ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

撮り継ぐ映画、積み上げるデータ
我謝京子監督の作品『311:ここに生きる』というドキュメンタリー映画を先日見てきた。上映後の監督のトークがむしろ印象に残った。福島の環境物質の分析会社の経営者(女性)が、監督へメールを送っていう。

『311以降、福島はカタカナやローマ字になって、世界を飛び回ったが、今は、フクシマのネタに飽きられたようですね』


そんな彼女の会社では、地銀から借りた1500万円で長期リースされている分析機で、自家用の井戸水の持ち込みサンプルの測定が続いているという。
もちろん、有意なレベル(言い換えれば、自然放射線のレベル)を超えるような水のサンプルは滅多に出ることはなく、今後も、更に頻度は減っていくことだろう。
だが、安心感を担保するために、そして周囲の誤解を解くために、図り続けなければならないと、社長さんは心に決めているとのことだった。

口先でなく、データを示すこと、
そして、データでのみ決着をつけること、
出発点はそこにあるだろう。

この映画の続編は、今後10年オーダーで撮り継がれることだろう。
それら続編で、データの積み上げが、どのように安心感へつながるのか、
私も見守りたいと思っている。
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/1119-c01db994
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。