FC2ブログ
ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

以て瞑すべし
前に勤めていた会社の株を最小単位分だけ、退職を期に買っていた。
USAでリストラの対象になったヒトの間で、こういう投資法が流行ったと聞いていたからだ。
自分たちの部署がなくなってから、会社の業績が上向いて、若干の儲けを出しているのが、切ない。
ま、そういう話は、端に置いておくとして。

株主総会の報告資料を読んだ。
良く読むと、自分たちがいた部署を売却した代金が、損益計算書の「特別利益」の項にあった。
部署の売却で会社を移る予定だった人数で割ると、一人あたり約5000万円。工場一つ、知財権も含め一切の代金としては、やっぱり小さいのでないかな……。
けれど、この決断のおかげで、売った側の会社も、私たち自身も、譲渡の代価のお金自体も、譲渡された工場も知財権も、すべて「生気」を社会へ送っている。

こうなって初めて、現金を”生き金”にする、良い買い物といえるのでないだろうか。
以て瞑すべし。

以上、マイナーコードをBGMにした、FUND OF DELTAの運用報告でした、っと。
スポンサーサイト



テーマ:企業買収 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/139-f1814550
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)