ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

答えは自分が一番知っていたのかも
職場での自信喪失と、転勤での心身の消耗とがきっかけになって受け始めたカウンセリング。もう8か月目に入った。

「あれ?髪型を変えられたんですか」
と軽口を言えるほどには、まだ慣れたわけでないけれど、
本心を語らないタイプの……というと恰好つけすぎで、自分の本心がどこにあるのか、本人にもわかっていないのだから、かっこ悪い話なわけで。

私のいろんな側面を教えていただいた。
「会話の途中で頭が真っ黒になる現象」を意識の上にのぼらせてもらい、
「並行して2つのことを進めることができない」ことも
「一生けんめいに相手のペースに合わせて話しているので、会話に頭がついていけてない」ことも
「情報をアタマにため込んでしまう」癖も。
そんな私の癖をあらためて考え、
自分の性格と、行動との不一致におびえながら、
迷ってばかりだったはずなのに。

この先の自分の生かし方には、すでに気づいていたらしい。
最近の仕事はどうですか、と聞かれ、
特許調査や、事業計画の資料つくりをしていることを答え、
だいぶん楽なんですよ(いつまでこの状況が続くかはわかりませんけど)
と何気なく、答えた。

なぜか楽なこと……だから、なんとなくこちら方向の仕事を増やしていけたらな、と2年前から思っていた。
だから、法務やライセンスの仕事へ移行していけるようにアピールしようと、ビジネス実務法務検定を受けようと勉強しはじめてもいた。
まったくの理系の人間にとっては、手探りの方針変換だけど。

カウンセラさんは、そんな私のことを、いかにも安堵したという表情で終始聞いてくださってた。

自分で気づけて道を探せるなどというのは、すごいことだし、
しかも、私の認知特性(認識のしかたの癖)からいっても、仕事の適性はむしろそちらのはずだ、と。
(私は、文字情報を処理することには長けているけれど、音声になるとからっきしダメになるらしい。結局は話しているうちに、音声を貯めるワーキングメモリー(一時メモリー)がすぐいっぱいになってしまい、長く話すと支離滅裂になってくるようなのだ)

今は隣の芝生が青く見えているだけかもしれない。
文系の勉強を積んでこられた方からは、なんと安易な判断と顔をしかめられるかもしれないけれど、
八方ふさがりよりは、よほどいい。

齢42にして、自分の生き方と天命を探す「思春期」の時期がようやくきたようだ。
スポンサーサイト

テーマ:アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル:心と身体

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/1108-020d0165
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。