ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エネルギー需給を一段戻って考えてみる
今日の産経新聞に、エネルギー政策について少し目先の違った記事が載っていた。
ガスを用いた冷房機器が、大阪府下の小中学校に導入されつつある、というものだ。

こういう産業政策については、同じフジサンケイグループの中でも、SANKEIBizの方が良質な記事を流してくれるので、要約してみよう。
(元記事: http://www.sankeibiz.jp/macro/news/120902/mca1209021015002-n1.htm )

 ・交野市(大阪)では、去年6月までに小学校10校中学校4校のエアコンを整備した。予算は約6億円。このエアコンは都市ガスを動力源にする「ガスエンジン・ヒートポンプ」(GHP)のエアコンである。
 ・他にも、大阪市(130校)が2学期からの利用に向け工事中
 ・都市ガス業者(大阪ガス)とのGHP契約の増加は、冷却能力の規模でここ10年で倍になるほどの伸び。電力供給不安を背景に需要拡大を図っていきたいと、同社。

さらに業界資料を見ると、
去年までの11年間に、都市ガス・LPガスのヒートポンプ冷房は、電力換算で原発4基分に相当する出荷量を誇るという。
そんな状況にあって、興味深いのは、政府(資源エネルギー庁)の動向だ。
どうも、本庁の原子力部門や、内閣府のエネルギー環境会議と、意思統一が図れていないようなのだ。

業界団体の「日本LPガス業界」がまとめた資料をHPに収録し、

「望ましいエネルギーミックスの実現に向けて」LPガスの役割を増そうと呼び掛けている。
望ましいエネルギーミックスとして

 省エネ節電対策を抜本的に強化の具体策として、
  1.電気とガスの役割分担(調理や給湯などガスで出来る事はガスで行う)
  2.GHPの普及促進 (電力負荷の平準化(ピークカット)及び省CO2)
を挙げていることが目につく。

http://www.enecho.meti.go.jp/info/committee/kihonmondai/12th/12-5.pdf

先のエネルギー環境会議のパブリックコメントの目的として、、
「2030年を見据えた日本のエネルギー政策について国民全体で議論を深めたい」
としていたにも関わらず、
「送電線を使って使用者へ配電する電力供給方法の内訳に、原子力がどの程度を占めるべきか?」
という話に矮小化されてしまっていた。

私はなぜそのような矮小化をするのか、今でもいぶかしんでいるのだけど、
少なくとも、資源エネルギー庁内部では、
電力が総エネルギー需要に対してどの程度の寄与させるべきなのか
という問題意識を持っているのだろう。

われわれも、原子力の是非とは別に、視線を高くして見直すべきものがあると、私は考えるのだ。

スポンサーサイト

テーマ:「原発」は本当に必要なのか - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/1115-306249e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。