ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部分自由化の弊害
東京新聞としては、大手、搦め手から、東京電力を責めていきたいのでしょう。

興味深い分析記事を載せました。

東電利益 家庭から9割 電気料金審査委販売量は4割弱

事業参入を許した事業所向け販売では、競争の原理が働き(というより、競争相手を意識してダンピングをせざるを得なくなり)、かといって、経営合理化も進まずに、小口契約にしわ寄せが及んでいる、ということです。

部分自由化すると、どうしても、自由化されていないところへ、しわ寄せが行ってしまいますね。
こと料金の不公平の面では、部分自由化は大失敗です。

もっとも、この傾向は、日本のほかの電力会社でも大なり小なり起きています(沖縄電力を除き)
つまり、産業政策として、「大口電力が安くなるように」というバイアスが働いてもいるせいでもあるでしょう。

これを、輸出のためのダンピングと取るか、当然の「保護」と取るかは、立場にもよると思いますが。
競争力を保つための「保護」という気持ちも、なんとなくわかります。
韓国などは、電力公社(専売権を持っています)が、
国策の電気料金値下げのために、定常的な大赤字を強いられている、というほどですから。

が、そのダンピングをしたあとでさえ、電気料金が国際比較で高いというのはなぜなのでしょうか。



誤解があるようですが、世の中で言われているような、過剰投資(総括原価方式を取っていて経営に無駄が多いという例の評論)は、こと東京電力には当てはまりません。
この会社は事業を多角化をしていた関係もあって、ROEは、電力会社の平均を超えていました(注1)。
2006年のデータですが、電力会社の平均で4.2%のROEは、東京電力では11.7%もあったのです(注2)。

ネット上になかなかいい資料がないので、国際比較が難しいですが、
中国(大陸中国)の電力会社も、平均的には、ROEが5前後なので、日本だけが経営効率が低いということもなさそうです。

にもかかわらす、日本の電気料金が高いのは、どのような要因によるものなのか、
細かな原価分析が必要な様子です。

(注1)ROEは資産価値に対する利益の大きさを示す指標。数値が大きいほど、資産価値に対して無駄がなく利益を揚げているといえる)。


(注2)その後、事業が赤字化してしまったので、ROEの値どころの問題でなくなったのですが‥‥

スポンサーサイト

テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/1086-a639c360
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。