ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「所有と国家のゆくえ」(立岩・稲葉共著)……書評未満
どこで書いたか覚えていないのだけど、どなたかが立てた「共産主義は実現可能か」との設問に、私はこんな答えを書き、ケムに巻いた記憶がある(爆)

「未来永劫不可能とは思わない。ただし、私を含め人々が共産主義に納得するには、”所有”の概念が、整理されて、今とは違った定義に落ち着いていないといけないだろう」

所有の定義が「優先使用権」くらいにまで縮小されたら、共産主義の出番が来るかも、との見解。……けれど、今は、”所有”といえば「煮て食おうが焼いて食おうが、はたまた誰にいつ譲ろうが所有者の思いのまま」という意味合いであるから、その道のりは遠いですぜ……、という意見だったわけ。

私の立場とは対立するけれど、まさにこの問題意識を持っている学者サンといえば、立岩真也さんだ。
彼と稲葉振一郎さんとの対談本
「所有と国家のゆくえ」(NHKブックス)を書店で見つけ、購入した。やっと1章を読んだところだけど……。
”「自分の所有できるものとは、自分の作ったものである」というならば、「自分の身体は、自分のもの」ではなくなるぞ”、との指摘が痛い、とっさに反論できない(苦笑)。マジメにこの問題へ取り組んでいる学者さんは、やっぱり骨のあることを書かはる、と脱帽。

なんというのかな?
今の政治に関する議論って、「行政をどうするか」に終始していると私は感じている(少なくとも日本では)。
が、その前にこの手の本を読んで、「政治は社会をどこまでを担当してしかるべきか」「法律で決めて良いのはどこまでか」という問いに向かい合う必要が、現実にでてきていると私は思うのだ。
試しに日本の財政をみて欲しい。
「増税の前に無駄遣いを無くせ」なんていってみたところで、
収支バランスがそんな小手先で釣り合う訳がない。
国債の新規発行分(収入)は、支出項のうち公共事業費と防衛費とを足し合わせた額より大きいのだ(06年度予算)
ゼロベースでの議論が必要なの、わかってもらえませんかネ。
スポンサーサイト

テーマ:政治哲学 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

過日はご訪問有難う御座いました。

共産主義とは、今では懐かしい響きとなりました。共産主義の教祖マルクスは、ユダヤ人でした。それ故に彼の思想は、聖書的でした。つまり位相同形です。現在のイスラエルには、ギブツというものがあります。あれこそ共産主義の体現です。いやあれを理想としたのが、マルクスの理論のようです。ご指摘のように所有が何になのかが肝心のようです。

それにしても、今時共産主義という言葉を目にするとは思いませんでした。

失礼しました。
【2006/10/27 23:47】 URL | 隊長です #- [ 編集]

To 隊長さん

ご来訪ありがとうございます。
確かに、共産主義を云々する人、減りましたねぇ。むしろ反対な私のほうが、「なんか学べる面ないかな」と、その妙味を探っていたりするのですが(爆)

わたしは、マルクスの著作を読んだこともなく、なんとも申せませんが(苦笑)
共産主義を広めようとした人たちが、何を理解してもらえず苦しんでいたかは、読みとってきたつもりです。
……というより、あらゆる経済理論、経済体制は、「所有」と「交換」と「信託」との三種の行為をどう定義するかの違いでしかないかな、と私は、最近感じつつあるのです(これだから、シロウトは怖い)。
このあたりのことをアイマイなまま、最近、経済構造を変えようとしてませんかね~。
【2006/10/30 21:41】 URL | デルタ #JnoDGgPo [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/196-d5b141a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。