FC2ブログ
ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

春の日のクマは……暴走する!?
ぺ・ドゥナという喜劇女優がいる。
……誤解だ、偏見だ、との声が聞こえる気もするけれど、
私には、聞こえない。却下。

裕木奈江と斎藤由貴と上野樹里のそれぞれデビュー当時を足して三で割ったような(爆)ツルッとした顔で、ただしかなりやせ形で背が高い。(一見、ボーイッシュでカッコイイ)そんな子がヒョコヒョコ歩いたり、なんの脈絡もなく笑い出したりと、不思議ちゃんを演じるのだから、妙なおかしさが醸される。

彼女が出ている映画「春の日のクマは好きですか?」を見に行った。
名古屋の駅前、シネマスコーレへ……わざわざ1時間以上電車に乗って。

日曜の午前中の上映、しかも、マニア受けするような映画館だったからか、
割に年配の男女が多かった。

冒頭から、黒縁眼鏡を掛けてキャッチャーミットを構え憧れの男の子が投げる硬球を取ろうとしてみたり、妄想シーンでシロクマのカブリモノを被って暴れたり、
これを喜劇女優の芸風といわずして、なんというのですか?
ここまで潔よい女優さん、なかなか見ることできません。
(見ようによっては無茶苦茶カワイイのは事実、とフォローしておく)

妄想とテキトーさと思いこみの3成分から構成される女の子(まだ「女性」を自覚しきれていない)が、図書館の画集に書き込んである「春の日のクマのような君がいとおしい/冬眠から覚めたばかりのクマのような 云々」という言葉に舞い上がって、職場の友達にけしかけられつつ、どんどん暴走してくれます。ドンハという幼友達の男の子ツンキャンしてばかりで……冷静に見て彼はこんなキザな、もとい「素敵な」セリフを書くように見えないよな、とは思いつつも、ドンハの一途さに男たる者、一言入れたくなります

「ヒョンチェ(ドゥナな演じている役名)、エー加減に気ぃつけよ!」

しかし、面白くもわかりにくいドンデンガエシが終盤に唐突な形で出るので、これから見る方はお楽しみに。

今思うと、途中、指定された画集を先に借りているご婦人がいう
「あなたが、その(告白されている)女性なの?イメージに合わない」は、本来もっと笑うべきところだったかな?
その映画館のチラシに、名古屋のライブハウスのスケジュールが差し込んであった。
今週土曜日、8日にサンタラがやるらしい。

……今週末も名古屋へ繰り出すこと確定。
スポンサーサイト



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/141-52e460d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)