FC2ブログ
ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

藪をつついて蛇を出す!?(日本の経済格差へのOECDの目)
今日、お昼に報じられたこのニュース、案外コメントされてる方が少ないですね。ようやくみつけた先行者の方へ、ささやかな敬意とともに、その記事をまずLINKいたします。


「日本、格差大きい国に」 OECDが審査会合で見解



OECDのこの見解では、煎じ詰めれば、
「経済格差が拡大している。その原因は、正社員を優遇しすぎているためだ」
と、まとめている。
藪をつついて蛇、と言う感じの、苦笑せざるを得ない指摘だ。
たしかに、”誘因”を極端な大見出しで取り上げている。
というか、何が主因なのか、いやそもそも”どの観点での”経済格差”が広がっているのか(時給の格差というなら、昔から変わらない。総収入の格差というならば、高度成長期の専業主婦が無収入であったことが抜け落ち、奇妙な議論になる……等々)、いいだしたらキリがないので、
OECDのいう、同一労働に勤しむ従業員間の待遇格差という点にとりあえず絞ると、
まさに、OECDの指摘は「事実認識として」正当だろう。
「正社員」である私、……周りの非正社員の人たちとの格差に、おののいている。
ただ、マジョリティー(より正確には”声のデカイ立場”)を正社員が握っているので、不平が顕在化していないけれど、実態としては、公務員バッシングが激しかったころイビツに報道され続けた”官民格差”以上の、不平等な待遇格差がある。

「雇用形態によらず、同一労働同一賃金」とのオランダ風の雇用形態ができれば、解消していく質の格差だろう、とすると、格差の原因が、雇用者の態度や経済政策というより、正規従業員のみによる労働組合の態度にある、と結論できてしまう。

(ただ、去年の春闘から連合も、さすがにパート労働者との格差を取り上げるようになってきていて、今年も賃金以外の待遇をある程度改善していっている。
過渡期、ではあるけれど、あまりに処置が遅すぎた)

次は、ILOの見解を聞いてみたいな。
賃金格差は、つきつめれば労働問題そのものでしかないのだから。
スポンサーサイト



テーマ:格差社会 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/138-0421737b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

過半数の世帯が感じる「生活苦」

所得二極化進む、「生活苦しい」最悪56% 厚労省調査 世帯の年収が300万円未満の低所得層や1000万円以上の高所得層が増え、二極化が進んでいることが、厚生労働省が28日に発表した05年の国民生活基礎調査でわかった。「生活が苦しい」と答えた世帯は前年比0 S氏の時事問題【2006/06/30 00:37】