ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ逃げられないか
夏風邪で、朦朧としてた関係で、コメントをいただきながら放置していました。申し訳ないです。
時間がかかるかも知れませんが、それぞれにコメントは必ずお返ししますので、どうぞお待ちくださりたく。

朦朧としている中で、何度となく考えました。
また、夜腹痛にうなされながら臥せっている間にも、自分が体験しているはずもないいじめの幻像が、朦朧と浮かび、苦しんだ。
……なんのことない、今報道されていることが、実体験と混同されながら夢うつつに出てきてたわけです。

第三者的に、と思っていても、根っから第三者になれるわけでない、この話題から逃げられないのだな、とあらためて自覚しました。

逃げられない、といえば。
昔、いじめられていたころのこと。
ツライなら、身の危険まで感じるのならば、
自分が逃げればいい、という意見は何度かもらったことがある。
けれど、私は、その言葉に従えなかった。
「間違ったことをしていないのに、なぜ自分が引き下がらないといけないのか」
そんな思いがあって、意地になっていた。

私の見聞きする範囲で、多くの場合いじめを受けている側には、この思いがある。

というわけで、学校の現場では、加害者への停学・自宅謹慎処分が使われたことがある。
が、これも、うまく機能しなかった。
なんといっても、本人が納得しないうちに命令が出ている以上、反省にまで至らないのだ。
また、約25年前滋賀県の湖南地方の高校で実際にあったことだけど、措置が一方的すぎると抗議して、学年の7割が同盟休校に発展したこともある。(これは、以前このBlog記事でも書きましたっけ)

それを考えると、処罰だけで事態を改善できる、ということは、甘いと言わざるを得ない。



もちろん、今回に関しては、私の受けたいじめとずいぶん様子が違うし、
また、直前まで仲が良かった仲間からの肉体的な暴行を含めて被害を受けたら、苦痛だけでなく、混乱も起きることだろう。自分を責める部分も出てくるだろうし。

そんな状況下で、そしていじめが発生して実質1か月の間に、
学校に何ができるか、個々の先生に何ができるか

……この問いにもし答えがあるならば、とっくの昔に適切な対処案がマニュアル化されていることだろう。

情報公開すればよかった?
迅速に処分を下せばよかった?
……それらは、結果論でしかない、と私は考えるのだ。

ことが起きてから熱心に犯人捜しをすることは、これまで何度繰り返されてきたことだろうか?
そうすると、しばらくは沈静化したかに見えて、実は何も解決していない。
その現場だけで対症療法になっているだけで、たいていの人にとっては、意識の表から消えてしまう。

だから、私は逃げない。逃げられない。
スポンサーサイト

テーマ:定点観測 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント
書き忘れたけれど
直前の記事で引用している、頑固爺氏の意見は、保守系の人たちによって何度となく提起されている「解決法」です。奇異なものではないかわり、陳腐という表現が似合いすぎる。

これも、現実の前では一向に効果もなく、まして、両親の心構え(あるいは思春期の心理を外から眺めただけの描像)という評価のしようのないものへ転嫁しており、実は解決法の提案として、体をなしていない。

下の記事を書いたために、誤解を受けているとすれば、私も心外なので、補足します。
【2012/07/12 23:55】 URL | デルタ #- [ 編集]


>だから、私は逃げない。逃げられない。
 格好いいですね!
まさに、「困難に立ち向かう男一匹ッ!ここにあり!」って感じがします。

今までの記事を読んでいて、
デルタさんはちょっと変わっているけれども、
なんだかんだ言って、根はかなり気真面目な方なんだなぁと思います。

頑固爺氏と違って、
コメントしてくる相手を見下したり、
コメントにNGワードを設定したり、
コメントを削除したりしてないのも、
正々堂々としていて良いと思います。

本当は、多感な、それこそ中学二年生くらいの時期にこそ、
デルタさんのような年上の知り合い(父親やクラスの担任や部活の顧問を除く)を作って、
自分と違った考え方や、価値観に触れてみるべきなんだろうなぁと感じました。
上から目線のコメントになってたらすみません。では。
【2012/07/13 01:00】 URL | 内容のないコメントで削除された者です #EB29KFfw [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/1103-888c9b86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。