ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノーベル平和賞 ムハマドユヌス氏
バングラディシュで”村落銀行”を作り出したムハマドユヌスさんがノーベル平和賞に選ばれた、とのニュース。どんな仕組みなのだろうと気になり調べたけれど、お金の貸し方については説明があっても、どう集めたかの説明がない。
おまけに、BLOGで取り上げる方も少なく、なんだかさみしい。私が知る限り、たったひとり取り上げておられる方へ、敬意と一方的友愛の情を込めて、ニュース紹介の部分を引用いたします。

 13日に今年のノーベル平和賞は、バングラディッシュのムハマドユヌス氏に送られることが発表されました。さっそくムハマドユヌス氏について調べてみました。

ユヌス氏はバングラディッシュの経済学者で、アメリカに留学し経済学を学んだ。バングラディッシュの飢饉をきっかけに貧困層を救済する実践的な事業に身を投じた。

彼はグラミン(農村)銀行を設立し、貧困層の人々に対して無担保でお金の貸付を行った。...
ノーベル平和賞 ムハマドユヌス氏



ともかく、そんなわけで、深く掘り下げることはひとまず断念した。
だいぶ前に書いた、「みんなでつくる奨学金」のアイデアに反映できると思ったのだけど、残念。
さて、中日新聞にこの先生にインタビューした人の署名記事があった(10/14朝刊)。
その記事に出てきたこの先生の言葉のひとつが、非常に印象に残った。

「distrustが、経済社会の発展を妨げている」
distrust……信用喪失、とでも訳すのだろうか。
国どうしの信用、コミュニティ内での信用、個人間の信用、
いろいろあるけれど、それらがなくなって経済活動が停滞しているな、とは、僕自身もここ10年くらいの日本を見ていて感じている。
だから、格差社会の議論がかしましかった5月にはこんな記事を書いたんだ。


信用がなくなると……、
結局、人は資産を手元に溜め込んでしまう。……日本なんかだと、これはこれで”豊か”であり続けることができるけれど、貧富の格差は永遠に固定されてしまう。

一方、信用をとりもどせば、
人や社会が蓄積した資産が少なくても、”流れ”が活発になり、豊かになる(それが本当に”豊か”なのか、には少々疑問が残るけれど。例えば、バブル期の日本でも”豊かさ”を実感できなかったように)。そして、活発にゲームが繰り返されることによって、格差は解消していく方向へ向かう。
バングラディシュの経済状態がどのようなものかを調べられていないけれど、
この活動の結果、最貧困層を確実に少なくできているだろう。

私にとっては、お手本にしなきゃいけない先人だな、と思った。
スポンサーサイト

テーマ:これからのお金の形 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント
自己レス
だんだん、不条理な怒りが沸いてきた。
こんなに先取的で、深い味わいのあるニュースを、
時事に詳しいblog開設者の諸氏はなぜ一切紹介・コメントしないのだ!?
探しても、探しても取り上げている人が見あたらない

……経済格差,金融,経済発展なんて今の社会のキーワードやん。
それとも、その程度に軽く考えてはるわけ?……
【2006/10/16 23:49】 URL | デルタ #- [ 編集]

お礼
ご来訪とトラックバックありがとうございます。今後ともみなさんに有意義な情報を提供できるように勉強して行きたいと思います。今後ともよろしくお願い申し上げます。
【2006/10/17 07:08】 URL | 流星 #GHYvW2h6 [ 編集]

お久しぶりです
関連記事書いたんで、TBしました。
経済関係の人が書いてるものには
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/539fc1e27cb834f65da8069988fca07c
なんかあります。
グラミン銀行、5人のグループで融資を受けるんですが、連帯保証はないそうなんですね。
くわしい仕組みはわからないんですけど。
http://www.grameen-info.org/
↑をみて研究します。
【2006/10/17 13:19】 URL | おこじょ #n08XGfOg [ 編集]

恥多キ人生
中日新聞の記事について、書き間違いがありました。
「distrust;不信」が正しい、disconfidenceなんて言葉ありませんヮ
とんだ恥さらし、および、中日新聞の記者さん、ユヌスさんにおわびします。
【2006/10/20 00:31】 URL | デルタ #- [ 編集]

流星さん
流星さん、ご来訪ありがとうございます。
このネタ、あまりに周りが静かで、書いておられたあの記事に出会えなければ、私も書くきっかけを失っていました。
今後ともよろしくお願いします。、
【2006/10/20 00:37】 URL | デルタ #- [ 編集]

ワー英語だ(悲鳴)
おこじょさん、お久しぶりです。
グラミン銀行のサイト、当然ながら英語なんですね(汗)
金融関係の見慣れない単語に、絶句絶望の今日この頃……

つたないながら読み解く限り、やはりお金の貸し方・回収の仕方に特徴を持たせている様子ですね。
それだけ、特に宣伝しなくても貸すしたいという人が集まるのかもしれません。
とすると、ストックとしての貧富格差が反映されているようにも思え、
ちょっと複雑な気分です。
【2006/10/20 00:46】 URL | デルタ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/192-23d2c81f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。