ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新首相……ピンと来ません
ま、安倍さんが首相にならはった訳ですが、
お手並み拝見、というところでしょうか?
……そうとしか言いようないですやん、これといったドクトリンを表明していないのだから。

ただ、この人、マジで宗教者のほうが似合っている。
「所信表明では、私の考える『美しい国』をわかりやすく説明したい」
トップになって最初の演説で、「私の考える”美”を語るというセンスは、
芸術家か、宗教家のものです(苦笑)

前任者の小泉サンは良くも悪くも、「政治」家でした。日本では珍しいくらいに、社会に対して原則論を貫き通した人でした。
その反動かも知れません、安倍サンは、美だの家族だのと、「文化」を語ろうとしてます。
日本語ではこれらをまとめて「保守主義」といいますが、
小泉サンは「自由主義」(ただし、自由主義にしてはかなり不徹底)
安倍サンは「民族主義」(言葉がキツイから、「伝統主義」と訂正するかな)。

政治的な意味での「日本」が、在来の日本人だけで構成されているうちは、安倍サンの人気はソコソコ保てると思います。が、こういう「国家」と「民族」の蜜月がいつまで許されるか?

ところで、安倍サンも含め新閣僚は増税に慎重です。経済成長が続けば、所得が増えて、税収も増える、……こういうあたり、自由主義経済理論をツマミグイしているのが笑えるところ。
財政関係者の見込んでいる日本の経済成長は、潜在的な成長余力を越えている、と各方面から指摘されているのに、耳に入っていない様子です。
僕自身はケインズ政策をアテにしませんが、
仮にもケインズ主義的な財政政策を考えるならば、税金は上げられるときに上げておかないと、景気後退期に糊代を失います。そのあたりのことがわかってないのかな(苦笑)?

そんなわけもあってでしょう、韓国のサムスン研究所は見抜いています。(薫のハムニダ日記サンの記事で知りました、多謝)

「経済成長重視、低金利で円安傾向へ」
スポンサーサイト

テーマ:安倍晋三 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

1日で1個から4096個に増えるバクテリアの個体数の成長率は409500%/日で、環境の制約がなければ数週間で増え続けたバクテリア個体の合計の重さは地球の重さを超えることになりますが、現実には、1億年間のバクテリア個体数の成長率はほぼ0%です。なぜなら、地球の成長率がほぼ0%だからです。

要するに、部分の成長は長期的には全体の成長を大きく超えません。マイクロソフトの成長率だって、2005年にアメリカ経済全体の成長率とほぼ同じになりました。

格差が広がっているということは、部分の成長が鋭く突出し、全体の成長が鈍いということです。遅かれ早かれ、突出した部分は再び全体の中に埋没するでしょう。

日本の大企業は日本経済の突出した部分で、日本経済は世界経済の突出した部分です。世界経済全体の成長の失速が、日本経済と日本の大企業の成長を制限するでしょう。

安部晋三の「主張する外交」はかっこよく聞こえますが、主張の中身が単なる民族国家的なエゴイズムに過ぎなければ、結局は日本の国益を損ねることになるのです。
【2006/09/29 10:27】 URL | Lexar #tV7uNBRQ [ 編集]


こんばんわ~。
安倍さん、総論を語っていても、政策などに対する具体論がほとんど見えてこない。
小泉さんのような強かさ、厳しさ、激しさを持つ政治家のようには思えません。
まあ、あの小泉さんの後だからかえって安倍さんのようなタイプが好まれるのかもしれませんけど。

安倍さん、結局たいした事をやらぬままに3年近く政権の座にいるような気がします。
そしてそのあとどうなるかは、しりません。(爆)
【2006/09/30 19:24】 URL | kazu #- [ 編集]

ある宿命
Lexarさん、お久しぶりです。
ある一部分が大きくなればなるほど、全体への寄与率も大きくなるので、全体に律束される、というのは、当然の理ですね、考えてみれば。
USAも結局失敗しているのですが、部分として大きくなる過程で、その内部に「世界」を矛盾なく取り込む、という作業が必要もあるのかも知れません。(USAの人たちにもその意図があったとは思うのですが、ハンチントン氏みたいに最近ではそれを「統合」ととらず「分裂」と取るみたいですね)

日本の成長率が、世界の平均値をだんだん越えにくくなってきているのも、書いておられる理屈と同じことと察しております。……が、阿倍サンをはじめとして、「イノベーション」をオマジナイの一種のように使って、現実から目をそらしているのが、笑っていられないのですが……、笑わずにいられません。

「主張する外交」
>主張の中身が単なる民族国家的なエゴイズムに過ぎなければ、結局は日本の国益を損ねることになるのです。
そもそも、日本国内で「主張」をまとめることが可能なのでしょうか?(とLexarさんにお聞きするのも変ですね。彼等が、「できる」と思っているのだから、仕方ないのだけど)。
彼が在任中の間に、「主張する外交」と「反論する外交」が火花が散っているのをヨソに、それを冷笑しながら別な層の両国民の一部同士が(「主張」「反論」を無視する形で)関係を強化していく、という事態を、私は予測します。
こうなったら、「国家」の面目丸つぶれ(苦笑)
【2006/10/03 00:54】 URL | デルタ #- [ 編集]

これも一種の無為の治?
kazuさん、こんにちは。
>政策などに対する具体論がほとんど見えてこない。
私には、当然に思えるのです。彼の主張を、いざ法律や予算案に書こうとしたら、「そんなもんを、法律で決めて良いの?」と彼自身でさえ、悩むでしょうから(爆)
彼の言っていることって、
「家族を大切に」「北朝鮮は拉致被害者を返せ」等々
法律に書きようがないものがずらっと続いてるのですもん。

ただし、こういう「何か言っているが、具体化できていない」内容のほうが、「具体化した政策・法案」よりも選挙に強いのも事実です。
「マニフェスト」も、そのことに気付いた政党関係者のせいで、各党ともずいぶん抽象的になってしまってます。
この現象、私が思うに、国民がわりと頭が良い証拠でないかと。
政策を作る人たちと同等以上に頭が良い有権者が見るから、具体的なことを書いたら、有権者が矛盾をつつく。……何度かそういう選挙が続きましたよね?

阿倍さん、3年持ちますかね……?
時期的にいってかなり貧乏くじを引いているように、私には見えるのですが(苦笑)
(例)景気がそろそろピークを迎え、下降傾向になりそうなこと
   それに伴う税収の伸び悩みで、増税が避けられないこと
   等々
【2006/10/03 00:57】 URL | デルタ #JnoDGgPo [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/184-e30f54eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

安倍政権発足で円安続く

イギリスのタイムズ紙の社説で「過去をごまかさず、毎年の靖国神社参拝で中国を愚弄(ぐろう)せずに」戦争の犠牲者へ哀悼の意を示す方法はあると書かれたそうです。日本の新政権。「過去ごまかさない方法を」 安倍首相誕生で英紙社説(朝日新聞 2006年09月27日)私は英文 薫のハムニダ日記【2006/09/29 10:52】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。