシクラゲによる除染の可能性を調査し始めていたことが、
(私も今知ったところなのだが)


当時の中日新聞の記事より引用

http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20111007135155161

いわき市と二本松市の計3カ所で、イシクラゲの生えている場所と生育していない場所を比較。イシクラゲの生えていた場所は、放射性セシウムの量が4~5割少なかったほか、イシクラゲから1キロ当たり1420~8万1700ベクレルと、ヒマワリの10倍から数百倍程度の高い放射線量が検出されたという。


そして、例の騒ぎが起きたおひざ元南相馬市の大山市議は、
濃縮されることにより「効率的な」除染の代替案として、あるいは胞子が飛びちることでの内部被曝の恐れから、コケの除去を強く訴えている。

http://mak55.exblog.jp/15784881/

このような事実を、知らずにいた人も多いのでないだろうか。

‥‥この事実から、私はちょっと教訓を得た。

最新ニュースに踊らされて、大騒ぎするだけでは能がないのだ。



(その1)考察とは何かということ
ニュースには必ず、因果がある。
その原因となる事実から、再び考えることで、
はじめて「考察」が始まるのだと。

(その2)猿真似ではいけない
チェルノブイリで効果があったということで、昨シーズンは、ひまわりが植えられた。
しかし、ご存知のとおり、思惑通りにはセシウムの固定化には役立たなかった。
これには、ひまわりの根のある深さまで、まだセシウムが浸透していない、という理由があったのだろうと推察できるのだけど、
正しい手段を選ぶためには、いろんな選択肢をまず探すことが必要だ、ということであろう

スポンサーサイト

テーマ:放射能汚染 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント
黒い物質
以前のブログでも書きましたが
黒い物質は、苔ではなくカビです。
【2012/06/03 08:44】 URL | 消えない夜 #5q92NGew [ 編集]


消えない夜さん、コメントありがとうございます。

コケだけではなく、カビにも取り込むものがある、ということなのでしょうね。
今回私が取り上げた場所のものが、偶然にもコケであっただけで。

今、放射性セシウムの土壌内での分布が、地表に近い場所に集中していることから考えても、
コケや、カビの類に吸い取られるのは、自然なことだと、私も考えます。
【2012/06/07 00:00】 URL | デルタ #JnoDGgPo [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/1081-9480a39b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。