ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭に来た!!
私が朝日新聞に噛みつくなんて、たぶん10年に一度もないだろう。
その私が我を忘れて怒っているのだから、よほどのことと察して下され。

滋賀県の新幹線新駅について、
「新幹線新駅 それでも造るのか」(10/02付)
と題して社説を上げているのだけど、
なにも寄りにも寄って、厚狭駅(山口県山陽小野田市)を引き合いに出して揶揄する必要ないではないか!

厚狭駅の周囲10kmの範囲にある市町村は、結局のところ山陽小野田市しかなく、その人口は5.6万人。一方、栗東の周り10kmには、栗東,草津,守山,野洲,湖南,大津の6市があり、その人口は計60万人を超える。
両者を混同するのは、大津市(人口30万人)の実績で横浜市(人口300万人)の見積もりをつけるのと同じ程度に愚かだ。

それとも、「在来線との接続が不便で、隣の町の新幹線駅(東京)まで在来線で20分しか掛らないのだから」と新横浜駅を廃止しよう(同じ立地条件の滋賀県南部に新幹線駅を作るのがムダなのと同様)、と私が主張しても、
「一考に値する」と、朝日新聞の論説委員たちは考えるのだろうか?

また立地についても
厚狭と隣駅までは、新下関,新山口ともに20km前後であるのに対し、
栗東だと、京都まで25km、米原まで45kmある。

>利用者は1日3千人の見込みに対し、昨年度で800人台にとどまる。
という厚狭駅の利用状況を参考にして、人口比から栗東新駅の利用者数を見積もったら、この約10倍8000人台となってもおかしくない(まして厚狭にはこだましか停まらないのだ)。

となれば、
>開業から10年後の乗降客は1日9千人。
という推定もあながち大きすぎると言い切れない。(大体にして、隣の米原駅でさえ、周りの人口が20万人程度なのに一日1万人の利用者数を数えるという)

阿倍晋太郎・晋三親子のご威光だけで誘致した「政治駅」と一緒にされるとはめっちゃケッタクソ悪い!

(滋賀県の人間ってわりと常識的で謙譲の美徳を持っているから、中央政界へ働きかけたり、官僚に圧力を掛けさせたりしないのさ、他の地方の人とは違ってね)


彼等に匹敵する政治力がある政治家がいれば、20年以上前に新幹線の新駅も、国道161号線バイパス(現「湖西道路」)も出来ていた。田舎だから、というより、中央政界での発言力の差で、今日までほったらかしにされ、
スプロール化で人口爆発が始って、にっちもさっちもいかなくなり(例えば大津市が人口あたりの交通事故死者数日本一という状態が10年以上続いたことなど)、やっと振り向いてもらえるようになった、というのに。


問題なのは、
・駅をひとつ新設するだけのために、なぜ240億円もかかるのか、詳細が不明であること。
・黒字の優良企業の事業投資に対し、公金を支出すること
それに加えて大津地裁で判決が出たように、
・起債の理由から外れた流用で資金を用立てしていること
の三点だけなのだ。どうして、この3点にスポットを当ててくれないのだろう?
滋賀県や栗東市は、欲に眩んだ(あるいは土建企業の利益誘導に夢中で周りが見えていない)オバカな自治体なのではない。
払う必要のないお金を、黒字企業へ貢ぐ「どうしょうもないお人好し」に過ぎない。

繰り返して言おう。この件について最大の悪人は、
 ・有力な政治家の後押しもないしさ、放っておいても怒られないよ
 ・「滋賀作」どもしか得をしないものを作るのが面倒くさい
 ・東京-大阪間の”都市間交通”のスピードアップを「滋賀作」が邪魔しようとしている、生意気だ
 ・「滋賀作」は「ゲジナン」の車に乗ってれば十分なんだよ!
等々
と奢った考えを持っているJR東海およびその関係者(JROBである反対運動の会長を含む)と、在東京(大阪)のメディア諸氏でないのか?

「滋賀作」:滋賀県人、「ゲジナン」:ゲジゲジナンバーの略で、滋賀ナンバーの車のこと、ともに、京都大阪の人が滋賀県を揶揄する時に使う言葉。
スポンサーサイト

テーマ:朝日新聞 - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/185-eb9edab8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。