ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国投資への道(その2)
韓国外換銀行の東京支店から口座開設の書類一式が届く。
外国の金融機関だから、パスポートの写しでも身分証明に要求されるかな、と思っていたら、健康保険証のコピーなど、と日本の銀行と同じ程度の緩さだったのが意外。

この銀行、「外換」という名前があるから、為替や国外金融を主にした、日本でいうとかつての東京銀行みたいなところかな、と思っていたら、
元は国策銀行だったのですね。……商工中金みたいな組織が、東京銀行のような業務や、なんと東京支店では日韓の貿易支援までやっていたらしい。
が、IMFの手入れの傷跡は大きい。いまや韓国政府は2番目の株主、筆頭株主はUSAのローンスター(東京スター銀行の親会社としても、おなじみ!?)、マスコミ的な書き方をすれば「外資に落ちた」様子です。
などと書いたものも、同封されていた丁寧なパンフレットをまとめただけ……もちろん日本語。

とはいえ、「外資に落ちる」のが恥なのは、経営陣の感覚でしかないと思います。
なんていうても、サービスの幅広さは特筆するべきでしょう。
在日支店で日本語のホームページを立ち上げ、わざわざネットバンキングまで日本語でできるようにしている……こんな金融機関たぶんないですよ、日本には。
同じように「外資に落ちた」新生銀行が、まあサービス面での日本側対抗馬だろうけれど、……つまりは、銀行というある意味ドメスティックにならざるを得ない事業で、陳腐なサービスから脱皮するには、外の血が必要だということでないかと。


ただ、韓国への送金手数料、ネット経由でも最低1500円かかるんですな~。結構大きな失費だな。

国内の金融機関でやるとどううなるのだろう。
というか、普段取引している第○銀行は扱ってくれるのだろうか(汗)
スポンサーサイト

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント
こんちわー
訪問有難うございました。m(__)m
三菱東京UFJ銀行で韓国に100万円くらい送金したら手数料6,000円くらいでした~。
【2006/12/01 17:28】 URL | 金本 #/kFhKRbg [ 編集]

それ、取りすぎですわ(と一度は怒ったが……)
金本さん、ご来訪ありがとうございます。

あらぁ、6000円もかかりましたか。
国内の振り込み手数料と引き比べて、ずいぶん多く取られるものですね。
あ!そうだ、円ー>ウォンの両替手数料が込みになっているからでしょうか。

外換銀行は、窓口経由でウォン建で振り込むと2500円のようです。
【2006/12/02 10:40】 URL | デルタ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/225-78ae125f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

韓国投資への道(その2)

韓国外換銀行の東京支店から口座開設の書類一式が届く。外国の金融機関だから、パスポートの写しでも身分証明に要求されるかな、と思っていたら、健康保険証のコピーなど、と日本の銀行と同じ程度の緩さだったのが意外。こ 東亜日報と対話してみる【2006/12/02 00:26】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。