ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改正著作権法覚書
今日から、違法ダウンロードに対して、著作権法違反での処罰が科せられることになりました。
このように一言でまとめると、どこまでも違法行為に見えかねず、漠然と不安になる方も多いと思います。

私の勉強も兼ねて、整理してみました。
ご参考になればうれしいです。
また、私の解釈に間違いや疑問がありましたら、コメントくださると、大変助かります。

【何が処罰される?】
下に示す5つの条件が、同時に満たされなければ、逮捕や起訴は、ありません。

(0)大前提!対象は、何?
…動画もしくは、音声(それらの組み合わせを含む)であることが、まず大前提です。
動画は、文字通り「動く絵」です。デジタル化されたものならゲームの画面も対象と考えないといけません。逆に動画からのキャプチャの静止画は、対象外です。
静止画と音楽を組み合わせたものであっても、音楽が音声に当るので、対象です。

さらに、著作隣接権も対象になっていることも留意して下さい。作品自体の著作権が期限切れしていているものの実演も、対象なのです。
(例)
民謡やクラッシック音楽の演奏
古典落語の口演
民話や古典文学作品の朗読
などなど。


(1)有償著作物等であること
    本来は買わないと入手できないものであることが、前提です。

(2)違法に公開されたものであること
何が違法かと考えるのは、面倒といえば面倒なので、著作権者の許可を得ないで公開しているもの、と解釈しておけば、大きな間違いでないでしょう。

(3)自らその事実を知りながら、行った保存であること。
 有償の著作物であることを、認識して、ダウンロード・保管した場合に限られる、という意味です。
なお、「知りながら」という部分にも注目すれば、
本人が意図せずに残っている、例えばPCのキャッシュに残ってしまっているものは、対象と見られることはないと、わたしは考えます(文化庁の見解にはない解釈なので、判例が出るまでは、確定でないですが)

(4)侵害された側から、告発されること(親告罪)
これ、案外、ニュースなどで報じられてないことですね。
権利を持った人達が検察へ告発すれば、何らかのニュースになるでしょうし、その人(業者さん)も、プレス発表するはずです。
…つまり、抜き打ちで捜査されるわけでない、という点は、安心して大丈夫です。

【ではどうすればいいか】
一つ目の自衛策として、
音声だけのものは、ダウンロードしないほうが無難かと思います。
音声だけですと、出所がはっきりしないからです。
もちろん、出所がはっきりしない場合は、「違法アップされたものと知らなかった」との主張に説得力が出ますが、
「疑わしくは被告人の利益に」の原則が崩れつつある(結果責任を厳しく問うようになってきた)今の日本では、その主張が法廷で通るか、心許ないと、私は感じます。

2点目。
著作権者から直接データを入手すること。
(2)違法に公開されたものであること、が条件にあるのに、注目下さい。
著作権者が公開しているものに、違法なアップロードをされたものはあり得ませんので(笑)。
また、一般的な動画サイト経由での場合には、出どころについて想像することをお勧めします。TVの録画などはアウトの可能性が高い。ティザーならば、対象外であると考えていいでしょう。
(このことから考えると、歌手のプロモーションビデオを入手するなら、公式サイトからのダウンロードが一番間違いない、と言えますね)
スポンサーサイト

テーマ:ITニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/1120-36005f7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。