ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時効だからと告白
必修教科の履修不足、か。
こういうのって、公然の秘密でなかったのかな?
それとも公立高校で実行されたから、問題になったのか?

受験生の方が、冷静にコメントされているのをみて、ちょっと安心しながら、私の体験を告白する気になった。

約20年前、私も、滋賀県の某私立高校の出来たばかりの特進科を出ているのだけど、
体育の授業が標準時間より週2時間分少ないカルキュラムだ、と校内で公知になっていた。
これも、県教委にまで知られていたら、卒業に要する単位不足と指導されていたろう。
この手の問題って、保護者と学校との馴れ合いで出てくるものでないかと思う。
中学・高校の3年生の担任教諭が芸術科の先生になったといって、「この大切な時期に」と親が掛け合ってきた、なんて話、当時よく聞いたが、根がそれを同じだ。

学校の勉強は、そのときの一過性のもの、限られた時間に「詰め込み」をしたって自分のものにならない。だから、内容・量の多少を大騒ぎするのは徒労だ。
……大騒ぎする人たちは、よく言うと優等生、悪くいうとそれ以降に学ぶものごとを異様に軽視している(人間の内発的学習の効果を軽視している=愚民視している)自称インテリたちでないだろうか。

……こんなこと書くと、体育や芸術の授業を軽視しているように見えるかな?
むしろ僕は、この2つこそ大切にしてほしいと思っているくらい、と蛇足にも付け加えておく。
他の勉強は、社会に出てからひとりでもできるけれど、
芸術(特に音楽)と体育はひとりでは身につけることができないから……。
スポンサーサイト

テーマ:教育問題 - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/199-588d246f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。