ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「非正規労働者、2年後に正社員化へ」 韓国で法制化へ
正社員とそれ以外の労働者とで待遇格差があるというのは、日本だけでないらしく、韓国でも現状あるみたいです。
そして、韓国で「非正規雇用法」が新たにできるそうで、雇いだして2年後に正社員にするよう法で決まるとのこと。
以下、先のコメントを下さった金本さんのBLOGから、東亜日報の記事の紹介から引用です。

http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2006120141948
いいんじゃないですかね?
でも実効性があるかはやってみないと分からないなー。
でも、「非正社員を差別するのは違法なんだ」という意識を広げるきっかけにはなるだろうな。...
「非正規労働者、2年後に正社員化へ」 非正規雇用法が成立



この報道で気になったのは、労働団体が法制化に反対しているという事実。そういえば、2年位前まで日本の労働界もこの問題に触れるのをタブーにしてましたよね。私が前の会社で労組の手伝いをしていたとき、「日本の賃金が高すぎて競争力が保てないため、非正規労働に頼る必要があるのも事実で」と幹部が内輪の会合で講演していたのを思い出します。
とってつけたような反対コメントを読むと、ホンネは韓国の労働界も同じでないかなと感じるのです。

7月に出た日本経済についてのOECDのレポートで、「正社員を過度に優遇していることが日本国内で起こる経済格差の二大主因の一つ」と指摘があったのを受けてでしょうか、
日本でも厚生労働省で、正規/非正規雇用の間での待遇均衡化を明記した法案が練られていってる様子。
私ら正規労働者が「組合」に寄りかからず、抵抗しないよう気をつけないといけませんね。
スポンサーサイト

テーマ:格差社会 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/226-310f28bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

パート待遇の「正社員との均衡」へ

パート待遇「正社員と均衡」明記 厚労省法改正案 非正規社員の待遇改善の柱となるパート労働法改正案の概要が23日、明らかになった。「正社員との均衡ある待遇の確保」を事業主の責務として初めて明記。正社員と仕事や責任が同じパートについては、賃金の決め方を正社員 S氏の時事問題【2006/12/02 10:48】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。